科学誌サイエンス

科学誌サイエンスについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [科学誌サイエンス] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

科学誌サイエンスを含むブログ記事

理系ニュースさん
  • 擬態の達人」タコからヒント、新カモフラージュ素材を開発/米ペンシルベニア大学
  • タコといえば、伸びたり曲がったり、表面の形が変わったりと「擬態の達人」として知られるが、この知能の高い頭足類に触発されて同様のカモフラージュ機能をもった新素材を開発したと、米工学研究チームが12日、米科学誌サイエンス(Science)に発表した。   研究チームの説明によると、この新素材はシリコン製の皮膜で、表面に伸縮性があり、プログラミングされた立体(3D)形状に応じて表面のモーフィング(連続的で滑らかな変...
  • 理系ニュース理系ニュースさんのプロフィール
バイオ太郎さん
  • もはや“生物”だ DNAでできた極小ロボットが二足歩行で物を運搬した
  • tific−illustrations.com)提供 2本の脚で歩き、2本の腕で分子を運搬するロボットをDNAの鎖で作製することに、米カリフォルニア工科大のルル・チエン助教授らの研究チームが成功し、米科学誌サイエンスに論文を発表した。将来は血管の中で治療に関わったり、微小な電子回路を再構成したりする作業を人間の計画通りに行えるようになるとみられている。http://www.sankei.com/life/news...
  • バイオの故里バイオ太郎さんのプロフィール
ebisenさん
  • 【材料】「擬態の達人」タコからヒント、新カモフラージュ素材を開発
  • タコといえば、伸びたり曲がったり、表面の形が変わったりと「擬態の達人」として知られるが、この知能の高い頭足類に触発されて同様のカモフラージュ機能をもった新素材を開発したと、米工学研究チームが12日、米科学誌サイエンス(Science)に発表した。   研究チームの説明によると、この新素材はシリコン製の皮膜で、表面に伸縮性があり、プログラミングされた立体(3D)形状に応じて表面のモーフィング(連続的で滑らかな変...
  • まとめる@うぇぶんちebisenさんのプロフィール
学ぶくんさん
  • 受験への挑戦(実践編)-92
  • 「擬態の達人」タコからヒント、新カモフラージュ素材を開発 [アメリカ] タコに触発されてタコ〓と同様のカモフラージュ機能を持つ新素材を開発したと、アメリカ工学研究チームが科学誌サイエンスに発表した。 この新素材はシリコン製の皮膜で表面に伸縮性があり、プログラミングされた立体形状に応じて表面の連続的で滑らかな変化が可能だということです。...
  • 分かって楽しくてドンドン伸びる10分学習学ぶくんさんのプロフィール
ジョイフルコレクションさん
  • カルティエ バロンブルー WE902030 コンビ 11ダイヤモンド 28mm / 炭素排出量の急増、NASA衛星で検出 論文
  • 宇宙局(NASA)の人工衛星で収集したデータで明らかになったとする研究結果が12日、発表された。研究では、地球温暖化を促進する汚染物質の濃度上昇に関する新たな知見も得られたという。(画:AFPより)米科学誌サイエンスに掲載された5本の研究論文は、NASAが2014年に打ち上げた軌道上炭素観測衛星2(OCO-2)で収集したデータに基づくもの。OCO-2の任務は、化石燃料の燃焼で生成される主要な温室効果ガスの二酸化炭...
  • ジョイフルコレクションジョイフルコレクションさんのプロフィール
理系ニュースさん
  • ネアンデルタール人女性、遺伝子に近親交配の痕跡なし 分析
  • った。研究結果が5日、発表された。過去の研究では、ネアンデルタール人の化石から採取した遺伝子に近・親交配の痕跡が確認されたことが報告されていたが、今回の結果はこれに反するものとなっている。  米科学誌サイエンス(Science)に発表された研究結果は、ネアンデルタール人の完全な、高精度のゲノム(全遺伝情報)解読としてはまだ2例目にすぎないが、絶滅したこのヒト属に対するより幅広い見方を提供している。また今回の...
  • 理系ニュース理系ニュースさんのプロフィール
2006taichoさん
  • ミツバチの大量死
  • /6 毎日新聞蜂蜜75%にネオニコチノイド系 大量死と関係か世界各地の蜂蜜の75%に、ミツバチの大量死との関連が指摘されるネオニコチノイド系農薬が含まれていたとの調査結果を、スイスのチームが6日付の米科学誌サイエンスに発表した。 人の健康に影響がないわずかな量だが、世界の広い地域で検出され、チームは「ミツバチの生態に影響を与える恐れがある。他の農薬が加わることで、より深刻になるかもしれない」と指摘している。 チー...
  • 隊長ブログ2006taichoさんのプロフィール
(遅報)歴史まとめ管理人さん
  • 【考古学】ネアンデルタール人女性、遺伝子に近親交配の痕跡なし 分析
  • なった。研究結果が5日、発表された。過去の研究では、ネアンデルタール人の化石から採取した遺伝子に近親交配の痕跡が確認されたことが報告されていたが、今回の結果はこれに反するものとなっている。  米科学誌サイエンス(Science)に発表された研究結果は、ネアンデルタール人の完全な、高精度のゲノム(全遺伝情報)解読としてはまだ2例目にすぎないが、絶滅したこのヒト属に対するより幅広い見方を提供している。また今回の...
  • (遅報)歴史まとめ(遅報)歴史まとめ管理人さんのプロフィール
EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫さん
  • 世界の蜂蜜の75%、ミツバチに有害な殺虫剤の痕跡 研究
  • 6日 AFP】世界中の蜂蜜の75%から、ミツバチに神経ガスとして作用する殺虫剤の痕跡が見つかり、作物の重要な花粉媒介者であるミツバチの生存に対する懸念が高まっている。研究者らが5日、明らかにした。 米科学誌サイエンス(Science)に掲載された研究論文によると、世界中から集められた198種類の蜂蜜試料で検出された濃度は、欧州連合(EU)が定める人間の食用とする際の残留基準値を下回っており、人体の健康への影響はな...
  • EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

科学誌サイエンスについて