高病原性鳥インフルエンザ

高病原性鳥インフルエンザについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [高病原性鳥インフルエンザ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

高病原性鳥インフルエンザを含むブログ記事

岩手建協さん
  • 流行期に備え「鳥インフルエンザ等防疫対応に係る連絡調整会議」を開催
  • 12月12日、岩手県千厩土木センター主催で「鳥インフルエンザ等防疫対応に係る連絡調整会議」が開催されました。両磐地域職業訓練センターを会場に千厩支部会員の代表者や担当者などが出席しました。当協会は高病原性鳥インフルエンザ、口蹄疫及び豚コレラが発生した際に対応する協定を岩手県と締結しています。高病原性鳥インフルエンザの流行期に備えて対応方法などを確認しました。岩手県からは、対応マニュアルの変更点、2年前に実施した実地訓...
  • いわけんブログ岩手建協さんのプロフィール
bnjさん
  • 全羅南道霊巌郡でもH5N6型鳥インフル 防疫活動強化へ【KBS WORLD RADIO2017年12月12日】
  • 6型鳥インフル 防疫活動強化へ【KBS WORLD RADIO2017年12月12日】全羅南道(チョンラナムド)霊巌(ヨンアム)郡のアヒル飼育農場で検出された鳥インフルエンザのウイルスが、感染力の強い高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N6型であることがわかりました。農林畜産食品部が11日、発表したところによりますと、霊巌郡のアヒル飼育農場で検出された鳥インフルエンザウイルスは、精密検査の結果、高病原性鳥インフルエンザウ...
  • BirdNewsJapanbnjさんのプロフィール
bnjさん
  • 鳥インフル発生時の対応確認 静岡県が防疫検討会議【静岡新聞アットエス2017年12月12日】
  • 2日鳥インフル発生時の対応確認 静岡県が防疫検討会議【静岡新聞アットエス2017年12月12日】鳥インフルエンザの流行期を迎え会議で発生予防対策や関係機関の連携などを確認する担当者=12日午前、県庁 高病原性鳥インフルエンザの発生に備え、静岡県は12日、国内外の発生状況や県内での発生時の対応を確認する防疫検討会議を県庁で開いた。県獣医師会や農業団体、市町など38機関から45人が出席した。農家への指導や検査などの発生予防策...
  • BirdNewsJapanbnjさんのプロフィール
先見創意の会事務局さん
  • 報道機関の正しい情報を求める - コラム
  • NHKの朝のニュースは社会への影響力が大きい。正しい啓発を求めたい。 ◆鳥インフル、気になる報道姿勢 2017年11月初旬以降1ヶ月間に、宍道湖周辺で見つかった渡り鳥の死骸7羽から、高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N6が検出された。越冬のために大陸から飛来してきて息絶えた渡り鳥たちである。 H5N6ウイルスは高病原性であるため、感染した鳥や家きんの多くは衰弱死する。また、2014年に中国で発生し...
  • 先見創意の会先見創意の会事務局さんのプロフィール
『ニッポン情報解読』by手代木恕之さん
『ニッポン情報解読』by手代木恕之さん
  • 安倍加計学園政治関与疑惑:安倍晋三は自身の発言通り、「WGの情報を受け取ることもない」は事実なのか
  • 4日の日付で、「今治市国家戦略特別区域提案書」と題している。内容は「具体的な事業の実施内容」として「国際水準の大学獣医学部の新設」を謳い、教育方針として「動物由来新興感染症等のリスク回避と蔓延防止 (高病原性鳥インフルエンザ、SFTS等)」、「食料貿易における品質保証、安全性確保、ブランド化、国際トレーサビリティー等の推進」、「公衆衛生を担う公務員獣医師や産業獣医師の確保」、「応用型ライフサイエンス分野への貢献(新技術・...
  • 『ニッポン情報解読』by手代木恕之『ニッポン情報解読』by手代木恕之さんのプロフィール
bnjさん
  • 冬本番 今季一番の冷え込み/鳥インフルを警戒/閻魔大王すす払い /北海道【北海道新聞2017年12月8日】
  • ている。 また、湖畔に隣接する道の駅ウトナイ湖(西村基宏駅長)も湖への通路に消毒マットを置き、対応している。関係者が警戒するのは、昨年11月末、湖の南東十数キロの同市静川で見つかったハヤブサの死骸から高病原性鳥インフルエンザ(H5N6型)が検出され、周辺10キロが監視強化区域に指定されたため。この時は湖周辺の一部のみが規制の対象だったが、自主的に湖全体を規制し、湖畔の散策路(約2キロ)などを立ち入り禁止にした。 センター...
  • BirdNewsJapanbnjさんのプロフィール
bnjさん
  • 野鳥とともに/9 宍道湖(島根県) 間近に見られるコハクチョウ【毎日新聞2017年12月6日】
  • にマガン約3000羽やヒシクイも観察できます。冬の斐伊川河口は風がとても強く、十分な防寒対策が必要ですが、じっくりと野鳥を観察できる好ポイントです。 一方で、今冬は懸念されることがあります。11月には高病原性鳥インフルエンザが発生し、キンクロハジロやユリカモメなどからウイルスが検出されています。多くの水鳥が冬を過ごすこの湖での感染拡大がとても心配です。鳥インフルエンザは、本来、鳥がかかる病気で、感染した鳥と濃密な接触をし...
  • BirdNewsJapanbnjさんのプロフィール
bnjさん
  • 鳥インフル、初動対応確認 渡島振興局が防疫演習【北海道新聞2017年12月6日】
  • 6日鳥インフル、初動対応確認 渡島振興局が防疫演習【北海道新聞2017年12月6日】鳥インフルエンザに感染した鶏を殺処分する手順を確認する参加者たち 渡り鳥の飛来が本格化する中、渡島総合振興局は5日、高病原性鳥インフルエンザの防疫演習を渡島合同庁舎(函館市美原4)で実施した。同振興局や管内自治体の担当者、自衛隊ら約110人が参加し、連絡体制などを確認した。 十勝管内清水町の養鶏場で昨年12月、道内で初めて、鳥インフルエン...
  • BirdNewsJapanbnjさんのプロフィール
PEACEスタッフさん
  • イオン本社より移動動物園と今後契約しないとの回答を頂きました!
  • が再開されました2017年11月17日日本も輸入サケ及び加工品の遺伝子組み換え食品検査を開始している2017年11月17日犬吠埼マリンパークからの回答&水質検査の結果は…2017年11月16日環境省の高病原性鳥インフルエンザへの動物園等での対応指針改訂2017年11月10日猫虐待・殺傷動画の税理士に懲役刑を求める署名、16万人超え2017年11月8日特定動物の無許可飼育の告発を行っている自治体2017年11月6日日本化学...
  • PEACE 命の搾取ではなく尊厳をPEACEスタッフさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

高病原性鳥インフルエンザについて