山内容堂

山内容堂についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [山内容堂] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

山内容堂を含むブログ記事

伊東教育研究所さん
(遅報)歴史まとめ管理人さん
  • 【高知】武市半平太の命日で慰霊祭 高知市仁井田
  • たる11日、高知市の神社で慰霊祭が開かれ、ことしで150年となる明治維新を前に世を去った半平太をしのびました。 武市半平太は、土佐勤王党を結成し新しい国をつくろうと奔走しましたが、土佐藩主だった山内容堂に切腹を命じられ、明治維新を目前にした慶応元年5月11日、37歳でその生涯を閉じました。 半平太の出身地、高知市仁井田には墓や生家が残されていて、没後153年になるきょう地元の瑞山神社で開かれた...
  • (遅報)歴史まとめ(遅報)歴史まとめ管理人さんのプロフィール
warunekoさん
  • 【高知】武市半平太の命日で慰霊祭 高知市仁井田
  • たる11日、高知市の神社で慰霊祭が開かれ、ことしで150年となる明治維新を前に世を去った半平太をしのびました。 武市半平太は、土佐勤王党を結成し新しい国をつくろうと奔走しましたが、土佐藩主だった山内容堂に切腹を命じられ、明治維新を目前にした慶応元年5月11日、37歳でその生涯を閉じました。 半平太の出身地、高知市仁井田には墓や生家が残されていて、没後153年になるきょう地元の瑞山神社で開かれた...
  • 歴史的速報@2chwarunekoさんのプロフィール
masashiさん
  • 坂本龍馬(1989年)
  • 兄:成瀬正孝 坂本権平:渡辺篤史 大久保利通:真夏竜吾 後藤象二郎:誠直也三吉慎蔵:西村陽一 おたみ:財前直見 武市富子:藤奈津子 坂本春猪:松本友里  高松太郎:山本陽一千葉重太郎の妻:山本ゆか里 山内容堂:若林豪 徳川慶喜:中条きよし 千葉貞吉:下川辰平 桂小五郎:篠田三郎 お登勢:浅茅陽子秋尾:十朱幸代永井玄番頭:若山富三郎勝海舟:滝田栄西郷隆盛:松方弘樹語り:渡辺謙脚本・演出他脚本:中島貞夫、志村...
  • 時代劇見放題TVmasashiさんのプロフィール
JJJさん
  • 西郷隆盛・山内容堂公・会見の地
  • 三翠園ホテルは大政奉還に向けて西郷隆盛と山内容堂公が会見した場所親サイト高知の面白いページ土佐史談会...
  • 土佐の高知の今昔・夜景・面白情報JJJさんのプロフィール
株式会社トライアンフさん
  • 人材発掘と育成
  • 竜馬がゆく、を読んで唸らされることの1つは、殿様の人材発掘と育成手法である。薩摩の島津斉彬土佐山内容堂は、その両党であろう。つまるところ、その才を見つけるのはトップにしか出来ない大事な仕事であり、そしてその育成方法は、育成の培養となる「知識と経験」を与えることにある。その為に抜擢と精鋭教育がある事が改...
  • 株式会社トライアンフ 樋口弘和社長ブログ株式会社トライアンフさんのプロフィール
のりおさん
  • 福ちゃんと行く歴史ロマンの旅、失敗!の巻
  • ドラマ『西郷どん』にも関係がある、松平春嶽に福ちゃんと会ってくる予定でした・・。 松平春嶽とは・・江戸時代の第16代越前福井藩主です。福井藩主となったのはわずか11歳。幕末当時、薩摩の島津斉彬、土佐の山内容堂、宇和島の伊達宗城と共に『天下の四賢侯』と言われてました。大名の中でも春嶽ほど聡明な人は少なく、しかも行動力をもった大名でした。坂本龍馬が選んだ初代首相は、春嶽だったという説もあるほどです。 さて、本...
  • トイプードルな福ちゃんが来る〜!のりおさんのプロフィール
ダース・インベスターさん
  • 福井城
  • より、68万石で越前国に入封し、北ノ庄城を築城し、福井藩3代藩主である松平忠昌によって、福井城に改名された。なお、福井藩16代藩主は幕末の四賢侯の松平春嶽である。春嶽以外の四賢侯は、土佐藩第15代藩主山内容堂、薩摩藩第11代藩主島津斉彬、宇和島藩第8代藩主伊達宗城である。本丸西側に位置する御廊下橋を渡り、山里口御門より登城。天守台跡。天守台から見下ろす山里口御門と御廊下橋。天守台跡にある福井の由来となった...
  • インベスター卿の投資日記ダース・インベスターさんのプロフィール
みやさん
  • 伏見土佐藩邸跡碑〜土佐藩伏見藩邸跡
  • く、幕府の公用や物資引き渡しのために土佐藩士たちが滞在するための藩邸だったそうです。幕末、慶應5年(1868年)1月3日に勃発した鳥羽伏見の戦いにおいては土佐藩士たちも伏見入りしていましたが、前藩主・山内容堂の命により、薩長と会津桑名の私闘であるとして土佐藩士に戦うことを禁じていました。しかし、一部の藩士たちは土佐藩大目付・板垣退助の指示のもと、新政府軍として戦ったそうです。 伏見土佐藩邸跡碑;京都市...
  • 古都の礎みやさんのプロフィール
こんさん
  • 西郷どん あらすじと感想 第16話 斉彬の遺言
  • の視点でとらえたことがなかったので、今回はちょいと新鮮な心地がしました。安政の大獄で処刑されたというとまず吉田松陰が浮かびますが、橋本佐内もまたそのひとりだったのだそうです。一橋慶喜や松平春嶽、そして山内容堂は謹慎処分となりましたが、そこに西郷隆盛の名が浮上しなかったのは(少なくとも歴史の時間には習わなかった気がする)、斉彬がこの事件を前に急死したためなのでしょうか。余談ですが、この粛清があまりにも非道だ...
  • 韓ドラ大好きおばさんの言いたい放題!こんさんのプロフィール

山内容堂を含むトラコミュ

山内容堂
  • 山内容堂
  • 山内容堂 / 豊信は、日本の武士・外様大名・土佐藩15代藩主(在任期間:嘉永元年12月27日(1849年1月21日) - 安政6年(1859年)2月)。官位は、従四位下・土佐守・侍従、...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

山内容堂について