システィーナ礼拝堂

システィーナ礼拝堂についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [システィーナ礼拝堂] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

システィーナ礼拝堂を含むブログ記事

六文錢の部屋へようこそ!さん
  • ダヴィンチ×ミケランジェロ&ジム・ジャームッシュ
  • 跡であることを知ることが出来る。 ここに載せた写真は、ほとんど会場で観られるものである。人間の筋肉や馬の肢体の観察、情景の構想などなど、それぞれがその詳細を極めようとする努力にほかならない。バチカンのシスティーナ礼拝堂で十数年前に観たミケランジェロの天井画や祭壇背後の「最後の審判」などという大作も、その各部分ごとの詳細な下絵や習作があってのものだったことを改めて知った。 最後に載せた大理石の彫刻は、会場のなかで唯一...
  • 六文錢の部屋へようこそ!六文錢の部屋へようこそ!さんのプロフィール
Y's officeさん
  • たまに無性に見たくなる・・・『原寸美術館』
  • 、大きすぎて、画面全体が一望できない感覚だったんですよね。それに、見ているようで、見ていなかった部分が多々あったことも、この画集で気付きます。だって、ナポレオンの足もとなんて、記憶にあります?他にも、システィーナ礼拝堂の天井画にある「アダムの創造」も掲載されていますが、ご存じの通り、天井は遠いですからね。この画集で実寸を見ると、手だけでこんなに大きかったのかと驚かされますよ。この画集は、実物を見たことのある絵画だと...
  • 読みもの、観るもの、手仕事、時々ひとりごとY's officeさんのプロフィール
むぎおさん
  • 淡路&四国キャンプ ?
  • スで送迎してくれます。山の上にあるため入館してから長いエスカレーターに乗りますよ。エスカレーターを上がったところがB3フロアです。B3〜2Fまで5階建ての建物になります。広いですよ。入ったらすぐ・・・システィーナ礼拝堂天井画!圧巻ですよ。でれもほぼ実物大とのことでまるでほんとの拝堂にいるようです。※スクロヴェーニ礼拝堂フェルメール作「真珠の首飾りの少女」です。有名ですね。これは・・・なんだ?あの有名なモナリザだって...
  • そうだ、ハイエースで行こう! mugio brogむぎおさんのプロフィール
lilas blancさん
  • 歴史の香り…
  • ローマに来ています…20代の時にヨーロッパに行って以来、いつかはまた…と思っていましたが今回、色々なタイミングが重なって、ローマへの旅行が決まりました??初日はヴァチカン美術館、サン・ピエトロ大聖堂、システィーナ礼拝堂などなど…これだけの数の絵画や彫刻が残されていて今、私達が目にすることができるなんて…ただただ目を奪われて、その歴史の重み、長さ、作品にまつわるエピソードに耳を傾け、時代を遡っていくかのような不思議な...
  • 浜松 グルーデコ リボンワーク Atelier Lilas Blanclilas blancさんのプロフィール
椎由レイラさん
  • 【マイルで世界一周】 サン・ピエトロ大聖堂とバチカン美術館館 ベルニーニミステリー
  • ーロでネット予約することができます。入館までに長蛇の列ができるときがあるので、日時が決まっていれば予約がおすすめです。■注意事項博物館も服装チェックがあるので、肩やひざが出ていない服装で行きましょう。システィーナ礼拝堂は、撮影禁止です。バチカン美術館入場予約時に届いたバウチャーを持参して、カウンターでチケットと交換します。事前情報では、オーディオガイドを借りるときに「身分証明書」を預ける必要があるとのことだったので...
  • わんこも貯めてる ANAマイル椎由レイラさんのプロフィール
こもれびさん
  • おいしいぃぃぃ〜と叫ぶムンクのどら焼きセット@鳴門市
  • ファエロ、ミケランジェロ、ダヴィンチ・・・・本物なら絶対できないわ。この辺になると見知った絵ばかりでもっと丁寧に見たかったけど時間がない・・・ 嬉しいのは広くて人が少なくてゆっくり見れること。    システィーナ礼拝堂を上から見れる。やっと地下1階へ上がったらここで閉館のお知らせが放送され、あと少ししか時間がない。   最後はかけ足でした。地下1階は見れなかったのでもう一度来たい気がしましたが、3100円って高すぎ...
  • こもれびの日記こもれびさんのプロフィール
macaronさん
  • イタリアローマ紀行?
  • すぐ近くにだったので買い物にもとても便利でした。2日目は、朝から1日ローマ観光。カトリックの総本山と言われるバチカン市国、トレビの泉、コロッセオなど超有名な観光地巡り。中でもやはり、バチカン市国にあるシスティーナ礼拝堂はガイドブックで見ていたよりもずっと素晴らしく、天井の壁画は、聖書に書かれている創世記の話と1つ1つ照らし合わせて、見ることが出来本当に感動でした。私たちは、ツァーだったので並ぶことなく、すぐに入るこ...
  • パンでおしゃべり&アイシングクッキー2macaronさんのプロフィール
☆ Rilla ☆さん
  • 大塚美術館で、今まで見なかった新しい作品たちに遭遇
  • 、オランジェリー、マルモッタン、ギュスターヴ・モロー美術館スペインのプラド、ピカソ美術館の他にピカゾのゲルニカがあるソフィア王妃芸術センターイタリアのウフィツィ美術館等々・・・ダヴィンチの最後の晩餐やシスティーナ礼拝堂は私はどちらも修復中で見られなかったのですが、彼女は、ご主人と行かれた時に見ているのです。楽しかった旅行を思い出しながら、昔の友人(名画)に再開したような、素晴らしい気分を味わいました(*^_^*)ヴ...
  • Garden 東の谷☆ Rilla ☆さんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 2878 LIXILギャラリー GALLERY3(中央区京橋3−6):星野暁展
  • に荒々しいテクスチャーの大壷が置かれ、周囲の壁には無数の陶片が貼り付けられ、左右の壁から伸びた触手が正面壁の中心で、接しようとしています。この二つのパワーの先端が触れそうで触れない関係は、突飛ですが、システィーナ礼拝堂の天井画の一部、ミケランジェロの「アダムの創造」を思い起こさせます。それらの状況に囲われ、しばし圧倒されます。ポイントは二つあるようです。一つ目は、構成パーツの約 1000 個の黒陶の陶片には、指や掌...
  • 画廊めぐりノート紋谷幹男さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

システィーナ礼拝堂について