ルバング島

ルバング島についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ルバング島] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ルバング島を含むブログ記事

ままちゃんさん
  • 小野田さん
  • 小野田さんの書いた本をアマゾンで買った。29年間のフィリピン・ルバング島での回想記。夜の雨には注意で、毎晩15度ほどの傾斜地に寝ていたという。帰国して水平な布団では寝ずらかったという。エジプトの王様のベッドは傾斜しているのだそうな・・・。いつも思うのだが、四つ足動物は起き...
  • 気弱親父の喘息日記ままちゃんさんのプロフィール
目指せ! 標高1122メートルさん
  • NHK BS「小野田さんと、雪男を探した男〜鈴木紀夫の冒険と死〜」
  • した男〜鈴木紀夫の冒険と死〜」。再放送するのをたまたま見つけて録画した。どんなとり上げ方をしたのだろうかと興味津々でみた。再現ドラマと関係者へのインタビューで綴られた番組で、小野田元少尉がフィリピン・ルバング島から帰国した70年代の時代状況、時代の空気を表現することに腐心するとともに、家族や友人を出演させることで、鈴木紀夫という男の人柄や生き様を浮き彫りにしていた。誰からも愛され、また家族を愛し大切にしたナ...
  • 目指せ! 標高1122メートル目指せ! 標高1122メートルさんのプロフィール
3丁目のhiroさん
  • 語り継ぐ!
  • 田を連れ帰ったのはたったひとりの男、鈴木紀夫(当時24歳)でした。フラフラと海外を放浪していた紀夫は、たった一人ジャングルに乗り込み、小野田との接触に成功します。たった一人戦争を続ける小野田、なぜ彼はルバング島のジャングルに居たのか?1945年2月、アメリカ軍の攻撃を受けてルバング島は陥落、日本人部隊はほぼ壊滅します。8月15日の終戦後、投降を呼びかけるビラが撒かれて、わずかに残っていた日本兵41人が投降。...
  • 3丁目のhiroの日記帳3丁目のhiroさんのプロフィール
芦屋ガム之介さん
  • デパート屋上で阿修羅がタダで見れた時代。。。
  • 席巻するひとりのヒーローが現れる、、、遠くグアムのジャングルから百貨店へ。そう、横井庄一(『孤独に生きた28年 横井庄一さんグアム生活展』/八重洲大丸)、そして、小野田寛郎(『小野田寛郎さん生還記念 ルバング島の30年展』/渋谷東急)ですって。 これが大盛況で全国を巡回したんだそうな。裸の大将こと 山下清 も博物館展覧会が生み出したヒーローらしい。 まあ、しかし、ほぼオールタイムにわたって人気を博した百貨店...
  • ガムで絵を描く5秒前!!芦屋ガム之介さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ルバング島について