放水路

放水路についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [放水路] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

放水路を含むブログ記事

ytk*さん
  • アジング、雪代が入って条件は悪かったけれど何とか釣れました。
  • 昨日は五日ぶりに釣りに行ってきました。この日もパックロッドを持ってのアジングです。話によると前日迄は海水は澄んでいたらしいけれどこの日は関屋分水路という名の放水路から盛大に雪代が放水されていて、新潟市西海岸公園の海は一面白く濁っておりました。この雪代、果たしてその影響はというと、水温が低くなるからどちらかというとマイナスの側面が強く感じられました。日没前、周り...
  • Marvelous Act(仮)ytk*さんのプロフィール
pariさん
  • 東京が下水道を観光資源に=中国ネットでは日本の都市インフラを評価する声も
  • 水道施設を巡る見学コースは18年度中に策定し、旅行会社向けに「インフラツーリズム」として売り込み、見学施設の説明板には日英中韓の4言語で表記するという。観察者網は、「日本にはほかにも観光地化された地下放水路がある」とし、埼玉県にある「首都圏外郭放水路」について紹介。人民日報の報道を引用し、「日本は、洪水による被害を食い止めるため約2400億円をかけてこの巨大なトンネル河川を建設し、完成したその年、関連流...
  • 幸せ呼ぶ猫神の呟きpariさんのプロフィール
tsunokenさん
  • 東京周縁部を往く・ちょうマイナー柳瀬川史跡深訪
  • 東武東上線柳瀬川駅といえば志木駅のひとつ先なので、こりゃ「東京周縁」じゃないだろうと思われるところだが、流れている柳瀬川自体の水源は東京都瑞穂町で、この柳瀬駅の先で新河岸川と合流して、いずれそれは荒川放水路と一緒になるという点では、やっぱり柳瀬川も「東京周縁部」と言えるのではないか、ということで柳瀬川駅に降り立った。 柳瀬川駅の東口側はいかにも新しく都市計画で作られた街らしく、公園やマンションなどが規則...
  • tsunokenのブログtsunokenさんのプロフィール
ぐまっちさん
  • 藤棚の下で
  • たので、ライムちゃんと一緒にお買い物へ。途中でどこか、お散歩できればいいかな…なんて思っていたんだけど。 通りがかりに見かけた藤棚には、満開の藤の花。県道は、この藤棚を見下ろす形で登り坂になって、三郷放水路を渡るけど。脇道に曲がって、この藤棚を見に行くことに。こんなにきれいに咲いてるのに、誰もいないんだね…。ならば、ライムちゃんの記念撮影をば。お行儀のいいお座りで、なかなかでないの。ただ、残念なのは、横...
  • ライムとハナコと、ときどきカッパぐまっちさんのプロフィール
ヤッホーさん
  • 五色桜よ 平和の花よ
  • 家屋27万戸、被災者150万人、死者369名という明治期 最大の被害をもたらす洪水で荒川堤は消滅、翌1911(明治44)年より河川改修の大工事が始まり、 この時岩渕水門(これより隅田川とします)、荒川放水路(これがいまの荒川です)ができます。 完成は1930(昭和5)年で、この工事に青山士が絡んできて、この前の日曜日、岩渕水門と再会! ※ヤッホーくんのこのブログ、2013年06月08日付け日記「青山士」...
  • 山歩クラブヤッホーさんのプロフィール
cocotteさん
  • 千住本氷川神社 千住町宿北組西農道の鎮守であり千住七福神の大黒天を祀る
  • 西光院と共に氷川社として創建されたと伝えられている。江戸初期に現在地に千葉氏の一族であった。権の兵衛(小林氏)等、地主が土地奉納によって分社を建立した。明治43年隅田川の洪水を防ぐ為、千住町北側に荒川放水路構築、この用地に鎮座の氷川柱を分社に合祀す、別当寺の西光院は放水路南、隅田川添いに移築、共に現在に至る。旧社殿は日光東照宮造営に奉仕した大工が建立したと伝えられているが、棟札等は判明していない。本殿等...
  • 心のスタミナが減少している時こそ神社巡りで開運!cocotteさんのプロフィール
鶴間正二郎さん
  • ?大黒天?千住本氷川神社の御朱印と千寿七福神
  • 向に約1.2kmの場所に東武伊勢崎線に牛田駅があるので、恐らく当時はこのあたりに存在したと思われます。江戸時代になると千葉氏の一族を含む地主が土地を寄進したことから現在地に移転し、更に明治43年に荒川放水路建設工事に際して用地内にあった牛田氷川神社を合祀して現在に至っています。千住本氷川神社の御朱印御朱印所御朱印所は拝殿向かって右側の社務所でいただけます。初穂料300円御朱印こちらでは神社と千寿七福神の...
  • 酒と車と御朱印と鶴間正二郎さんのプロフィール
青空に花満開さん
  • 国史跡曹源寺にお参り(2018/04/16)
  • 」と呼ばれていました。岡山城の堀の代わりに、旭川を大きく曲げたことで川の流れが悪くなり、岡山城下はたびたび洪水に襲われました。 そこで岡山藩の陽明学者熊沢蕃山が、岡山城下を洪水から守るために、越流堤と放水路を組み合わせた「川除けの法」を考案し、その治水技術論の積極面を踏襲するとともに上道郡の水害防御と百間川下流の新田開発のため、後の岡山藩の郡代津田永忠が藩主 池田光政の命を受け、設計・施工したものです。...
  • 歩けるうちに歩いておこう、見ておこう♪青空に花満開さんのプロフィール
りょう123さん
ヤッホーさん
  • 江北の五色桜
  • す。 また、1912(明治45)年にワシントンポトマック河畔に送られた桜の苗木は、「江北五色桜」から接穂(つぎほ)がとられて生育されました。 1924(大正13)年には国の名所に指定されましたが、荒川放水路の建設、環境の悪化、戦中・戦後の荒廃を経て、「五色桜」は衰退しました。 1981(昭和56)年2月ナンシー・レーガン大統領夫人から送られた桜(レーガン桜)が舎人公園に植樹され、同年にはポトマック河畔か...
  • 山歩クラブヤッホーさんのプロフィール

放水路を含むブログ村メンバー

  •  
BBさん
林遊船さん
さる吉さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

放水路について