古典文学

古典文学についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 『とはずがたり』巻二 − 二条、十八の春 −
  • [古典文学] ブログ村キーワード 「とはずがたり」<二十四 曙との女児 に 再会>ところで、夢のように出産直後に分かれた女の子は、あれ以来病気が一向によくなっていない・・・続きを読む
  • 『とはずがたり』を読む (公開講座) やなぎしきぶ2さんやなぎしきぶ2さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

古典文学を含むブログ記事

古事記・日本書紀・万葉集を読むさん
  • 万葉集2433番歌「如数書吾命」とウケヒについて
  • 村幸彦・岡見正雄・阪倉篤義編『角川古語大辞典 第一巻』角川書店、1982年。窪田1951.窪田空穂『萬葉集評釈 第八巻(巻第十一)』東京堂、昭和26年。古典大系 高木市之助・五味智英・大野晋校注『日本古典文学大系6 萬葉集三』岩波書店、昭和35年。新古典大系 佐竹昭広・山田英雄・工藤力男・大谷雅夫・山崎福之校注『新日本古典文学大系3 萬葉集三』岩波書店、2002年。新編古典全集 小島憲之・木下正俊・東野治...
  • 古事記・日本書紀・万葉集を読む古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィール
井蛙はるさん
  • けけけ尼
  • そ…くろくち»怪談童話創作家id:artart1982読者です 読者をやめる読者になる 読者になる問い合わせ等プロフと問い合わせ等目録世界のことわざ (83)伝聞昔話 (65)伝聞昔話・古典文学黒歴史 (11)伝聞昔話・古典 (34)伝聞昔話・民話 (25)昔話解体新書 (5)昔話解体新書・物語の構造 (4)創作手帳 (13)お絵描き帳 (13)自由記述帖 (72)茶話 (88)140字小説...
  • 怪談「徒然草子」井蛙はるさんのプロフィール
井之亀さん
  • 傾国の美女 驪姫13 〜竹取物語の謎をうら読みで解く#275
  •    にほんブログ村   ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆  次回  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆ さて、重耳は。参考文献: 片桐洋一、他(校注・訳) 『竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 日本古典文学全集8』小学館、1972年。 野口元大(校訂)『竹取物語 新潮日本古典集成 第26回』新潮社、1979年。 大野晋、他(編)『岩波古語辞典』岩波書店、1974年。 戸川芳郎(監修)佐藤進・濱口富士雄(...
  • 竹取物語の謎を「うら」読みで解く井之亀さんのプロフィール
鵜殿篤さん
J.W.Mccallister,jrさん
  • 『持統紀』と『文武紀』の「新羅王」死去を伝える使者記事について(二)
  • て考えてもそれほど時間がかかるとは思えず、このとき「王」の「死」を伝えるという火急的任務を負っていたとすると短すぎるともいえなくなるでしょう。「参考資料」坂本太郎・家永三郎・井上光貞・大野晋校注『日本古典文学大系「日本書紀」』」(岩波書店)青木和夫・稲岡耕二・笹山晴生・白藤禮幸校注『新日本古典文学大系「続日本紀」』(岩波書店)宇治谷孟訳『日本書紀』全現代語訳(講談社学術文庫)宇治谷孟訳『続日本紀』全現代語...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 『書紀』と『続紀』の「新羅王」死去を伝える使者記事について(一)
  • (二)の『文武紀』記事の場合、「新羅使」が持参した「表」では「新羅王」について「去年」の秋から具合が悪かったが、「今年」の春になって死去した、という意味の事が記されていたとされます。これについて「日本古典文学大系『日本書紀』」(岩波書店)の「注」では『この表は、正月に来着した使者が持参したものであるから、「去秋」は七〇一年、「今春」は七〇二年をいうが、七〇二年七月に没したとする三国史記新羅本紀の記述と異な...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
shiinaさん
  • 1年間の読書量
  • )そのせいか、とにかく本がないと落ち着かない。完全なる活字中毒。今は、仕事の忙しさがあったり、うつ傾向が強いときはで集中力が続かないため、たぶん1週間に1冊程度。よく読むのは、純文学。詩、短歌、俳句。古典文学。その他は、民俗学・宗教学・社会学系の本。SFとミステリーはあまり好きじゃない。自己啓発本は読まない。漫画はあれば読むけど、自分ではほとんど買わない。雑誌は図書館で借りてくる。でも、若いころに比べて、...
  • 私と子どもの家(旧別居日記)shiinaさんのプロフィール
よっしーさん
  • 古事記物語
  • “いなばの白うさぎ”「その話、この本にのってるんだよ〜」と長男がポロっといったのを聞きつけて、次女が読み始めました。古事記物語。義実家からいただいた古ーい本。(昭和56年刷!) 【中古】 古事記物語 古典文学全集1/高野正巳【編著】 【中古】afb108円楽天 次女は黴臭い本も気にせず読んでおります。長男は自分で言ったくせに、「その本、次女ちゃんにはまだ難しいよ言葉の意味、わかる?大丈夫??」と心配な様子...
  • ワガヤの学習キロク(2020受験予定?)よっしーさんのプロフィール
tronc2017さん
  • おばさんの読書
  • 人物や背景描写がまどろっこしい。なかなかページの進まない小説です。それでも、普段から本を速読できない私には、ちょっとカラマーゾフ読むだけですごい量の正しい日本語の表現がインプットされてきます。ロシアの古典文学なのに、正しい日本語(訳したものですが)がインプットされるのです。三分の一読破してみると・・・忘れていた日本語のセンテンスが蘇って、仕事中のメールに早速引用していたりします(笑)読書の力って、侮れない...
  • 風穴日記tronc2017さんのプロフィール
ちびやんさん
  • 読み聞かせはもう時代遅れ?読み聴かせは、後の読解能力に影響する?我が家の実録
  • も感動ポイントであって、 小学生〜高校生までの国語指導にあたっていると、 どうも「主体」と「客体」への意識が薄いのです。 日本語は、もともと、謙虚さを美学とするため、 主体の省略が多様されています。 古典文学などを読むと、ほとんど「主体」が抜けています。 だからこそ、意識しなければ、 「誰が」この行動をしたのか、 「誰に」向かってしたことなのか という主体と客体の情報漏れが多発します。 主体と客体を省いた...
  • 幼児国語ちびやんさんのプロフィール

古典文学を含むトラコミュ

教養
  • 教養
  • 教養(きょうよう)とは、個人の人格に結びついた知識や行いのこと。これに関連した学問や、芸術および精神修養などの教育、文化的諸活動を含める場合もある。一般に、独立...
  • トラックバック数:466 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:政治ブログ
新カストリ文学座
  • 新カストリ文学座
  •  新カストリ文学座は、昭和中期に一世を風靡した「カストリ文学」を継ぐ、新しい文学形態を樹立すべくSF小説家四乃四四が旗揚げした団体である。 文学形式が定着し、アイ...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:小説ブログ

古典文学を含むブログ村メンバー

  •  
やなぎしきぶさん
nishinayuuさん
nacchann0904さん
津籠睦月さん
みつひろさん

古典文学を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 今の文学をどう思いますか?レス: 0/0(0件)新カストリ文学座
  • 小説の可能性を進めるSF小説家四乃四四としては悲しい事体であると思います。 新カストリ文学座は、古典文学を尊びながら新機軸を取り込む作家団体ですが、このまま行けば文学は廃れていくと考えます。 そこ...

にほんブログ村

>

キーワード

>

古典文学について