呼吸器感染症

呼吸器感染症についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [呼吸器感染症] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

呼吸器感染症を含むブログ記事

たかこさん
  • 夜になると酷くなる子供の咳!! 幾つかの対処法を紹介します。
  • きる事は沢山あります。 咳ぐらい!と思わず、考える事が大切ですね。 親の素人判断ではやはりダメです。 咳が出るのは子供が体からだす1つのサインでもありますから! それに、たかが咳!と油断をしていると、呼吸器感染症や肺炎などの大きな病気を引き起こす可能性だってでてきます。子供の咳への対処法のまとめ体を起こす加湿を試みる布団を清潔に保つ効果は子供によりけりですが、原因を考えて少しでも楽な夜が過ごせるように 親がで...
  • ママ友の人間関係や子育てお悩み相談たかこさんのプロフィール
tomoasaさん
  • 肺炎入院(2017/8)の点滴、薬
  • ます。血液が固まるのを防ぐ薬。静脈内留置ルート内の血液凝固の防止。退院時に・レボフロキシサン錠(DSEP)作用と効果ニューキノロン系抗菌薬で、細菌のDNA複製を阻害し、殺菌作用を示す。通常皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦人科感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症などの感染症治療に使用される。これは飲み切り中止で出される。言われた通りに飲み切りました。抗生剤は出された分は飲み切るのが常識だと思っ...
  • 多重がん(白血病 口腔がん)闘病記tomoasaさんのプロフィール
cocomammyさん
  • 赤ちゃんの高熱が下がらないのはなぜ?原因と対処法について
  • る高熱がでることは少なく、37度から38度の発熱が続きますが合併症のリスクもありますので、水疱があらわれたら必ず受診しましょう。ヒトメタニューモウイルスヒトメタニューモウイルスは、気管支炎や肺炎などの呼吸器感染症をひきおこすウイルスの一種です。春から夏にかけて流行するケースが多く、38度を超える高熱が続きます。3日が経過しても熱が下がらなく心配して受診するママも多いです。発熱以外には咳や鼻水の症状があり何度も...
  • 妊娠育児の情報マガジン「ココマガ」cocomammyさんのプロフィール
Myanmar-Local Newsさん
末永都生夫さん
  • 感染症の予防(1)
  • 感染症の予防高齢者にみられる代表的な感染症尿路感染症・高齢者に最も多い感染症・膀胱炎や腎盂炎・発熱や頻尿、排尿時の痛み、尿閉などで気づく呼吸器感染症・肺炎、気管...
  • 認知症介護と障がい者支援末永都生夫さんのプロフィール
岡本光宏さん
  • 髄膜炎菌に対するワクチン(メナクトラ)と抗菌薬予防投与。
  • 子流行地域の渡航や、免疫力の低下、髄膜炎菌感染者との濃厚接触以外にに、髄膜炎菌に感染するリスクは何があるでしょうか。ネルソン小児科学に書かれている髄膜炎菌保菌または疾患のリスク因子は次です。ウイルス性呼吸器感染症(インフルエンザ)たばこへの曝露マリファナ頻回な酒場通い過度な飲酒ナイトクラブに行くこと寮生活をはじめた大学新入生これらのリスク因子は青年期で機会が増します。髄膜炎菌感染が15-24歳にピークを持つの...
  • 笑顔が好き。岡本光宏さんのプロフィール
子どもの睡眠さん
  • 1歳を過ぎると母乳に栄養はないの?
  • に必要な栄養を与えることができる。*乳癌予防(最も乳癌にかかりにくいのは、1人以上の子どもを合計5〜6年以上完全母乳で育てた女性と言われています)*生涯飲む母乳の摂取総量が多いほどリンパ腫、耳の感染、呼吸器感染症、下痢、インフルエンザ杆菌(Hib)、肥満、のリスクが減る 1歳を過ぎると、周りから 「そろそろ母乳は辞めたほうがいいんじゃない??」 と言われ、断乳を考える方もいらっしゃるかと思いますが、おっぱいの...
  • 子どもの睡眠コンサルタント Sleeping Smart子どもの睡眠さんのプロフィール
カースケさん
  • 心不全とは?症状・原因・治療法をイラスト付きで解説(+リハビリのリスク管理)
  • 心疾患(特に心筋梗塞)心筋症心筋炎高血圧性心疾患先天性心疾患心膜炎・・・・・・・などなど。 心不全を誘因するもの(比較的安定した状態から急激に悪化して心不全を生じる誘因)には以下などが挙げられる。 呼吸器感染症などの感染種々の不整脈の合併高血圧の進行老齢や心身の過労・・・・・・・・・などなど。 左心不全と右心不全 左右どちらの心室の機能低下が主な原因かで、左心不全と右心不全を区別する。 左心不全とは 左...
  • リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集カースケさんのプロフィール
にこさん
  • 世代を超えて
  • 状です41度の熱が数日続き現在入院治療中です対症療法ですが抗生剤の投与により回復しつつあります数日前はかわいそうでも頑張っています 回復してきましたよRSウイルスとは 冬になると毎年流行するかぜなどの呼吸器感染症。 その原因となるウイルスは数百種にも及ぶといわれています。 中でも乳幼児が最も感染しやすいのがRSウイルスです。 その感染力は、ほとんどの子どもが2歳までに一度は感染するといわれているほど。RSウイ...
  • ココ あらかるとにこさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

呼吸器感染症について