科学誌サイエンス

科学誌サイエンスについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [科学誌サイエンス] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

科学誌サイエンスを含むブログ記事

なみ たかしさん
  • 尿のマイクロRNA検査でがんを発見!ナノワイヤで捕捉、血液検査より簡単、早期発見が可能に?
  • 開発したと、名古屋大学、九州大学、国立がん研究センターなどの共同研究グループがこのほど発表した。同グループは実用化を目指しており、採尿だけで主ながんの早期発見が可能になると期待されている。研究論文は米科学誌サイエンスアドバンシスに掲載された。?がんは早期発見が大事だというがなかなかその方法が確立していない。これまでの検診では、がん全体の約65〜70%程度しか発見できない。特に肺・乳腺・子宮体部・膵臓・胆管の本当の...
  • サイエンスジャーナルなみ たかしさんのプロフィール
涯 如水さん
  • 虎子の誇顧 1212_戌年、日本経済の優先課題
  • 」の終わり』。地球温暖化で欧州の難民激増か、現在のペースで年66万人増 米研究【12月22日 AFP】地球の温暖化傾向が続けば、今世紀末までに欧州での難民認定申請者が激増するという研究結果が21日、米科学誌サイエンス(Science)で発表された。 これまでにも、地球温暖化の悪化に伴う干ばつのような気候変動リスクが、どのように地球規模での対立につながるかについて研究が行われてきたが、今回、米ニューヨークのコロンビ...
  • 浪漫孤鴻涯 如水さんのプロフィール
松山栄一さん
  • 地球温暖化で欧州の難民激増か、現在のペースで年66万人増 米研究
  • 9時30分00秒地球温暖化で欧州の難民激増か、現在のペースで年66万人増 米研究テーマ:時事・一般総合地球の温暖化傾向が続けば、今世紀末までに欧州での難民認定申請者が激増するという研究結果が21日、米科学誌サイエンス(Science)で発表された。これまでにも、地球温暖化の悪化に伴う干ばつのような気候変動リスクが、どのように地球規模での対立につながるかについて研究が行われてきたが、今回、米ニューヨークのコロンビア...
  • シンガーソングライター松山栄一の超ウルトラ基地松山栄一さんのプロフィール
sansirohさん
  • 今年の科学界、10大ニュース発表 首位は「中性子星」
  • l はトラックバックが可能です。 ***********************まあ、年に一度くらい年末には科学に目を 向けましょう。(^∇^)今年の科学界、10大ニュース発表 首位は「中性子星」 米科学誌サイエンスは22日付で2017年の 科学10大ニュースを発表、欧米の国際研究 チームによる「中性子星の合体の観測」を筆頭に あげた。 合体で生じた「重力波」についての研究は今年の ノーベル物理学賞を受けており、...
  • 自分なりの判断のご紹介sansirohさんのプロフィール
理系ニュースさん
  • 割れてもくっつくガラス開発 「自然修復」に道 東大
  • 1: 2017/12/15(金) 07:25:48.22 ID:CAP_USER9 いったん割れても、常温で数時間押し当てると修復するガラスを、東京大の相田卓三教授らが開発した。14日付の米科学誌サイエンスに発表した。  ガラスは通常、割れると材料を構成する分子同士の結びつきが切れてしまうため、高温で溶かさないと再利用は難しい。  相田さんらは、半透明の新素材「ポリエーテルチオ尿素」でガラス...
  • 理系ニュース理系ニュースさんのプロフィール
理系ニュースさん
  • イッカク、「対人間ストレス」で脳損傷の恐れ 研究
  • という。  イッカクは恐怖に駆られると、呼吸を止めたまま高速で海の深いところへと泳ぎ去ろうとするが、この時の心拍数は毎分60回から同3〜4回にまで低下することが今回の研究で分かった。  米科学誌サイエンス(Science)に掲載された論文によると、イッカクの潜水による逃避行動では、必要となる酸素量が供給量の97%に及び、有酸素潜水の限界を超えて「筋肉、肺、血液などに蓄えられている酸素が枯渇し、嫌気的代...
  • 理系ニュース理系ニュースさんのプロフィール
ebisenさん
  • イッカク、「対人間ストレス」で脳損傷の恐れ 研究
  • れもあるという。  イッカクは恐怖に駆られると、呼吸を止めたまま高速で海の深いところへと泳ぎ去ろうとするが、この時の心拍数は毎分60回から同3〜4回にまで低下することが今回の研究で分かった。  米科学誌サイエンス(Science)に掲載された論文によると、イッカクの潜水による逃避行動では、必要となる酸素量が供給量の97%に及び、有酸素潜水の限界を超えて「筋肉、肺、血液などに蓄えられている酸素が枯渇し、嫌気的代...
  • まとめる@うぇぶんちebisenさんのプロフィール
☆Tiffany☆さん
  • 割れてもくっつくガラス開発 「自然修復」に道
  • 開発 「自然修復」に道クリップ追加2017/12/19(火) 午後 11:35☆ライフ☆練習用いったん割れても、常温で数時間押し当てると修復するガラスを、東京大の相田卓三教授らが開発した。14日付の米科学誌サイエンスに発表した。 ガラスは通常、割れると材料を構成する分子同士の結びつきが切れてしまうため、高温で溶かさないと再利用は難しい。 相田さんらは、半透明の新素材「ポリエーテルチオ尿素」でガラスを作製。割れても...
  • ☆Tiffany☆のブログ☆Tiffany☆さんのプロフィール
taturokuさん
  • 東大、割れても直るガラス開発 自己修復機能ガラス
  • 断面を30秒ほど押しつけるだけでつながる。高分子にある水素原子同士が結合する働きなどによって元に戻る。既存のガラス材料に混ぜれば、自己修復機能をもつ長寿命のガラスを作れる可能性がある。 成果は米科学誌サイエンスに掲載された。  高分子の中でも柔らかいゴムやゲルの中には、破断しても押しつけることで互いの分子が絡み合い修復する材料があることが知られていた。ガラスなど硬い材料では、加熱して溶かさないと修復で...
  • あくせく野郎taturokuさんのプロフィール
Eastasianewsさん
  • 日本が開発した夢のようなガラスに韓国ネットも注目
  • 高温で溶かさなければ再利用は難しいとされている。 韓国・聯合ニュースによると、東京大学の相田卓三教授の研究チームは、常温で割れた断面を1〜6時間つなぎ合わせておけば元に戻る素材を開発したという論文を米科学誌サイエンスに発表した。 常温で割れ目が自然修復する物質は、ゴムのように柔らかい材料では発見されているものの、ガラスのように硬い材料では実現が難しいと言われている。研究チームの柳沢研究員は「最初に発見した時は半信...
  • 東アジアニュースEastasianewsさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

科学誌サイエンスについて