科学誌サイエンス

科学誌サイエンスについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [科学誌サイエンス] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

科学誌サイエンスを含むブログ記事

『大魔王さま』さん
  • 歩いて行ける距離の・・・ とても妖艶な廃屋で、 単焦点♪ ?
  • ◆◇【5月11日 AFP】世界各地でカエルを死に至らしめている感染症の原因真菌カエルツボカビ(学名:Batrachochytrium dendrobatidis)は、朝鮮半島が原産だとする研究報告が米科学誌サイエンス(Science)に発表された。 研究チームは感染拡大を防ぐため、ペット用の両生類の国際取引を中止するよう呼び掛けている。カエルツボカビは、両生類の皮膚に寄生して致死性の高いカエルツボカビ症を引き起こ...
  • 大魔王さまの写真館(仮)『大魔王さま』さんのプロフィール
ebisenさん
  • 北朝鮮の地下核実験がある山が変形、頂上が沈降…地球観測衛星画像を比較!
  • 際、地下実験場がある万塔山は頂上付近が約50センチ沈降し、水平方向に最大3.5メートル広がるように変形したことが分かった。シンガポール・南洋理工大や米カリフォルニア大などの国際研究チームが10日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。    ドイツの地球観測衛星「テラSAR−X」が核実験の前にレーダーで観測した画像と、核実験後の昨年9月4日から12日に観測した画像を比較し、地震データと併せて解析した。  》 こ...
  • まとめる@うぇぶんちebisenさんのプロフィール
motoさん
黒マッチョさん
  • 【研究】世界中でカエルを死に至らしめている感染症の真菌カエルツボカビ、朝鮮半島が原産だとする報告
  • USER9.net ◆カエルツボカビは朝鮮半島原産、両生類の国際取引禁止を呼び掛け 研究 世界各地でカエルを死に至らしめている感染症の原因真菌カエルツボカビは、朝鮮半島が原産だとする研究報告が米科学誌サイエンスに発表された。 研究チームは感染拡大を防ぐため、ペット用の両生類の国際取引を中止するよう呼び掛けている。 カエルツボカビは、両生類の皮膚に寄生して致死性の高いカエルツボカビ症を引き起こす。 カ...
  • 黒マッチョニュース黒マッチョさんのプロフィール
warabidaniさん
  • 北朝鮮「もう核実験できません!」実験場の山崩落寸前
  • 際、地下実験場がある万塔山は頂上付近が約50センチ沈降し、水平方向に最大3.5メートル広がるように変形したことが分かった。シンガポール・南洋理工大や米カリフォルニア大などの国際研究チームが10日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。 ドイツの地球観測衛星「テラSAR−X」が核実験の前にレーダーで観測した画像と、核実験後の昨年9月4日から12日に観測した画像を比較し、地震データと併せて解析した。   爆発の中心は...
  • 憂国広場Ywarabidaniさんのプロフィール
polio0さん
遼さん
  • 【北朝鮮】北核実験の山が変形 頂上沈む
  • 際、地下実験場がある万塔山は頂上付近が約50センチ沈降し、水平方向に最大3.5メートル広がるように変形したことが分かった。シンガポール・南洋理工大や米カリフォルニア大などの国際研究チームが10日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。   ドイツの地球観測衛星「テラSAR−X」が核実験の前にレーダーで観測した画像と、核実験後の昨年9月4日から12日に観測した画像を比較し、地震データと併せて解析した。  ...
  • かたすみ速報遼さんのプロフィール
たっちゃんさん
  • 北朝鮮の核実験場が・・・・
  • 、地下実験場がある万塔山は頂上付近が約50センチ沈降し、水平方向に最大3.5メートル広がるように変形したことが分かった。 シンガポール・南洋理工大や米カリフォルニア大などの国際研究チームが10日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。 ドイツの地球観測衛星「テラSAR―X」が核実験の前にレーダーで観測した画像と、核実験後の昨年9月4日から12日に観測した画像を比較し、地震データと併せて解析した。 爆発の中心は海抜...
  • たっちゃんのプログ立石泰司麻生洋行たっちゃんさんのプロフィール
学ぶくんさん
  • 解析学5-07
  • 大学 高齢者に生じることがある異常なかゆみは、皮膚の微妙な触覚を担う「メルケル細胞」の減少や機能低下が原因の可能性があることが分かった。米ワシントン大の研究チームがマウス実験で発見し、5日までに米科学誌サイエンスに発表した。 高齢者の異常なかゆみの一部は、じんましんや虫刺されによるかゆみをもたらす物質「ヒスタミン」とは違う原因で起きる。着替えなどのわずかな刺激で生じ、皮膚が乾燥すると悪化する。 かゆみは通常、...
  • 分かって楽しくてドンドン伸びる10分学習学ぶくんさんのプロフィール
理系ニュースさん
  • 「無限にリサイクル可能な」プラスチック、開発に一歩前進 米研究
  • リサイクルを「無限に」繰り返すことが可能なタイプのプラスチックの開発に向けて一歩前進したとする研究結果を米国のチームが26日、発表した。耐久性は従来のプラスチックに匹敵する水準だとされる。  米科学誌サイエンス(Science)に掲載された研究論文によると、石油製品を原料とするプラスチックとは異なり、この新タイプのプラスチックは元の小分子の状態に戻すことができ、何度も繰り返して新品のプラスチックに作り直すこ...
  • 理系ニュース理系ニュースさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

科学誌サイエンスについて