診察室

診察室についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [診察室] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

診察室を含むブログ記事

yorikoさん
  • 「えっ どうして」
  • が午後3時になっても 午前の患者が まだ終わらず午後の診察は 午後3時からなので 先生は 休むことなく 昼食を食べる暇もなく それでも あの 穏やかで 安心する 態度をくずさずに 診察してくださいます診察室には 院長先生の写真が飾ってありますいろんな 皮膚科に行っても治らず 薄場さんに来た時 院長先生が 調べて これは 難病です と詳しく説明してくれましたやってはいけないこと これからの治療 家での治療...
  • YORIKOブログyorikoさんのプロフィール
momizoさん
  • 救急車のおもひで。シリーズ「momizoの災難」第1集
  • ていたようです。まあ、お腹の痛みがすごすぎて、ぶつかったってなんともなかったですけど。 当然ですけど、救急隊の人は痛み止めとか投与できないので、病院までの5分は地獄の道。 やっと病院に着き、担架のまま診察室へ運ばれます。 この頃、嫁さんも職場から病院に到着しましたが、私の記憶には存在していません。自分のことで精一杯、というか精一杯を溢れてしまってます。冷や汗で服がびっしょりです。 すぐに先生がお腹を押さ...
  • Lazy tonemomizoさんのプロフィール
しゅんさん
  • 歯の治療 根管に詰め物
  • して治療をし、麻酔が切れても痛みは無かった。この日の予約も前回と同じ先生。個人医院ではなく、多くの先生が専門の役割を持ち、手分けをして治療に当たる病院だ。よって、待合室も広く、多くの患者がやって来る。診察室も複数あり、機能が充実している。少し予約時間より早めに行くも、直ぐに呼ばれて治療が始まった。まずは麻酔注射。この日は、ヤスリの機械は少ししか使わず手作業の治療が殆ど。何度も、口を濯いだ。そして、数回レ...
  • いまだ旅の途中☆クルンテープの大空からしゅんさんのプロフィール
しぃたんさん
  • 診察日でした。
  • が原因なんだろ??前回よりは下がってるからまぁいいか。他は特に問題なくおしまい。次の診察で問題なければステロイド減量があるかも?フェロミアも次の診察の時の数字を見てやめるか続けるあ判断とのことでした。診察室を出て注射を受けとりに行ったら看護師さんから確認が。「○○さん用に2本あるんやけど、1本持ち帰りでいいんよね?」って。診察日がズレたからややこしいことになってしまってたみたいです(^^;;会計受付を済...
  • ☆のほほんな日記☆しぃたんさんのプロフィール
michiさん
  • やった!カラー卒業!
  • ラーを付けておくように言われていたけどさすがに後半可哀想だったので布のエリザベスカラーに勝手に切り替えていました嘘をつくのもなんなんで(笑)正直に「こんな感じでした」と・・・連れて行ったらいつも彼女は診察室を反対に向いて座ります。プッ・・・可愛い?「ささやかな抵抗」あの恐ろしい院長先生も最近はお顔の緊張も取れジュニーさんの経過が良くなるにつれ言葉もちょっと優しくなり、今日は「随分良くなってます!ずっとそ...
  • 甲の犬ブログmichiさんのプロフィール
ばとるーのパパさん
  • 突然キーボード反応なし
  • 今日も娘と病院に。 診察室近くの待機場所は患者さんが一杯。 しかたないので娘は診察室の近くで待機して孫と私はちょっと離れた場所で待つことに。ベビーカーを孫と対面にセットしゆっくり押しながら移動する。 座る場所を見つけて落ち着く...
  • バロンとルークのライバル日記ばとるーのパパさんのプロフィール
りんごの木さん
  • 梅ジェフ→病院→フリたけ
  • 一ヵ月ほど前にようやく終息し、ほどよく肥えました。? 午後からは、わたしも病院day。かかりつけ医のご厚意で患者さん寄贈のわんこの編みぐるみを譲って頂きました。 とても可愛くて目に留まったわんこは、診察室に飾ってあった通院の患者さんのハンドメイド作品でした。病院への寄贈の品を受け取れませんとお話ししたのですが、可愛がってもらえるお家で大事にされるなら、その方がきっと嬉しいはずだからと、寄贈された患者さ...
  • りんごの木。のブログりんごの木さんのプロフィール
なっしーさん
  • 精神科の営利行為を断ってやったよ!
  • す。」と言われてまた待つことに。そしてドクターに見てもらったら、また採血を促され、同じことをいうハメになりました。患者が言うことなんて全く無視なんだよね。その医者はいつも混んでいるんだけど、今時名前で診察室に呼ぶ医者なんてあります?プライバシーなんて全くないですよね。あんなに患者がいる前でフルネームを叫ばれたくないよ。。薬もきっちり28日分しか貰えないし、やっぱり今の医者、不便すぎます。今日も3000円...
  • もうすぐ捨てられる。なっしーさんのプロフィール
トト(タロ)さん
  • 通院サポート
  • で1?肥大するかどうかの腫瘍を取る手術が適切かどうかは考えるところです。もし、それ以外のタイプならあらためて考えましょう」わかりやすく明確な方針説明。30代半ば?のドクターの話は十分に納得できました。診察室に入る時と、出る時に「お待たせして申し訳ありません」と、ちゃんと会釈しながら口にする人だったのでマル。プロとしての力と人柄+相性。ドクターに限らず信頼の基本はそういうことだね。と、自分を振り返る。とい...
  • モダンと暮らす、カカと生きるトト(タロ)さんのプロフィール
Dr.Kazuさん
  • きたばやし医院の診察室と処置室
  • 書類に囲まれて仕事をしていました。部屋の主にとっては、必要なモノにすぐ手が届き、仕事に没頭できる機能的な空間だったのでしょうが、私はどこか落ち着かず、くつろぐことができませんでした。?きたばやし医院の診察室に、書類や本はほとんどありません。壁にも何も貼ってありません。あまり仕事をしていないんじゃないかって?いえいえ、最近はペーパーレスが進んでいて、ほとんどのデータはパソコンに保管できます。医学書も少しは...
  • ドクター・カズのひとりごとDr.Kazuさんのプロフィール

診察室を含むブログ村メンバー

  •  
さむさん
  • 子どものてんかんのブログさむさんのプロフィール
  • 小児神経専門医でてんかん専門医による小児てんかんのブログ。診察室では話しきれないことを話しましょう。
みのり先生さん
tirolさん
長谷川千尋さん
k.kさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

診察室について