織田信忠

織田信忠についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [織田信忠] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

織田信忠を含むブログ記事

純野一益(戦国)さん
  • 丹羽長秀(にわながひで)[10/12]
  • 0月伊賀入りした信長は、北畠信雄・筒井順慶・惟住長秀の陣所を見舞う。1582年3月織田信長の信州入りに同行し、上諏訪の陣で信長を警護。1582年4月信長は大ヶ原→新府→古府と出向き、古府の武田信玄館を織田信忠に普請させ、滞在した。ここで惟住長秀・堀秀政・多賀常則に暇を下し、各人草津の湯で湯治に向かう。 ※またまたよく働いた人には暇を与えて骨休めを命じる。信長公の気遣いの細かいところです。↓ランキングに参加...
  • いいかよく聞け五郎左よ!−もうひとつの信長公記−純野一益(戦国)さんのプロフィール
カムカムビートさん
  • 小里城 跡
  • 戦。小里光忠は、嫡子の光次とともに討ち死にします。 この城は織田勢が武田勢との戦いの中で長篠の合戦後まで最前線を守る城として重要な役割を担います。 本能寺の変により、織田信長が没すると光忠の孫、光久も織田信忠とともに二条城で戦死。光忠の次男 光明が跡を継ぎ、織田信孝につきますがその頃にはもう破竹の勢いの豊臣秀吉。森長可にこの城は攻められ小里家は浜松にいる徳川家康のもとへ逃れたそうです。今度は小牧長久手の戦...
  • 歴史のピースカムカムビートさんのプロフィール
純野一益(戦国)さん
  • 丹羽長秀(にわながひで)[5/12]
  • 1577年3月続いて雑賀の鈴木孫一の居城を攻める。1577年3月雑賀戦後佐野の要害造営を任される。1577年8月柴田勝家の北国攻めに参戦。小浜に入城。1577年9月信貴山城の松永父子討伐のため出陣した織田信忠は、蜂屋頼隆の肥田城に宿泊したあと安土の惟住長秀のところに宿泊。1577年10月織田信忠の信貴山松永攻めに参戦。1577年12月三河吉良の御鷹野に安土から出発した信長は、当日惟住長秀のところに宿泊。1...
  • いいかよく聞け五郎左よ!−もうひとつの信長公記−純野一益(戦国)さんのプロフィール
kiiさん
  • 長野県伊那市 高遠城跡
  • 玄の実弟武田信廉が就任します。信玄の死後は信玄の五男仁科盛信が城主となったり、追放されていた信玄の父武田信虎が最後に身を寄せたもの高遠城で、武田家にとって最重要の城でした。織田信長の甲州征伐では、嫡男織田信忠が5万の大軍で攻め、信盛は3000の兵で籠城して徹底抗戦し、盛信をはじめ小山田昌成・大学助兄弟などが壮絶な討死を遂げます。多数の逃亡や寝返りが続いた武田勢の中で、そのほとんどが討死して、武田武士の面目...
  • 試撃行kiiさんのプロフィール
ペタワロスwwwwwwwwwさん
  • 【芸能】窪田正孝 30代の目標は「大河の主役」
  • フォトブックをPRした窪田正孝=東京・渋谷 154 :名無しさん@恐縮です:2018/09/03(月) 09:40:38.06 ID:itxxxO610.net 窪田主役か・・・ いい俳優だけど織田信忠どまりだな 208 :名無しさん@恐縮です:2018/09/03(月) 12:54:40.65 ID:YYlBpmL/0.net 戦国武将やるには線が細いなぁ 中井貴一は大河の時には増量して甲冑着て...
  • ペタワロスwwwwwwwwwwペタワロスwwwwwwwwwさんのプロフィール
グレート・なごやんさん
  • 織田信長・濃姫 他(戦国大名トランプ比較)
  • したが、カードに使ってる絵札はやっぱりメーカーによるイメージ画。無理あるね。 (濃姫(清洲城・清洲公園)) (織田信長・濃姫(清洲城・清洲公園))二つの像のビミョーな位置関係が何とも言えません。 【織田信忠(織田家J)】この肖像画はあまり見たことないかもです。安土城考古博物館所蔵のものだそうです。 織田信忠さんゆかりのお寺さんでいただける御首題は、、、(妙覚寺)現在ある場所とは異なるようですが、本能寺の...
  • 武将銅像天国グレート・なごやんさんのプロフィール
名言メモさん
  • 鍛錬した武辺の方が、生まれながらの武辺より勝っている
  • なった。これによって他の有力な大名を抑え、戦国乱世の終焉に道筋をつけた。しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。すでに家督を譲っていた嫡男・織田信忠も同日に二条城で自刃し、信長の政権は、豊臣秀吉による豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと引き継がれていくことになる。...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
純野一益(戦国)さん
  • 丹羽氏次(にわうじつぐ)[1/2]
  • 曾義昌・遠山久兵衛の軍勢に、織田長益・織田・織田孫十郎・稲葉貞通・梶原景久・塚本小大膳・水野忠分・簗田彦四郎・丹羽氏次が合流する。敵馬場昌房は深志の城に籠もり、鳥居峠の信長方に対陣する。1582年3月織田信忠が高遠城を攻陥し上諏訪に進出すると、木曾口の木曾義昌・遠山久兵衛の軍勢に、織田長益・織田・織田孫十郎・稲葉貞通・梶原景久・塚本小大膳・水野忠分・簗田彦四郎・丹羽氏次たも深志城に軍勢をつめる。立てこもっ...
  • いいかよく聞け五郎左よ!−もうひとつの信長公記−純野一益(戦国)さんのプロフィール
名言メモさん
  • 臆病者の目には、敵は常に大軍に見える。
  • なった。これによって他の有力な大名を抑え、戦国乱世の終焉に道筋をつけた。しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。すでに家督を譲っていた嫡男・織田信忠も同日に二条城で自刃し、信長の政権は、豊臣秀吉による豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと引き継がれていくことになる。...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール

