後北条

後北条についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [後北条] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

後北条を含むブログ記事

ぴぴ@相模国さん
  • 信玄が欲した星の谷の地とは
  • ますそんな甲陽軍鑑ですが新たに発見されたという末書において信玄の野望の一端として、天下を支配できるようになった際には、星の谷に拠点を構えたいと考えていたとされる話が紹介されました(その時点では敵国内=後北条氏領内にある土地)番組内では武田神社にある江戸時代に描かれた甲陽軍鑑攻戦地理図にも星谷が記されていることを紹介しています自分の現領地だけでなく今は他国である土地であっても信玄は情報収集を怠らず地形を調...
  • 戦国の足跡を求めてぴぴ@相模国さんのプロフィール
高鳥邦仁さん
  • 羽生市下新郷に“古墳”があった?
  • の地名について(ノート)クニ/夏の羽生にて ―小須賀の紫陽花―虹/夏の羽生にて ―小須賀の紫陽花―Unknown/そのお地蔵さまはなぜ“背”が高い? ―背高地蔵―クニ/羽生城主・広田直繁伝(13) ―後北条氏の武蔵国進攻―最新記事羽生市下新郷に“古墳”があった?本が出ます夏の終わりに幼子を“館林市立資料館”に連れて行くと?古本店で自著を見かけたら夏休み中の羽生にて“文豪ストレイドッグス”と“さいたま文学...
  • クニの部屋 −北武蔵の風土記−高鳥邦仁さんのプロフィール
安土桃太郎さん
  • 忍城にゆく ?其の弐:東門から時鐘へ
  • 門がありました。駐車場に到着です。ここに本丸跡に石碑もありました。道路沿いにも土塁がありました。最後にこの付近には石田堤や三成本陣跡があります。これらは、1590年の忍城の水攻め(豊臣方・石田三成vs後北条方・成田長親)の際の当時の状況に近い状態で残っています。この戦いで水攻めはされるものの、本丸付近だけ沈まず「忍の浮城」と呼ばれました。その後成田家臣が堤防を破壊し、その洪水によって豊臣方に被害を与える...
  • 廃城にゆく安土桃太郎さんのプロフィール
高鳥邦仁さん
  • 本が出ます
  • の地名について(ノート)クニ/夏の羽生にて ―小須賀の紫陽花―虹/夏の羽生にて ―小須賀の紫陽花―Unknown/そのお地蔵さまはなぜ“背”が高い? ―背高地蔵―クニ/羽生城主・広田直繁伝(13) ―後北条氏の武蔵国進攻―最新記事本が出ます夏の終わりに幼子を“館林市立資料館”に連れて行くと?古本店で自著を見かけたら夏休み中の羽生にて“文豪ストレイドッグス”と“さいたま文学館”がコラボした?トーハクで“縄...
  • クニの部屋 −北武蔵の風土記−高鳥邦仁さんのプロフィール
ダース・インベスターさん
  • 金山城
  • 新田義貞公を輩出した新田一族の岩松家純が築城し、その後は後北条氏の支配下に置かれ、豊臣秀吉による小田原征伐の際に落城し、廃城となった上野国(こうずけのくに)(現在の群馬県太田市)の金山城に登城して来たダース・インベスター卿でござる。いざ、登城 (?Д?) カッ!...
  • インベスター卿の粋ダース・インベスターさんのプロフィール
高鳥邦仁さん
  • 夏の終わりに
  • の地名について(ノート)クニ/夏の羽生にて ―小須賀の紫陽花―虹/夏の羽生にて ―小須賀の紫陽花―Unknown/そのお地蔵さまはなぜ“背”が高い? ―背高地蔵―クニ/羽生城主・広田直繁伝(13) ―後北条氏の武蔵国進攻―最新記事夏の終わりに幼子を“館林市立資料館”に連れて行くと?古本店で自著を見かけたら夏休み中の羽生にて“文豪ストレイドッグス”と“さいたま文学館”がコラボした?トーハクで“縄文土器先生...
  • クニの部屋 −北武蔵の風土記−高鳥邦仁さんのプロフィール
高鳥邦仁さん
  • 幼子を“館林市立資料館”に連れて行くと?
