森岡賢一郎

森岡賢一郎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [森岡賢一郎] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

森岡賢一郎を含むブログ記事

谷さん
  • Vol.549 小柳ルミ子さんの全盛期ってこんなに歌がうまかったのか
  • 8850にもあるかな?5曲目もすごいなぁ。小柳ルミ子さんの良さを最大限に引き出してる。13曲目もいいなぁ。「冬の駅」脱皮をはかった曲らしい。作曲は加瀬邦彦さん。作詞はなかにし礼さん。編曲は今までと同じ森岡賢一郎さん。2枚目は14曲目の「お久しぶりね」がいい。この曲のサビってこんなにゴージャスだったっけ。うとうとしながら聴いていたけど、サビで飛び起きた。サビの前のCメロもいいなぁ。Bメロからそのままサビに行け...
  • たにわさび谷さんのプロフィール
悠人さん
  • 加山雄三/「君といつまでも」
  • あき)ニックネームは若大将。作曲家としてのペンネームは弾 厚作(だん こうさく)君といつまでも は、加山雄三の5枚目のシングル 1965年12月5日発売作詞:岩谷時子、作曲:弾厚作(加山雄三)、編曲:森岡賢一郎収録の時に、アレンジが気に入った加山さんが、嬉しさのあまり「いやあ、幸せだなぁ」と呟いたことから、後に流行語となるセルフが間奏に入る事になったそうです。300万枚を超える大ヒットになり、1966年の第...
  • 我が青春時代の懐かしい唄(フォークソング ・他悠人さんのプロフィール
tigeraceさん
  • 朱里エイコ 「孤独の太陽」 1967
  • る。朱里エイコがドヤ顔しているのが見えるような歌唱だ。それほど売れなかったけど。訳詞は音羽たかし、すなわちキングレコードの法人名義だから詠み人知らずだろう。本家よりも凄い曲に仕上げているのはさすが編曲森岡賢一郎であるw。スコット・ウォーカー自身もカバーしているが、最後の盛り上げ方はやはり日本の勝ち。タイガースの沢田研二もライブで歌っているが、タイガースのライブなんて歓声しか聞こえない。ワーナー・イヤーズ 1...
  • シネマミステリー神戸名画座・旧永遠のセルマtigeraceさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

森岡賢一郎について