後北条

後北条についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [後北条] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

後北条を含むブログ記事

えちこさん
  • 東京&埼玉 お城巡りの旅 5 −八王子城 前編−
  • ターに映ったり。(これも一通りピコピコ押した人) 八王子城は、午前中に行った滝山城を武田信玄に攻められたことをきっかけに、より堅牢な城を、と北条氏照が築いた城。(氏照は上の家系図で赤色になってます。)後北条氏の中では、最大の支城でした。ですが、1590年氏照が主力部隊を連れて不在にしている間、豊臣側の前田利家・上杉景勝軍に攻められわずか1日で落城。この落城がきっかけとなり、小田原城は開城。氏照は兄の氏政...
  • 史跡めぐり『プラスあるふぁ』ぷらっ旅えちこさんのプロフィール
マリコ・ポーロさん
  • 氏綱の鶴岡八幡宮再建と氏康の「大鳥居跡」
  • post-64df.html「新田義貞の鎌倉滅亡の日を歩く」http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-df71.html「鎌倉に訪ねる後北条ゆかりのヒロインの寺」http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-5cd4.html「里見へ走った公方の姫」http://maricop...
  • 風なうらみそ〜小田原北条見聞録マリコ・ポーロさんのプロフィール
ライバードさん
  • 鎌倉→戸塚宿てくてく歩き ? 【〜山ノ内〜成福寺】
  • じて北条早雲(伊勢新九郎)が伊豆・相模を乗っ取りどんどん勢力を拡大していきました北条早雲は「あの鎌倉時代の北条」とは縁もゆかりもない出自です後世、もともとの北条氏との混乱を避けるため早雲の興したものを後北条宇治と呼ばれています山内ら上杉の家中の人々はもとは西国の出身の癖に…と戦国の動乱の源のようになっている後北条の一族を悪く言いました西国の人間に東国のことの何が分かるか…後北条などを頼るべきではない…後...
  • This Is Lybird-Blogライバードさんのプロフィール
山城めぐりさん
  • 平尾城?
  • に武田氏が滅亡、当時駿河国の田中城に居た信蕃は城を明け渡し、徳川氏の庇護下に身を寄せる。本能寺の変により信濃の織田勢力が瓦解し、旧武田領が徳川・北条・上杉の争奪地となると(天正壬午の乱)、信蕃は当初は後北条氏に属し、その後徳川氏に属して佐久地方で活躍。当初北条方であった真田昌幸を徳川方に寝返らせる等の功績で、佐久・諏訪の二郡を与えられ小諸城代となる。しかし、佐久で唯一残った北条方の岩村田大井氏が立て篭も...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
cheemaruさん
  • 逆井城に行きました
  • けないのですが。だけど、逆井城は再現されているので全然大丈夫です。こういう場所があると知って、いろいろ調べてみました。最初は逆井氏が治めていましたが、天文5年(1536)3月3日に小田原を本拠地とする後北条氏の軍勢に攻められて、以後、天正18年(1590)に後北条氏の北関東進出の拠点となっていて、後に豊臣秀吉に滅ぼされたそうです。戦国の世の中で、近隣にもいくつかのお城があったようです。こういう出来事があ...
  • 霊感カウンセリング土屋幸宏のブログcheemaruさんのプロフィール
えちこさん
  • 東京&埼玉 お城巡りの旅 4 −滝山城−
  • うこそ感がすごい。 すっげー歓迎されてるわ。スタンプがありましたが、これは続100名城のスタンプではありませんでした。 滝山城の全体図。 滝山城は1521年武蔵守護代の大石氏が築いた城。その後、後北条氏の力が強まり、大石氏もその傘下へ。そして、養子に迎えられた北条氏康の三男・氏照がこの城を大改築したと言われています。1569年武田信玄に攻められるも、何とか落城を免れます。が、この経験からより堅牢な...
