山本周五郎賞

山本周五郎賞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [山本周五郎賞] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

山本周五郎賞を含むブログ記事

美結さん
  • 2018年2月に読んだ本
  • るSETの三宅裕司などがレギュラーだった。「悔しいけれど、おまえに夢中に」と音楽が脳内再生する個性的なキャラクターがいい 。著者のアルコ&ピースへのラジオ愛が「あとがき」からもひしひしと伝わってくる。山本周五郎賞受賞。■その痛みやめまい、お天気のせいです――自分で自律神経を整えて治すカンタン解消法 (廣済堂健康人新書) 若林理砂20代ぐらいまで、台風が来ると映画『台風クラブ』みたいにハイテンションになっていた...
  • GREENFIELDS美結さんのプロフィール
右手さん
  • ZOO 2 /乙一
  • ばる、2001年2月号落ちる飛行機の中で 単行本書き下ろしむかし夕日の公園で ダ・ヴィンチ、2001年12月号??・刊行情報ZOO 2(集英社文庫)2006年5月25日??・受賞歴、ランキング第17回山本周五郎賞候補?浅田次郎△??「彼ら先人に共通している点は、「面白い話」の背骨である哲学ないし美学の存在である。私にはそのあたりの骨量が、この作品にはどれも不足しているように思えた。」北村薫△??「当然のことな...
  • 本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ右手さんのプロフィール
the salarymanさん
  • 楽園のカンヴァス/原田マハ
  • 」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは―。山本周五郎賞受賞作。(新潮文庫 内容紹介)始まり方は、美術館の監視員を務めるシングルマザー、早川織絵の退屈そうな日々を綴った、淡々としたものです。しかし、その織江に、ニューヨーク近代美術館のチーフ・キュレーター、...
  • サラリーマンの読書エッセイthe salarymanさんのプロフィール
マグさん
  • 待った甲斐のあるブレイク作品(「ナイルパーチの女子会」 柚木麻子)
  • 、そこの住むほかの魚を全て食いつくしてしまう凶暴な魚。 フィレオフィッシュとかはほぼこの魚だった時期があります。 以前観たドキュメンタリー(ダーウィンの悪夢)で衝撃を受けたのを思い出します。 第28回山本周五郎賞受賞作品。 何時か絶対ブレイクすると信じて追ってきた柚木作品。 遂に来ましたよ! この作品で! 主人公は二人のアラサー女性。 一人は丸の内の大手商社に勤めるやり手のキャリアウーマン。 仕事も完璧で美人...
  • 豊橋・三河で日本酒と言えば「天に月、地に山」マグさんのプロフィール
ルパン座3さん
  • 嵐二宮主演のTBS日曜劇場「ブラックぺアン」のすべらない感がすごい
  • 2007年の小説「ブラックペアン1988」が原作です。バブル三部作としてかかれたシリーズの一作目なので、今回のブラックペアンがうまくいけば、続編&映画化も容易にできる可能性を秘めた対策です。2008年山本周五郎賞候補作でした。ちなみに今野敏の「隠蔽捜査2」が受賞し、その後同じTBSでドラマ化もされました。古田新太、杉本哲太ダブル主演でかっこよかったやつです。??スタッフ脚本 丑尾健太郎今回と同じくTBS日曜劇...
  • 節約系ミニマリスト0.5ルパン座3さんのプロフィール
osudameさん
  • 生きるぼくら:原田マハの感想
  • るぼくらいじめを受け、ひきこもりだった麻生人生。蓼科でひとりぐらしを続ける人生の祖母、中村真麻。対人恐怖症の中村つぼみ。田んぼから三人は前をむいて歩み始めた―。収穫のとき、それぞれの心に温もりが実る。山本周五郎賞作家が描く感動の成長小説。 (「BOOK」データベースより)情報提供著者情報をwikiで調べるこの小説をGoogleで調べるこのミステリに興味がある人は、以下のミステリも見ています。S 8.08pt...
  • オスダメ!?ミステリー小説osudameさんのプロフィール
キキさん
  • 『明るい夜に出かけて』(菅田将暉ANN 第52回 内で放送)
  • 、『明るい夜に出かけて』。原作は、2013年4月〜2016年3月に放送されていた『アルコ&ピースのオールナイトニッポン』(実在していた番組)のリスナー達(登場人物たちは架空)を描いた同名の青春小説で、山本周五郎賞を受賞している。(読んでないけど。)後で気付いたけど、佐藤多佳子さんは、『イグアナくんのおじゃまな毎日』の作者でもあった。(読んだことある。)脚本・演出の北阪昌人さんと勝島康一さんは、『あ、安部礼司』...
  • キキ紀行キキさんのプロフィール
れごらすさん
  • 明日の記憶[2005]
  • 吹石一恵、水川あさみ、袴田吉彦、市川勇、松村邦洋、MCU、遠藤憲一、木野花、木梨憲武、及川光博、渡辺えり子、香川照之、大滝秀治、田辺誠一 他 2006年5月13日公開の映画:明日の記憶 解説:第18回山本周五郎賞を受賞した荻原浩の同名長編を原作に、『トリック』や『ケイゾク』の堤幸彦監督が映画化した人間ドラマ。若年性アルツハイマー病に侵された男と、ともに喪失を乗り越えようとする妻の夫婦の情愛をたおやかに描く。互...
  • THE映画動画!れごらすさんのプロフィール

山本周五郎賞を含むトラコミュ

小説家、森見登美彦
  • 小説家、森見登美彦
  • 森見登美彦の読書感想、書評、レビューを語ろう!山本周五郎賞受賞・大学読書人大賞受賞一般文芸小説・ライトノベル作品ドラマ化アニメ化映画化などの映像化・その他、森見...
  • トラックバック数:138 TB参加メンバー数:22人カテゴリー:小説ブログ
越境文学
  • 越境文学
  • デビューしたジャンルや普段とは異なる分野で執筆された小説家の作品の感想・書評をどうぞ。例)ライトノベル作家から、芥川賞、直木賞、三島賞、山本周五郎賞などの文学賞...
  • トラックバック数:23 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ
山本賞受賞歴代作品を語ろう!候補作もアリ
  • 山本賞受賞歴代作品を語ろう!候補作もアリ
  • 山本周五郎賞受賞した作品やその作家の他作品の感想など、山本周五郎賞に関係することなら、なんでもアリ。候補になった作家、次に受賞するのはこの人だ!というものも是非...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:本ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

山本周五郎賞について