システィーナ礼拝堂

システィーナ礼拝堂についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [システィーナ礼拝堂] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

システィーナ礼拝堂を含むブログ記事

タケさんさん
  • ジャック・アルカデルト
  • サンスのフランドル学派。ジャック・アルカデルト(Jacque Arcadelt 1504-1568)、生い立ちは、ほとんどわからないが、少なくとも、30代半ばまでは、ローマにいたと思われる。 その後、システィーナ礼拝堂に移り、楽長にも就任、この頃に、マドリガーレ集を4巻出版。 1553年ごろ、パリに移住し余生を過ごすが、この頃に、おびただしい数のシャンソンを作曲。 最後は、ロレーヌ枢機卿シャルル・ド・ギースの楽長に...
  • タケさんのブログタケさんさんのプロフィール
ローマの松さん
  • 現代アートとバーゲンセール
  • をしている男性の写真。それが連続して並べられている。これはただの白いキャンパス。アーティストは何も苦労して制作してない。この作品の裏に何の意味があるのかわからないけど、ミケランジェロが死ぬ思いをして、システィーナ礼拝堂のフレスコ画を描いたことを思うと、こんな作品はちょっと、アートを冒涜 しているような気もしないでもない。カラヴァッジョの絵は見るものに 凄いインパクトと感動 を与える。そんなことを考えたら、コンテンポ...
  • ローマの松の木の下でローマの松さんのプロフィール
ほしのきらり。さん
  • ヴァチカン美術館 完璧な観覧計画 ピウス5世の間 Appartamento di San Pio V
  • ヴァチカンを大急ぎで観る時も、ゆったり鑑賞する時も・・・必ず通るお部屋です♪【世界遺産】ヴァチカン美術館2階の回廊を進み「ピウス5世の間」までやって来ましたよ「ラファエッロの間」と「システィーナ礼拝堂」への通路みたいに足早に通り過ぎて、全く印象に残らないお部屋アパルタメント・ディ・サン・ピオ・クイントMusei Vaticani Appartamento di San Pio Vきらりのわがまま『...
  • きらりの旅日記・・・・PART3ほしのきらり。さんのプロフィール
パパぱふぅさん
くまこさん
  • 2018年もブログスタート
  • 少しでも踏み外すとサスペンスになってしまいますよ。。数日後、友達と言った大塚国際美術館。全てレプリカでできている美術館。でも、ここのは徹底的にこだわってて、レプリカだけど、一見の価値ありな作りでした。システィーナ礼拝堂↓完全再現らしいです。天井の高さ、息をのみます。他にも名画が溢れるほどにあり、朝の10時から入り、結局閉館間近までいたのでした。すごく面白かったです。この美術館、家の近くにもしあったら、そして年パスが...
  • くまこの刺繍と多肉日記くまこさんのプロフィール
Annaさん
  • バチカン美術館で迷子。
  • ループはきっとまだやな。おっちゃんのグループより進むの遅かったしな。よし、もうちょい待とう。待つ、待つ、待つ、あかん、こないな。。バチカン美術館の警備のおっちゃんも心配してくれ、「この先は最後の見所のシスティーナ礼拝堂がある。一旦見に行ってみたら?いなかったら、またここに戻ってきていいよ。」と言ってくれた。よし、降りるか。。不安な気持ちで階段を降り、小さな入り口をくぐるとそこはシスティーナ礼拝堂。ミケランジェロ作の...
  • ドイツ 田舎生活☆のんびりいこか〜Annaさんのプロフィール
Annaさん
  • バチカン美術館で迷子。
  • ループはきっとまだやな。おっちゃんのグループより進むの遅かったしな。よし、もうちょい待とう。待つ、待つ、待つ、あかん、こないな。。バチカン美術館の警備のおっちゃんも心配してくれ、「この先は最後の見所のシスティーナ礼拝堂がある。一旦見に行ってみたら?いなかったら、またここに戻ってきていいよ。」と言ってくれた。よし、降りるか。。不安な気持ちで階段を降り、小さな入り口をくぐるとそこはシスティーナ礼拝堂。ミケランジェロ作の...
  • ドイツ 田舎生活☆のんびりいこか〜Annaさんのプロフィール
ひみこさん
  • 迎賓館赤坂離宮?
  • た地獄篇はキリスト教新約聖書外典である「ペトロの黙示録」で語られている世界観を踏襲している。数々の芸術作品に『神曲』のイメージが多用された。ミケランジェロは、『神曲』地獄篇に霊感を得て、ヴァティカンのシスティーナ礼拝堂に、大作「最後の審判」の地獄風景を描いている。オーギュスト・ロダンの有名な彫刻「考える人」も、そもそもは地獄篇第三歌より着想された「地獄の門」を構成する群像の一人(恐らくはダンテ自身)として作られたも...
  • ☆sweet home☆ひみこさんのプロフィール
らんらんさん
  • 2017年の振り返り!
  • ぁ。笑アフタヌーンティーにもいっぱい行ったなぁ。これはハルカスのマリオット都ホテル。ホテルのアフタヌーンティーでのんびり過ごすの最高やわ。。行きたかった大塚美術館!!ついにいけた!!また行きたい!!!システィーナ礼拝堂にもいきたい…ふるふわっと飲む会は気楽で楽しくてだいすき。頂鯛、わっしょいわっしょいってたのしいお店やったなぁ〜佐用町のひまわり畑!すんごい綺麗やった!!奈良の灯火会今年は季節ごとの風物詩をいろいろ楽...
  • らんらんらんちと甘いもんらんらんさんのプロフィール
JPさん
  • 【旅行記】ANAファーストクラスで行ったヨーロッパ旅行の全て!
  • ことができて、紛れもなく絶景です。ヴァチカン市国ではヴァチカン美術館もすごく人気ですよね。傑作が多すぎてどこまで写真に撮ったらいいのか全くわかりませんでした。(笑)ヴァチカン美術館で唯一写真NGなのはシスティーナ礼拝堂の壁一面にびっしりと描かれたミケランジェロの「最後の審判」ですが、これはもう圧巻でした。ミュンヘンではリモワとソーセージとビール!www.ana-mile-first.comローマからミュンヘンへもル...
  • ANA特典航空券でファーストクラスに乗りたい!JPさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

システィーナ礼拝堂について