山内容堂

山内容堂についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [山内容堂] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

山内容堂を含むブログ記事

あんてぃーくあとりえ遊布戀さん
  • # 高知城界隈を!
  •     論争が起きたそうですが、      「後から建ったものが文句言うな!」という結論になったとか(笑)      いかにも、「土佐のいごっそう」だわ!と、笑ってしまいました。館内に展示してあった「山内容堂公の陣羽織」の派手なこと!背中は、もっと、もっと、派手でしたよ。                     「羽織ってみて〜や!」との大盤振る舞い!             (もちろん複製ですけど・・・...
  • 遊布戀ー古布遊びの独り言あんてぃーくあとりえ遊布戀さんのプロフィール
日本の歴史ガイドさん
  • 三邦丸【薩摩藩 バーク船 幕末軍艦】
  • (約6.6m)、深さ1間1尺(約2.1m)。110馬力の410トン。慶応元年(1865年)10月29日、長崎にて薩摩藩が8万ドルで購入した。慶応3年(1867年)8月1日、越前の「松平春嶽」から土佐の山内容堂に託された書状を持って、三邦丸の佐々木三四郎へ届けた坂本龍馬は、船中で「後藤象二郎」と談合中に三邦丸が兵庫を出帆してしまい、やむなく土佐藩の「佐々木三四郎」に同行することになる。翌8月2日、土佐の須崎...
  • 日本の歴史ガイド日本の歴史ガイドさんのプロフィール
幕末維新写真館さん
  • 三邦丸【薩摩藩 蒸気内輪船 幕末軍艦】
  • (約6.6m)、深さ1間1尺(約2.1m)。110馬力の410トン。慶応元年(1865年)10月29日、長崎にて薩摩藩が8万ドルで購入した。慶応3年(1867年)8月1日、越前の「松平春嶽」から土佐の山内容堂に託された書状を持って、三邦丸の佐々木三四郎へ届けた坂本龍馬は、船中で「後藤象二郎」と談合中に三邦丸が兵庫を出帆してしまい、やむなく土佐藩の「佐々木三四郎」に同行することになる。翌8月2日、土佐の須崎...
  • 幕末維新写真館幕末維新写真館さんのプロフィール
日本の歴史ガイドさん
  • 横笛丸【土佐藩 木製輸送帆船 幕末軍艦】
  • 横笛丸藩名土佐藩藩主山内容堂船種木製スクーナー機関帆走備砲0門材質木製馬力0馬力写真有■ 詳細慶応3年に土佐藩が$17,000で購入した265トンの木製スクーナー帆船である。同年のイカルス号事件翌日、横笛丸と砲艦「若紫」が相次い...
  • 日本の歴史ガイド日本の歴史ガイドさんのプロフィール
幕末維新写真館さん
  • 横笛丸【土佐藩 木製輸送帆船 幕末軍艦】
  • 郭・四稜郭の他にも三稜郭の存在が浮上(比遅里神社内)【...477 PVSearch幕末・維新13 Sep 2017横笛丸【土佐藩 木製輸送帆船 幕末軍艦】byishin03 PV横笛丸藩名土佐藩藩主山内容堂船種木製スクーナー機関帆走備砲0門材質木製馬力0馬力写真無■ 詳細 慶応3年に土佐藩が17,000ドルで購入した265トンの木製スクーナー帆船である。 同年のイカルス号事件翌日、横笛丸と砲艦「若紫」が...
  • 幕末維新写真館幕末維新写真館さんのプロフィール
FirstLightさん
  • 高知県とは
  • ルが郷士と呼ばれ、その身分差は酷かったようです。あの坂本龍馬は郷士の身分でしたので、この身分差への不満が明治維新におけるエネルギーになったと考えるのはあながち間違ってはいないでしょう。人材については、山内容堂、板垣退助、後藤象二郎、武市半平太、坂本龍馬・・・と豊富です。土佐藩は薩・長に続く明治維新の立役者として知られていますが、果たして思想的に一本筋が通っていたかというと疑問符が付きます。その証拠に、脱藩...
  • 気分はいつも二日酔いFirstLightさんのプロフィール
t-sekiさん
  • 山内容堂公と天文学
  •  土佐24万石、最後の殿様である山内容堂公の宝物館に、珍しく天体望遠鏡が保存されていた。口径は60mmくらいで、鏡筒は木製で美しいこげ茶色の漆塗りである。それに古典的な形をした卓上三脚の形は、どう見ても日本風であるが、真鍮製の金属部にローマ...
  • コメットハンター関勉のblogt-sekiさんのプロフィール
bbbluesさん
  • Primo piatto 偉大な英雄
  • 盟を締結させたとされる件は、確かに仲介をしており、長州藩桂小五郎の覚書に証人として裏書もしているが、中岡慎太郎の功績が絶大だ。大政奉還を成し遂げたのは、後藤象二郎、高岡考弟の功績で献上したのは土佐藩主山内容堂であり、後押ししたのは小松帯刃だ。 坂本竜馬の主だった活動は、薩摩藩から手の離れた社中が、土佐商会と合体し土佐藩管轄の元、海援隊として活動した組織の隊長を務めたに過ぎない。 過去には江戸期に活躍した人...
  • 旅の追憶bbbluesさんのプロフィール
Zelkovaさん
  • 酔って候
  • 末維新の時代には、戦国時代と同じぐらい男心をくすぐられる。 己の力で、刀1本で、時代を変えようと(或は時代を守ろうと)数多の志士たちが日本中を駆け巡った。一方で、その時代に名を遺した大名達。  土佐 山内容堂  薩摩 島津久光  宇和島 伊達宗城  肥後 鍋島閑叟この中で、鍋島閑叟を除く3人は正嫡ではなく、本来なら大名にはなり得なかった。 その彼ら3人に共通した境遇が、時代に名を遺すことに至った言行に何か...
  • ちょぼちょぼSRZelkovaさんのプロフィール

山内容堂を含むトラコミュ

山内容堂
  • 山内容堂
  • 山内容堂 / 豊信は、日本の武士・外様大名・土佐藩15代藩主(在任期間:嘉永元年12月27日(1849年1月21日) - 安政6年(1859年)2月)。官位は、従四位下・土佐守・侍従、...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

山内容堂について