歌川国芳

歌川国芳についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [歌川国芳] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

歌川国芳を含むブログ記事

ねぷた絵(弘前・津軽)の話            川村 岩山さん
  • 弘前ねぷた絵199 壽一和尚のねぷた その5
  • 前ねぷたまつりから壽一和尚が描いた2台をチョイスしました。1台目は、弘前市樹木の花和尚です。昭和57年弘前市樹木 花和尚奮戦図  弘前市長賞 壽一和尚画花和尚の絵としては珍しく、北斎派ではない歌川派の歌川国芳の絵を元にしています。参考までに国芳の花和尚の絵をご覧ください。この絵は、先般弘前市博物館で開催された国芳展で実物をご覧になった方もおいでだと思います。テレビでも現代によみがえった国芳の絵としてクロー...
  • ねぷた絵(弘前・津軽)の話 川村 岩山ねぷた絵(弘前・津軽)の話            川村 岩山さんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 歌川国芳いきものとばけもの
  • 歌川国芳いきものとばけもの歌川 国芳 稲垣 進一 悳 俊彦予約数: 0予想待ち時間: 1週程度図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】鬼才が描く可笑し可愛い動物たちと、恐ろしくもキュ...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
猫又いちさん
  • イメージにぴったりのはんこで嬉しいのです!
  • です! ご希望のサイズに調整し 月の余白部分にショップ名をお入れ致しました。 ショップ名は愛猫の「琥珀ちゃん」からお付けになったそうです? 琥珀ちゃんはイケメンで美しい猫様ですよ〜〜 この猫さん、歌川国芳の口上を述べる猫を 参考にしたものです。 猫の顔が自分の絵になってしまい 国芳の猫とは程遠くなっております。 でも可愛いくてとても気に入っているはんこのひとつです。 ショップ名をお入れするとまた一段...
  • はちたま堂のかわらばん猫又いちさんのプロフィール
favyさん
  • 豚骨魚介スープと大判角煮で満足度がヤバイ『麺屋武蔵 浜松町店』オリジナル「武蔵つけ麺」を食べてきた!
  • んでもらう”工夫は、インテリアにも現れています。二刀流の宮本武蔵と戦う鎖鎌の宍戸梅軒(ししどばいけん)などを描き出した装飾品などは、なんと一枚の板を掘り出して作られたという特注品。また宮本武蔵を描いた歌川国芳の絵画や、登場する武人や武具をモチーフにつくられたシャンデリアなど、見ているだけでワクワク!終わりに他の『武蔵』とはまた一味違ったメニューや店内空間が楽しめる『麺屋武蔵 浜松町店』。平日のお仕事の合間...
  • favyfavyさんのプロフィール
キースオジンQ日記さん
  • 熊野速玉大社と新宮城
  • t«那智大滝と南紀勝浦温泉 |トップ |このブログの人気記事那智大滝と南紀勝浦温泉熊野那智大社と清岸渡寺新舞子沖 キス・タコ知多沖の太刀魚碧南海釣り公園 ギマ釣り西尾市 平坂入江のハゼ釣り歌川国芳「水滸伝の世界」ザ・昭和エンカーズ幸田町 大草尋常笑楽校ヒマナシ??スターズ コンサート最近の画像[もっと見る]熊野速玉大社と新宮城4分前熊野速玉大社と新宮城4分前熊野速玉大社と新宮城4分前熊野速玉大...
  • キースオジンQ日記キースオジンQ日記さんのプロフィール
精神世界の鉄人さん
  • ライトセーバー
  • スカイツリー」は、間違いなく、「ライトセーバー」をイメージして建造されています。??これは、余談です。都市伝説でも有名な話ですが、江戸時代に、ある絵師が「スカイツリー」を描いていたと言われていますね。歌川国芳が描いた「東都三ツ又の図」ですね。「タイムトラベラーだったんじゃないか?」とか、いろいろ言われていますね。今風の表現だと、パラレルワールドを行き来していた存在だったかもしれません。?聖書の中では、キリ...
  • 精神世界の鉄人精神世界の鉄人さんのプロフィール
半谷範一の「オレは大したことない奴」日記さん
  • 練馬区立美術館で、 『芳年 ―激動の時代を生きた鬼才浮世絵師― 』 を観ました。
  • に余裕があったので練馬区立美術館に寄ることにしました。現在開催されている企画展はこちら、 『芳年 ―激動の時代を生きた鬼才浮世絵師― 』 です。月岡芳年は江戸末期〜明治初期に活躍した浮世絵師で、あの 歌川国芳 に師事していたとのこと。小林清親や 河鍋暁斎 等と共に、 “最後の浮世絵師” の一人として語られることも多いようです。リアルで凄惨な作品を残したことから、 “血みどろ絵” 、 “無残絵” の芳年とし...
  • 半谷範一の「オレは大したことない奴」日記半谷範一の「オレは大したことない奴」日記さんのプロフィール

歌川国芳を含むブログ村メンバー

  •  
ノリノリみわちゃんさん
龍和堂さん
  • 藍猫のブログ龍和堂さんのプロフィール
  • 工房レトロの作家・龍和堂です。吉祥猫画や妖怪猫画を描いています。
こぐれかなさん
  • 猫で猫を描くこぐれかなさんのプロフィール
  • 歌川国芳のように、猫で猫を描いています。まだ作品が少ないですが、描いていく過程もアップしていきます。

にほんブログ村

>

キーワード

>

歌川国芳について