フェデリコ・フェリーニ

フェデリコ・フェリーニについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [フェデリコ・フェリーニ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

フェデリコ・フェリーニを含むブログ記事

alleventさん
  • 1月20日って何の日?
  • - 丹羽淑雄、プロ野球選手(没年 没年不詳) 1916年 - 小坂徳三郎、実業家、政治家(没年 1996年) 1917年 - 中村歌右衛門 (6代目)、歌舞伎俳優(没年 2001年) 1920年 - フェデリコ・フェリーニ、映画監督(没年 1993年) 1920年 - デフォレスト・ケリー、俳優(没年 1999年) 1921年 - 吉田正、作曲家(没年 1998年) 1923年 - 三國連太郎、俳優(没年 2013年)...
  • オールイヴェント情報ブログalleventさんのプロフィール
kabochannelさん
  • 映画のことPart 2
  • スの同名の小説を映画化したもの。まだ続くの?と、お思いでしょうが・・・これはどうしても観逃してはならないものがまだあるのよ。ごめんね|ω・`)『道』と『路』どちらも邦題  片方は超有名な1957年公開フェデリコ・フェリーニ監督のイタリア映画ジェルソミーナという「不器用で、滑稽で、とても優しい道化の乙女」を中心に憂鬱、孤独、そして存在 を、地を這うように生きている人々の中に投影させた作品。映画の中で語られる「どんな人間で...
  • ぼちぼち、ペンネkabochannelさんのプロフィール
toyoさん
  • 日常・・
  • ん、最後に何か気の利いた言葉で〆たいけどなあ〜んにも言葉が浮かんでこない(笑)何もかも無常というフイルターで見るようになってしまったらしい・・ぶつぶつ。それなら・・「人生は祭りだ。ともに生きよう」とはフェデリコ・フェリーニさんの言葉だそうですね。ときどき信じられないようなことも起こるのが人生ですが、どうか皆様にいいことがありますように。そして生きとし生けるものが幸せでありますように。最後までお付き合いいただいて感謝しま...
  • シロアリ屋の独り言toyoさんのプロフィール
ヒラヒ・Sさん
  • 傑作映画『マカロニ』イタリア式人生讃歌/感想・あらすじ・解説・ネタバレなし
  • i』)で俳優としてのキャリアをスタートさせる。その後は『バストで勝負』(1955年)や『女と男』(1957年)、 ルキノ・ヴィスコンティ監督の『白夜』(1957年)などに出演し、1959年に公開されたフェデリコ・フェリーニ監督の名作『甘い生活』(原題:『La Dolce vita』)で、ローマの上流階級を舞台に退廃的な生活を送るゴシップ記者を演じ、世界的な名声を得る。(wikipediaより)監督がエットーレ・スコラ。...
  • レビュー・アン・ローズヒラヒ・Sさんのプロフィール
lciitaliaさん
  • イタリア文化セミナー:イタリア広告と庶民の生活 Linfluenza della pubblicita nella cultura popolare Italiana
  • ており、とても興味深いテーマなので、イタリア人講師の視点からご紹介したいと思います。『カロゼッロ』という番組はイタリアの商品を紹介する10分だけの番組です。この番組を作ったメンバーの中には映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニやピエロ・パオロ・パゾリーニが名を連ねております。さて、カリメロはというと、洗濯機用洗剤を宣伝しておりましたし、イタリアのカフェ文化の立役者モカ ビアレッティはこのキャラクターが今でも使用されておりま...
  • イタリア語カルチャースタジオlciitaliaさんのプロフィール
FUSAさん
  • ETV特集 よみがえるアーカイブ 「日本とイタリア」
  • 、現在のイタリアのスターと言われても全然思い浮かばない。 ついでに、この番組に登場した若い頃の由美かおるさんのチャーミングなこと!今の芸能界には見当たらない!▼60年代のイタリアのスターたち【映画】 フェデリコ・フェリーニ、ヴィットリオ・デ・シーカ、ルキノ・ヴィスコンティ、ピエトロ・ジェルミ、ミケランジェロ・アントニオーニ、マルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレン、ジーナ・ロロブリジーダ、クラウディア・カルディナ...
  • 徒然なか話FUSAさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

フェデリコ・フェリーニについて