  • の地名について(ノート)クニ/夏の羽生にて ―小須賀の紫陽花―虹/夏の羽生にて ―小須賀の紫陽花―Unknown/そのお地蔵さまはなぜ“背”が高い? ―背高地蔵―クニ/羽生城主・広田直繁伝(13) ―後北条氏の武蔵国進攻―最新記事幼子を“館林市立資料館”に連れて行くと?古本店で自著を見かけたら夏休み中の羽生にて“文豪ストレイドッグス”と“さいたま文学館”がコラボした?トーハクで“縄文土器先生”と羽生の“...
  • クニの部屋 −北武蔵の風土記−高鳥邦仁さんのプロフィール
おおねさん
  • 小田原の老舗 「積善堂 平井書店」と「だるま料理店」
  • 本屋さん」の代表のようなお店のようです。自分自身も、小田原には浅からぬ縁がありますし、せっかくの来たので、郷土誌コーナーに平積みされていた「北条氏五代と小田原城」(山口 博著 吉川弘文館)を購入して、後北条氏について、読んでみようかと思います。Amazonで買ったり(皮肉にも、小田原にはAmazonの巨大な倉庫がある)。コンビニの取り置きという便利な手段もあり、書店全般が苦戦を強いられていますが、こうい...
  • 写真の記録おおねさんのプロフィール
yatagarasuさん
  • 城を学ぶ?〜馬出
  • の意にも用いられるようになったと考えられる。そして、戦国時代末期に城の虎口前の堡塁が作られた時に、「出馬=出撃」などの連想から、この施設名として馬出の語が採用されたと推測される。さらには、中世史料では後北条氏の文書に唯一馬出の語が出てくることから、後北条氏が命名した可能性がきわめて高いと推測できるとしている。また、城跡の遺構からも多数の馬出の分析を行い、共通項を以下の4点にまとめられている。 (1)主た...
  • 新宮ネットyatagarasuさんのプロフィール
心霊-都市伝説ナビ-さん
  • 【関東の恐怖体験】千葉県市川市国府台にある里見公園
  • ha。江戸川の流れを見下ろす高台にあるため、江戸川、東京東部の市街、富士山等山々の眺望に優れている。15世紀に、この地に太田道灌が仮陣を置き、弟の太田資忠らが国府台城を築いた。その後16世紀に里見氏・後北条氏の間で2度にわたる国府台合戦が戦われた。この公園では長い髪の女が包丁で切り刻まれていて川に捨てられたという事件があった。深夜閉店してる売店の公衆電話が鳴ったり、公園内のトイレから包丁を研ぐ音が聞こえ...
  • 心霊-都市伝説ナビ-心霊-都市伝説ナビ-さんのプロフィール

後北条を含むトラコミュ

徳川家康
  • 徳川家康
  • 安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦によ...
  • トラックバック数:381 TB参加メンバー数:62人カテゴリー:歴史ブログ
後北条氏
  • 後北条氏
  • 北条早雲から始まる、戦国時代の大名家
  • トラックバック数:170 TB参加メンバー数:21人カテゴリー:歴史ブログ
戦国北条!講演会・企画展・イベント
  • 戦国北条!講演会・企画展・イベント
  • 後北条ファンが喜ぶ企画展・講演会・ガイドツアー・イベントなどの、楽しいお知らせや参加レポートなどなどをお集めくだされ。
  • トラックバック数:56 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

後北条を含むブログ村メンバー

  •  
natchdesさん
shiro-natsuさん
武蔵守俊之さん

後北条を含むアンケート&掲示板

  •  
  • いちばん好きな城は?レス: 0/114(410件)歴史ブログ
  • 地元なので..歴史的には太田道灌から後北条氏、そして豊臣秀吉による関東征伐。現在は復元天主(中は資料館)、動物園、遊園地、二宮尊徳翁を祀る報徳...

にほんブログ村

>

キーワード

>

後北条について