連邦議会

連邦議会についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [連邦議会] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

連邦議会を含むブログ記事

9.11についてさん
日本を弱体化させる勢力は許さない!さん
  • 「日本は改憲せよ!」トランプ弾劾案の提出議員が主張
  • 提出。・日本の識者の観測と違い、弾劾の実現可能性は低い。・シャーマン議員、下院公聴会にて、日米安保の不均衡を指摘、憲法改正と防衛費増額を求めた。■民主党ベテラン議員、大統領弾劾決議案提出ワシントンでは連邦議会の民主党ブラッド・シャーマン下院議員が7月12日、トランプ大統領に対する弾劾決議案を提出したことがちょっとした話題となった。大統領に辞任を迫る弾劾の手続きはまず下院で半数以上の賛成を得なければ、始まら...
  • 日本を弱体化させる勢力は許さない!日本を弱体化させる勢力は許さない!さんのプロフィール
イエスちゃんさん
高橋 幸二さん
  • 豪上院議員、カナダとの二重国籍が発覚し辞職
  • 生まれる1週間前にカナダ市民権法が施行された。それは、出生で得たカナダ市民権を知らないうちに喪失しないよう対処されたものだった。 ウォーターズ議員は、記者会見でこう述べた。「外国生まれの多くの政治家が連邦議会にいて、同様にきまりの悪い思いをしていることだろう。」 オーストラリアでは、少なくとも国民の6人に1人が重国籍者と考えられている。トニー・アボット前首相はかつてイギリス国籍を保持していたが、1993年...
  • 日本deカナダ史高橋 幸二さんのプロフィール
ナイスデイツアーさん
  • オーストラリアの医療制度は世界第二位
  • 高であり、過去10年間の調査でもほとんど減少していない。アメリカは他のいくつかの国と比べても2倍近い医療支出を行っていながら、その成績はまったくパッとしない。 アメリカではドナルド・トランプ新大統領が連邦議会の共和党上院議員に圧力をかけ、前任のバラク・オバマ氏の国民医療保険制度をハイしようとしていることが報道されたばかり。■ソースHealthcare study ranks Australia secon...
  • オーストラリア現地情報ナイスデイツアーさんのプロフィール
Ike179さん
  • 二重国籍が発覚した「授乳」で有名な豪上院議員も辞任、先週末から二人目
  • 職している。オーストラリア憲法は、複数の国籍を持ちながら連邦レベルの公職に就くことを禁じている。ウォーターズ議員は、生まれたカナダの国籍を保持していたことが明らかになった。ウォーターズ議員は今年5月、連邦議会の議場内で授乳した初めての母親となり話題を集めた。〜中略〜ウォーターズ議員は「カナダで70年前から存在する法律のために、生まれたカナダの二重国籍があり、私が生まれた1週間後に法律が改正されたために、能...
  • 海外の反応 ディミヌートIke179さんのプロフィール
acaluliaさん
マンテカさん
  • 「ローマの休日」と赤狩り
  • ボ。第二次世界大戦後のアメリカで吹き荒れた「赤狩り(共産主義者排斥運動)」の標的にされたハリウッド映画界の著名な10人の映画人(ハリウッド10)の一人である。トランボは当時売れっ子の脚本家であったが、連邦議会下院に設置された非米活動委員会(米国国内にいる共産主義者の動向を調査する委員会)の聴聞会に呼び出され、鼻から共産主義者のレッテルを貼られた上で、共産主義者であることを自白するよう迫られた。これに対して...
  • マンテカのブログマンテカさんのプロフィール
じゃぱそくさん
asamiyaさん
  • 豪上院議員が辞職表明、二重国籍判明で 先週末から二人目
  • る。 オーストラリア憲法は、複数の国籍を持ちながら連邦レベルの公職に就くことを禁じている。 ウォーターズ議員は、生まれたカナダの国籍を保持していたことが明らかになった。ウォーターズ議員は今年5月、連邦議会の議場内で授乳した初めての母親となり話題を集めた。 18日に記者会見を開いたウォーターズ議員は、「うっかりミス」だったと語った。ラドラム議員の二重国籍問題が浮上した後に自らの国籍について知ったという...
  • ニュースの日記帳asamiyaさんのプロフィール

連邦議会を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 靖国神社参拝ってどうなんですか?レス: 0/235(1000件)政治ブログ
  • 罪と判断している。また、A級戦犯の容疑の合理性を揺るがしかねない発言をマッカーサー元帥はアメリカ連邦議会でしている。それは「日本は、防衛上の必要から戦争をした」というものである。さらに平成に入って...

にほんブログ村

>

キーワード

>

連邦議会について