  • 史跡めぐり『プラスあるふぁ』ぷらっ旅えちこさんのプロフィール
Sazabyさん
  • 浅草名所七福神 その参
  • き残りである千葉実胤(千葉兼胤の孫)が下総国を追われて扇谷上杉家の庇護下に入り、石浜城を拠点とした(武蔵千葉氏)。この際、弟の自胤も赤塚城に逃れている。だが、下総回復は達成できず、扇谷上杉家の没落後は後北条氏に従って同氏一族の千葉胤村を当主に迎え、豊臣政権の小田原征伐によって没落、石浜城も廃城となった。遺構も見つかってないし、別の場所の説もあるらしい5箇所目石浜神社寿老人担当...
  • Light RiverSazabyさんのプロフィール
羽柴茶々さん
  • 一族とともに生きた北条氏の長老軍師〜北条幻庵
  • 日、戦国時代の関東に君臨した北条氏の長老&ご意見番、北条幻庵が97歳で亡くなりました。・・・・・・・・・・・戦国時代、約100年に渡って関東を牛耳る北条氏(ほうじょうし=鎌倉時代の北条氏と区別するため後北条氏とも)・・・その祖となる北条早雲(ほうじょうそううん)こと伊勢盛時(いせもりとき)の末っ子=四男として明応二年(1493年)に誕生した(誕生年には諸説あり)とされる北条幻庵(ほうじょうげんあん)は諱...
  • 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール
きーらくだまさん
  • 昭和57年10月31日、館山城開館
  • 振るった里見氏の興亡である。里見氏の房州への渡来については、諸説があり、謎に包まれているが、文安2年(1445)、安房一国を平定し、一時下総まで領土を拡大した。天文7年(1538)、第二次国府台合戦で後北条氏に敗退し、その後、豊臣秀吉の命により、安房一国のみの領主として存続した。そして館山城は、天正16年(1688)から三年かかって、良港と交通の便に恵まれたここに完成したといわれる。慶長10年(1614...
  • でれすけ。きーらくだまさんのプロフィール
ししゃもさん
  • ?発見!!ニッポン城めぐり歴史クイズ答え合わせ?10/30
  • イントも使える!↓↓翌日到着便が便利↓↓書籍からなんでもAmazon↓∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ?発見!!ニッポン城めぐり 歴史クイズ?【本日の問題】武田家臣・原虎胤は、一時期主家を離れ後北条家に身を寄せたが、その理由として正しいものは次のうちどれか? ○妻を信玄の妾として取られたため◎浄土宗への改宗を強いられたため○二日酔いで川中島に遅参したため○同僚に小便を引っ掛けられたため答え:◎浄...
  • ししゃもなフクラハギししゃもさんのプロフィール

後北条を含むトラコミュ

徳川家康
  • 徳川家康
  • 安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦によ...
  • トラックバック数:381 TB参加メンバー数:62人カテゴリー:歴史ブログ
後北条氏
  • 後北条氏
  • 北条早雲から始まる、戦国時代の大名家
  • トラックバック数:170 TB参加メンバー数:21人カテゴリー:歴史ブログ
戦国北条!講演会・企画展・イベント
  • 戦国北条!講演会・企画展・イベント
  • 後北条ファンが喜ぶ企画展・講演会・ガイドツアー・イベントなどの、楽しいお知らせや参加レポートなどなどをお集めくだされ。
  • トラックバック数:56 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

後北条を含むブログ村メンバー

  •  
shiro-natsuさん
natchdesさん
武蔵守俊之さん

後北条を含むアンケート&掲示板

  •  
  • いちばん好きな城は?レス: 0/114(410件)歴史ブログ
  • 地元なので..歴史的には太田道灌から後北条氏、そして豊臣秀吉による関東征伐。現在は復元天主(中は資料館)、動物園、遊園地、二宮尊徳翁を祀る報徳...

にほんブログ村

>

キーワード

>

後北条について