分子量

分子量についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [分子量] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

分子量を含むブログ記事

なおさん
  • ヒアルロン酸で体の中からキレイ
  • ヒアルロン酸を配合した化粧品、たくさん発売されてますよね〜 でも、摂取して、体の中からキレイになる、というのも良いかもしれません。ヒアルロン酸は、高い保湿効果がある一方、分子量が大きいため、そのまま塗布してもお肌の内部に浸透しにくい、という特徴があります。そのため、分子を小さくして浸透力を高めた低分子ヒアルロン酸配合の化粧品も発売されていますが、低分子にすると、保水効果が短...
  • なおの美容と健康+なんでも有りなおさんのプロフィール
理系博士コンサルタントさん
  • 原料の定性分析(基原の確認)と同一性試験
  • が困難なもの前者のものは、HPLCによる定量分析が良い例で、定量分析と同時に定性分析(基原の確認)ができるケースなどが代表例だと思います。例えば、基原の確認にポリフェノールのパターンを用いるケースや、分子量の幅を用いているケースなどです。後者は、遺伝子解析や特殊なHPLCなど特殊な分析で定性分析が行われているケースです。原料を毎ロット管理することは難しいでしょう。まして、原料納入の段階でのOEM会社によ...
  • 健康食品ビジネスで売れる商品戦略と販売戦略理系博士コンサルタントさんのプロフィール
NEO nailsalonさん
  • SpaLuce (スパルーチェ) 門真市のネイルサロン ネオ
  • ありたいと思います。巻き爪など、トラブルネイルで困っていらっしゃる方の駆け込み寺の様に、頼っていただけるネイルサロンでいられるよう、さらなる勉強、技術を習得していきたいと思います。保湿効果の高い成分と分子量にこだわった、上質な仕上がり。爪とお肌にマイルドな弱酸性シリーズ。ワンランク上のスパをご提案する為のコースです。SpaLuceベーシックコース ハンドスパ / フットスパ件名にご希望のコース名を入...
  • 門真市の完全個室大人のネイルサロン NEO(ネオ)NEO nailsalonさんのプロフィール
Sarahさん
  • [末期がんにならない健康維持の秘訣]95:よい健康食品の条件とは
  • に働くのかということが明らかにされていることです。 ※ 健康食品とひと言でいっても、自然界に存在する原料(植物やキノコなど)を使って作られている一般的なサプリメントと、バイオ技術によって純度を高めたり分子量を小さくしたりの加工がされ、ある特定の機能(免疫力強化作用など)を持たせた機能性素材が存在します。身体全体を「元気にする」ような場合は一般的なサプリメント、末期がん治療などに使用する場合には薬品に近い...
  • 末期癌から奇跡の生還-4カ月で克服した父の記録Sarahさんのプロフィール
塗装技術の門の中の人さん
  • 熱可塑性粉体塗料?
  • 93%E5%A1%97%E6%96%99%E2%91%A0熱可塑性粉体塗料? 粉体塗料として最も古くから流動浸漬用として使われてきたものになります。樹脂としては塩化ビニル、ポリエチレン、ナイロンなど高分子量のものが用いられ、加熱によって溶融し、架橋反応することなく皮膜を形成します。したがって、焼付け反応時間の必要はなく、短時間の加熱で済みます。 反面、高温が必要であり、金属面との付着性については、接着プ...
  • 塗装技術の門塗装技術の門の中の人さんのプロフィール
塗装技術の門の中の人さん
  • 粉体塗料の種類と特徴
  • B9%E5%BE%B4粉体塗料の種類と特徴 粉体塗料の種類には熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂を基材にしたものとに大別することができます。両者の特徴を比較したものを下の表に示します。熱可塑性樹脂熱硬化性樹脂分子量分子量分子量微粒子微粒子化が困難微粒子化が可能溶融温度高い低い薄膜塗装困難50ミクロン前後の塗装が可能塗膜性状柔軟性硬い耐化学薬品性優れている良いプライマーの必要性必要性あり必ずしも必要ではない塗...
  • 塗装技術の門塗装技術の門の中の人さんのプロフィール
なおさん
  • 低分子ヒアルロン酸でうるおいアップ
  • ヒアルロン酸は高い保水力があることが分かっている一方、吸収されにくく、そのままではなかなか体内に浸透していかないと言われています。吸収されにくい原因は、その分子量の大きさにあります。通常のヒアルロン酸の分子量は100万〜800万ほどです。それに対して人間の皮膚は、分子量が3000程度。だから、皮膚に対して、分子がすごく大きいため、中に入りにくいのです。ヒアルロ...
  • なおの美容と健康+なんでも有りなおさんのプロフィール
塗装技術の門の中の人さん
  • 粉体塗料の概要と一般的特徴
  • 長を次に示します。 (1)塗料中に溶剤を含んでいない無溶剤のため、溶剤による中毒、火災などの危険性がなく、大気汚染もなく、塗料成分が100%塗膜になります。 (2)従来溶剤型塗料としては使えなかった高分子量の樹脂が使用可能となり、高度の塗膜性能が得られます。 (3)溶剤型塗料で起こりやすいたれ、たまり、流れなどの欠陥が起こりにくく、一回で厚膜塗膜が得られます。 (4)粘度調整の必要なく一回塗りで必要膜厚...
  • 塗装技術の門塗装技術の門の中の人さんのプロフィール
塗装技術の門の中の人さん
  • NAD塗料の特徴
  • 形成助要素は有機溶剤で、塗膜形成主要素である樹脂は分散粒子として有機溶剤中に分散しているため、一般溶剤型塗料にない特徴を有しています。 (1)粒子ポリマーの性質が系全体の粘度にあまり寄与しないので、高分子量の粒子ポリマーを比較的少量の溶剤で塗装可能とする粘度とすることができます。したがって、樹脂の高分子量化による塗膜性能の向上と、高不揮発分化が可能です。 (2)塗料の粘度は高不揮発分にも拘わらず低粘度で...
  • 塗装技術の門塗装技術の門の中の人さんのプロフィール
塗装技術の門の中の人さん
  • 非水系ディスパーションの安定化の原理と重合の方法
  • 立体的反発層の厚みについて、12-ヒドロキシステアリン酸オリゴマー誘導体のポリメタクリル酸メチルグラフト化合物の場合約130Åの値を確認しています。また、12-ヒドロキシステアリン酸の縮合ポリマー鎖の分子量から推定した鎖長とほぼ一致することから、安定分散粒子の表面の反発層中の溶媒和ポリマー鎖は、ほぼ完全に伸びきった形で存在していることを推定しています。▽非水系ディスパーション重合の方法 非水系溶媒(炭化...
  • 塗装技術の門塗装技術の門の中の人さんのプロフィール

分子量を含むトラコミュ

原油
  • 原油
  • 原油(げんゆ、Crude oil)は油田から採掘したままの状態で、精製されていない石油をいう。採掘後、ガス、水分、異物などを大まかに除去したものが原油である。黒くて粘り...
  • トラックバック数:10 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:科学ブログ

分子量を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 化学はお嫌いですか?レス: 0/28(55件)受験ブログ
  • 電力技術や数学は好きなのに、化学は嫌い…(泣)化学反応式のルールが分からない原子量、分子量、物質量など憶えることが多いそもそも元素の周期表が憶えられない価電子の配置のルールが意味不明...

にほんブログ村

>

キーワード

>

分子量について