夫の死

夫の死についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [夫の死] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

夫の死を含むブログ記事

龍族さん
  • 40年ぶりの相続大改正で「損する人」が続出する!
  • ぶりに相続の法制度が大きく変わる。今年7月に民法改正がなされ、いよいよ'19年1月から、順次施行されるのだ。だが、今回の改正には落とし穴がたくさんある。「改正のポイントは配偶者、特に?妻?の保護です。夫の死後、妻は残された自宅に配偶者居住権を設定できますし、義父を介護した嫁にも貢献した分の請求権が認められます。しかし、いずれもメリット・デメリットはケースバイケースで、対応を誤れば、損する人が続出しそうな...
  • hotvoice龍族さんのプロフィール
迷亭さん
  • おらおらでひとりいぐも
  • 4歳の秋、東京オリンピックのファンファーレに押し出されるように、故郷を飛び出した桃子さん。身ひとつで上野駅に降り立ってから50年――住み込みのアルバイト、周造との出会いと結婚、二児の誕生と成長、そして夫の死。「この先一人でどやって暮らす。こまったぁどうすんべぇ」40年来住み慣れた都市近郊の新興住宅で、ひとり茶をすすり、ねずみの音に耳をすませるうちに、桃子さんの内から外から、声がジャズのセッションのように...
  • 下町じゅげむ迷亭さんのプロフィール
モモイロオオカミろーずさん
  • グラデジャケット進捗と夫を失った女の嘆きの真意
  • て狂気を齎されたアイアスが殺したのはギリシア勢でなく家畜だった。(゚д゚lll)ギャボ正気に戻ったアイアスは笑い者になるコトに耐えかねて自決・・・バタリ ゙〓■●゙ 妻のテクメッサにしてみれば夫の死はそれだけでも無念だろうが狡猾なオデュッセウスに陥れられた末の死は納得が行かなかっただろう テクメッサを想いながら聴けば悲愴感に加えて生半可ではなかった憤慨や憤怒にぞっとさせられるモノがあり曲の主題か...
  • 読書は興奮剤、編み物は精神安定剤、猫はどっちも!?モモイロオオカミろーずさんのプロフィール
ptkouさん
Poyonさん
  • スターファイター/未亡人製造機と呼ばれたF-104 ['15 独]
  • ばすと気候の変化などで異常を来すらしい。そして遂にはハリーまで殉職した事で、ベッティが行動に移る事になる。 ハリーとベッティの夫婦関係とか事故がどうとかは中盤以降に繋げる為の只の伏線に過ぎず、メインは夫の死亡事故を無駄にしたくはない妻たちの行動力。責任を問われたくない軍は、隠蔽工作などで必死になる。でもこういう所を見るとドイツ軍は戦争が終わってもやっている事はナチスと変わらないなと常々思う。現代もそうな...
  • Poyonの映画批評Poyonさんのプロフィール
Free-Style(フリースタイル)さん
  • 3級FP 過去問(2016年5月)
  • %増額。65歳からの年金を、5年繰下げて70歳から受給することで、増額率は最大42%。繰下げによる増額率=5年×12月×0.7%=42%問33 遺族厚生年金の中高齢寡婦加算の支給に係る妻の年齢要件は、夫の死亡の当時、子のない妻の場合、( )であることとされている。 1.40歳以上65歳未満    2.50歳以上70歳未満    3.60歳以上75歳未満正解は、1.40歳以上65歳未満夫死亡時に40歳以上...
  • ブログFree-Style(フリースタイル)Free-Style(フリースタイル)さんのプロフィール
ROさん
  • 晩婚男性は生命保険をどう見直せばいい?
  • の形態で異なりますが、夫が会社員で賃貸住まいのケースで目安額を見ておきましょう。●妻は仕事をしていて子どもはまだ(または、子どもを持つつもりはない)⇒シングル同士が一緒に暮らしているようなものなので、夫の死亡保障はなくてもかまいません。●子どもができたが妻は仕事を続ける⇒妻も仕事をしているので、子どもの養育・教育費の夫負担分として2000万円程度を20年〜25年カバーします。●妻は専業主婦になり、子ども...
  • サラリーマンの小遣い使い道ROさんのプロフィール
シネマニア2016さん
  • 声をかくす人
  • にかけられ、4人が絞首刑、3人が終身刑、1人が懲役6年の判決を言い渡された。絞首刑を言い渡された4人の中にメアリー・サラットという女性がいたことが世間を驚かせた。メアリーは南部で下宿屋を営んでいたが、夫の死後にワシントンに移り、また下宿屋をしていた。息子のジョンがブースと友人関係であったことからブースがサラット邸を足繁く訪れ、下宿していた仲間とリンカーン暗殺計画を練るアジトにしていたことが判ったためメア...
  • シネマニアの日記シネマニア2016さんのプロフィール
koikoijpさん
  • ペコロスの母に会いに行く
  • 概要(amazonより)長崎で生まれ育った団塊世代のサラリーマン・ゆういちは、ちいさな玉ねぎ「ペコロス」のようなハゲ頭を光らせながら、漫画を描いたり、音楽活動をしている。男やめものゆういちは、夫の死を契機にゆっくりと認知症を発症しはじめた母・みつえの面倒を見ていたが、やがて、症状が進行し迷子になったり、汚れたままの下着をタンスにしまったりするようになった彼女を、断腸の思いで介護施設に預けることに...
  • 動画大百科koikoijpさんのプロフィール
るぱんさん
  • 女性の「自分が入るお墓」意識調査 入りたい墓と実際に入る墓にギャップ(マネーポストWEB)
  • しょう? 出典元:あなたが入る予定のお墓は?(全国の女性947人に調査) 夫が亡くなった後、義理の親などの親族と縁を切るために「姻族関係終了届」を提出し、「死後離婚」を選択する人が増えている。夫の死後というより、自分の死後を見据えた「死後離婚」といえるのが、墓を別にするという選択だ。 【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのがちょっと【インチキくさい】感じがするのよねわたしが気にな...
  • るぱんの自由な生活達成法るぱんさんのプロフィール

夫の死を含むブログ村メンバー

  •  
あじさいさん
haco.さん
はるるさん
Fenixさん
Tororogirlさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

夫の死について