フェデリコ・フェリーニ

フェデリコ・フェリーニについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [フェデリコ・フェリーニ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

フェデリコ・フェリーニを含むブログ記事

zxさん
  • 土曜深夜のクイズスレ【出題者も募集中】
  • 6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/18(土) 23:44:28.637 ID:qYWWc7nJ0.net 【問題】 「パパラッチ」という言葉の由来となった、フェデリコ・フェリーニ監督の映画は何...
  • クイズ・パズルまとめzxさんのプロフィール
sayzinさん
  • 年寄りの冷や水
  • 。監督・脚本は『グレート・ビューティー/追憶のローマ』で世界中から賞賛されたパオロ・ソレンティーノ。前作同様、この映画でも「スノッブの心象風景を延々と見せられる」ことには変わりありませんし、お馴染みのフェデリコ・フェリーニへのオマージュも所々に見受けられますけど、今回のソレンティーノは「老い」の現実を容赦なく描写することに注力しています。邦題は華々しい人生の締めくくりみたいなものを連想させますけど、人生に「グランドフィ...
  • ほぼ1日1本sayzinさんのプロフィール
TAIHEIさん
  • インドの医科大学でも学祭がある。怪しい射撃に出店のご飯♪
  • ると、別れもお祭りのようだ』〜ゲーテ〜 『僕の義務は猛烈に楽しむことだ』〜オスカーワイルド〜 『とにかく!新しい毎日なんだ』〜ヘミングウェイ〜 『人生は祭りだ、一緒に楽しもう』〜フェデリコ・フェリーニ〜 にほんブログ村↑1日1回押して下さいましたら、このブログを書く元気になります^^読んで下さってありがとうございました^^...
  • 太平ブログ 〜最高のトイレの落書き〜TAIHEIさんのプロフィール
万葉樹(よろずは いつき)さん
  • 映画「エレファント・マン」
  • 。檻のなかに監禁されたジョンを逃してやったのは、社会から孤立し虐げられた扱いを受けた仲間意識から、彼にだけは運を開いてもらいたいという熱い想いだったのです。不遇な芸人同士が気持ちを通わせるというのが、フェデリコ・フェリーニの名作「道」をしのばせます。何らかのハンディキャップを背負った者が自己の傷口をさらけだしながら、それでも前向きな生活力をアピールするような本や映像作品は多いもの。しかし、そういう弱者に健常者は安っぽい...
  • 陽出る処の書紀万葉樹(よろずは いつき)さんのプロフィール
irucaさん
  • 名画はたのし〜!「道」監督:フェデリコ・フェリーニ〜無償の愛のものがたり
  • 道 粗暴な振る舞いで苦しめる夫に逆らわず無償の愛を注ぎ続ける妻、ジェルソミーナ。史上最大の影響力を持つ監督、フェデリコ・フェリーニが脚色まで手がけた代表作をトールケース仕様でDVD化。 制作国:イタリア出演:ジュリエッタ・マシーナ/アンソニー・クイン/リチャード・ベイスハート監督:フェデリコ・フェリーニ音楽:ニーノ・ロータ原作:...
  • イルカのさんぽ〜何かな何なのかなirucaさんのプロフィール
rabiさん
  • 道/LA STRADA
  • 【ストーリー】 こんな小石でも、なにかの役に立ってるんだよ。アカデミー最優秀、外国映画賞に輝くフェデリコ・フェリーニ監督の最高傑作と言われるドラマ。フェリーニ最愛の妻ジュリエッタ・マシーナとアンソニー・クインの観る者を惹 […]...
  • 無料ホームシアターrabiさんのプロフィール
cinemavideoさん
  • 道/LA STRADA
  • 巨匠、フェデリコ・フェリーニ監督、「ノートルダムのせむし男」のアンソニー・クインとフェリーニ監督夫人のジュリエッタ・マシーナ主演による、旅回りの道化師と一人の女をめぐって人生の哀歓をつく名作ドラマ。1954年ヴェニス国際映画祭サ...
  • 映画の無料動画で夢心地cinemavideoさんのプロフィール
まってぃーさん
  • え〜とっ。プロフィール編集しました。
  • 。あっ。この映画はとにかく長いから見るときは気を付けて下さい。影響受けた人物の西部邁さんはyoutubeで検索すると西部邁さんのtokyo mxでの番組が出てくると思いますので、そちらをご覧ください。フェデリコ・フェリーニはイタリアの映画監督です。ハリウッド映画の敵ありきの作風ではなく。人間そのものを映し出そうとしているというか時には客観的に、時には主観的に。それによって見る人の人生を肯定してくれているというか・・・ま...
  • 三畳の夢まってぃーさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

フェデリコ・フェリーニについて