織田信忠を含むトラコミュ

織田信忠
  • 織田信忠
  • 織田信長の嫡男。岐阜城主。初陣以降、松永討伐軍、武田攻めなど緒戦に転戦。織田家の後継者たるも父、信長と供に本能寺の変で斃れる。
  • トラックバック数:13 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:歴史ブログ
織田秀信
  • 織田秀信
  • 織田信忠の嫡男。岐阜城主。本能寺の変後、織田家の重臣等による清洲会議において羽柴秀吉の支持を受け、織田家の家督を相続(当時、幼名・三法師)するが、実権は保護者であ...
  • トラックバック数:10 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ
恵林寺
  • 恵林寺
  • 恵林寺は、山梨県甲州市塩山小屋敷にある寺院。山号は乾徳山。臨済宗の寺院で、妙心寺派に属する。庭園は国の名勝に指定されている。天正4年4月には、快川を大導師に信玄の...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:旅行ブログ
別所長治
  • 別所長治
  • 戦国時代の武将。父は長勝。播磨国(兵庫県)守護赤松氏の一族で,天正3(1575)年織田信長に出仕した。中国毛利攻めの先陣となるつもりでいたところ,羽柴(豊臣)秀吉が総指揮官...
  • トラックバック数:3 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ
松姫
  • 松姫
  • 武田信玄の五女。織田信長の長男、信忠と婚約するも両家手切れとなり解消。武田氏滅亡後、出家し信松尼を名乗る。本能寺の変で前の婚約者、織田信忠の訃報が届くと武田一族...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

織田信忠を含むブログ村メンバー

  •  
木蓮の涙さん
  • 木蓮の涙の本棚木蓮の涙さんのプロフィール
  • 織田信忠さまと武田松姫をこよなく愛するわたしの、読んだ本を中心に紹介したいと思っています

織田信忠を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

織田信忠について