貿易相手国

貿易相手国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [貿易相手国] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

貿易相手国を含むブログ記事

森羅万象・考える葦/平 凡太郎さん
  • 【ロイター】 10月9日20:07分、""ハードブレグジットなら大打撃、独シンクタンクと経済団体が警告""
  • ストの6割前後を負担する自動車セクターが特に大きな影響を受けるとみている。また、ドイツの国内総生産(GDP)の約5%は直接もしくは間接的に英国との貿易に関係しており、ドイツ企業にとっては3番目に重要な貿易相手国になっていると分析。「予測可能な将来にこの構図が劇的に変化する可能性がある」としている。マルコス・ユング研究員は、ハードブレグジットの場合、ドイツから英国への輸出が急減する可能性に言及し「この恐ろしい...
  • 森羅万象・考える葦 インターネットは一つの小宇森羅万象・考える葦/平 凡太郎さんのプロフィール
フェニックスさん
  • 貿易摩擦、米への打撃最大
  • チェーン(部品供給網)を構築するなど、その後、米中間の貿易が減少することが見込まれ、中国の成長率を鈍化させる効果は長期的には0.6%にとどまるとの見方を示した。米中貿易戦争は、長期化の様相。それぞれの貿易相手国を巻き込みながら、両国、それぞれの経済圏を構築していくことでしょう。日本はアメリカと中国の間を上手に渡っていくことができるのか?そして、その先には、インドと強力な経済圏を構築できるかにかかってきます。...
  • フェニックスの日経225先物取引テクニカル分析フェニックスさんのプロフィール
倉西雅子さん
  • アメリカの対中FTA阻止条項要求−米中二者択一の選択へ
  • に来て、終にどちらか一方を選択すべき時期が到来しているようです。それでは、日本国は、アメリカと中国という選択肢の内、どちらを選ぶのでしょうか。この選択については、今やアメリカを抜いて中国が日本国の最大貿易相手国となっていることから、経済界を中心に中国を選ぶべしとする意見もあるかもしれません。しかしながら、以下の理由から、日本国は、迷わずアメリカを選ぶべきです。 第一の理由は、FTAを締結しますと、様々な移動...
  • 万国時事周覧倉西雅子さんのプロフィール
桜咲久也さん
  • 米国・メキシコ・カナダ協定 は,毒薬条項(ポイズンピル)で中国を標的
  • <引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.10.7>トランプ政権は中国との貿易戦争で新たな道具を見出した。つまり、最近結ばれた米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)のようなものを利用して、中国が貿易相手国と独自の協定を結ぶことから締め出そうというものだ。USMCA協定の最後の最後に、「例外と総則」の下に隠されていたのは、「非市場経済国FTA」と名付けられた条項だ。それによって、3つの加盟国のいずれかが...
  • 理想国家日本の条件 自立国家日本桜咲久也さんのプロフィール
勝又壽良さん
  • 米国、「反中同盟」新NAFTAを日欧版に拡大「中国封じ込戦略」
  • が見本、米国が狙う日欧との貿易協定」と題する記事を掲載した。 米国は、新NAFTA(USMCA)の交渉過程で、通商の「パラダイムシフトのモデル」を確立したと自信を深めている。?外国為替、?労働市場、?貿易相手国の対中ビジネスのあり方まで、全てに関する規則を見直す構えである。要するに、「市場経済国」に合致するルールを確立した国とだけ貿易協定を結ぶ。ここで、重要なのは、中国と貿易協定を結ぶなという項目である。米...
  • 勝又壽良のワールドビュー勝又壽良さんのプロフィール
海外さん
  • ホニアラ基本情報
  • る。ホニアラは、ガダルカナル島に位置する。街から10km離れた場所にホニアラ国際空港がある。産業としてはいくつかの飲料、クッキー工場がある。主要な輸出品は材木、ココナツ、コプラ及び魚である。最も重要な貿易相手国はマレーシア、日本、台湾である。ホニアラはソロモン諸島のツーリズムの拠点である。国の観光事務所である「ソロモン諸島ビジタービュロー (The Solomon Islands Visitors Bure...
  • 海外基本情報海外さんのプロフィール
full3661さん
  • 米国株、週間ベースで1カ月ぶり大幅安 《あさイチ10.06》
  • 4653378051494177104584513222945968810 米トランプ政権は他国との通商交渉で攻勢を強めようとしている。カナダおよびメキシコとの新協定をひな型に、外国為替や労働市場から貿易相手国の対中ビジネスのあり方まで全てに関する規則を見直す構えだ。 米通商代表部(USTR)のロバート・ライトハイザー代表は新たな北米自由貿易協定(NAFTA)での合意を、貿易相手国にとって厳しいメッセージと...
  • トレンドおっちゃんfull3661さんのプロフィール
FX湘南さん
  • NQNセレクション 為替予想は「貿易収支」が基本 黒字国に通貨高圧力
  • ない貿易取引などのアウトライト(買い切りと売り切り)に強いこだわりをもつ。■為替予想は難しく考えない 為替予想は難しく考える必要はないんです。買い切りと売り切りの流れを見ていればよい。各国の貿易収支と貿易相手国を定点観測し、傾向をきちんと判断できれば相場の方向性がおおむねわかると思います。例えば足元で貿易黒字国の日本の円には取引相手国である米国のドルなどに対して常に上昇圧力がかかるはずです。 市場には12年...
  • 野村雅道と楽しい投資仲間達FX湘南さんのプロフィール
勝又壽良さん
  • 中国、「危機」米国包囲の認識どこまであるか時代遅れの「自力更生」
  • トランプ米大統領は北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新たな貿易協定を結ぶことでカナダ、メキシコと合意した。これを「歴史的」勝利だと宣言、貿易相手国に関税賦課をちらつかせる戦略が奏功したと自賛している。確かに、米国という世界最高の市場に参入できれば、その経済的メリットは大きい。トランプ氏は、これを逆手にとって米国に有利な「ディール」を行なっている...
  • 勝又壽良のワールドビュー勝又壽良さんのプロフィール
勝又壽良さん
  • 米国、「新NAFTA」中国排除が鮮明で今後の貿易協定「ひな形」
  • 貿易協定、中国けん制のひな型に」と題する記事を掲載した。 (1)「米国は貿易協定の改定でカナダおよびメキシコと合意したが、本当に重要なのはこれからだ。今度はこれをひな型にした協定をアジア・太平洋地域の貿易相手国と結び、中国に対抗するために規則に基づく貿易圏を新たに構築する夢を復活させるべきである。それは、日本、シンガポール、ベトナム、チリなど12カ国にまたがる環太平洋経済連携協定(TPP)の目標だった。だが...
  • 勝又壽良のワールドビュー勝又壽良さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

貿易相手国について