北条義時

北条義時についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [北条義時] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

北条義時を含むブログ記事

kurouさん
  • 北条義時と覚園寺の戌神将の伝説
  • 二代執権北条義時は、戌神将の夢のお告げによって、大倉郷の南の山の麓に大倉薬師堂を建立します。そして、1218年(建保6年)12月2日、落成の供養が行われました。この大倉薬師堂が覚園寺の前身となります。義時は、日頃より...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
緒花芽@おかめさん
  • 群馬県 高崎市 【観音山? 慈眼院】通称高崎観音? 参拝・御朱印拝受
  • 寺院の統合廃寺がすすむなか、衰退しつつも慈眼院は昭和初期まで存在しておりました。高崎白衣大観音建立後、昭和16(1941)年に高野山より別格本山として高崎への移転が決まりました。創建は、鎌倉中期、執権北条義時の三男、相州極楽寺入道重時と伝えられます。(後略)■境内の様子有料駐車場内に大きな『 大観世音菩薩』の石碑がありましたなだらかな坂道の参道を進むと、右手に寺号標があります手水舎 高崎白衣大観音 御本尊...
  • 祈りの暮らし・御朱印紀行緒花芽@おかめさんのプロフィール
京都ふらりさん
  • 佐渡5、順徳天皇
  • が執権となって握りました。ところが東では幕府の権力が強かったものの、西では天皇も貴族もたくさんの荘園を持ち、権力を保っていました。お互いが衝突することも生じるようになり、1221年、後鳥羽上皇は執権・北条義時を討つ院宣を出します京都の周辺の木津や瀬田などで戦となりますが、関東から武士を集めた北条氏が勝利しました。そこで後鳥羽上皇は隠岐へ、その子である順徳天皇はこの佐渡へ流されました。順徳天皇がここへ来たの...
  • ふらり各駅停車、京都発京都ふらりさんのプロフィール
ヤッホーさん
  • 鏡渡橋から要害山
  • 目を向けなければなりません。 この上野原城址に最初に城を築いたのは、古郡氏とされます。 古郡氏は小野篁の系統で康治年間(1142〜1144)にこの地を支配したとされます。 そして建暦3年(1213)に北条義時と和田義盛の戦いで滅亡しています。 小野家も古い系統です。 ひょっとしたら、古代大和で伝承されていた神話を、彼らの系統が持ち込んだのかも知れません。 ただし、地図上で上野原城址と鏡渡橋の淵を見てみます...
  • 山歩クラブヤッホーさんのプロフィール
GANさん
  • 鎌倉、秋、薄曇り
  • 85 ?CANON?EOS6D Mark?+Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 白旗神社。?CANON?EOS6D Mark?+Carl Zeiss Planar T*1.4/50北条義時法華堂跡。ポツンと立つ白い鳥居が何とも良い味を出しています。?CANON?EOS6D Mark?+Carl Zeiss Planar T*1.4/50なんかこの鳥居をくぐったら異世界に行ってしまいそう...
  • precious junkGANさんのプロフィール
kaino-saraoさん
  • 好古会(2018-10月鎌倉史跡探訪)例会-1
  • へ宇都(津)宮辻子幕府跡 1225~1236(嘉禄元~嘉禎2)年若宮大路幕府跡 1236~1333(嘉禎2~元弘3)年源頼朝に仕えた武将畠山重忠邸跡 法華堂跡(源頼朝墓)大江広元・島津忠久・毛利季光・北条義時の墓所 <続く>『たのしい』 ジャンルのランキングコメントTweet«大江戸歴史散歩(2018-10-? (... |トップ |このブログの人気記事昭和の残影-27昭和の残影・路地・緑の館...
  • 野次馬オヤジの見てある記kaino-saraoさんのプロフィール
りせさん
  • 三千院門前通りと大原陵
  • 180- 1239)は高倉天皇の第4皇子で、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての天皇です。文武両道で、新古今和歌集の編纂でも知られます。 後鳥羽上皇は、鎌倉時代の承久3年(1221)、鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げました。しかし、この承久の乱で幕府の大軍に朝廷側が敗北して、上皇は隠岐に配流され、延応元年(1239)に同地で亡くなりました。(手水鉢があります。)隠岐の山中で火葬にされた後、遺...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

北条義時について