草野心平

草野心平についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [草野心平] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

草野心平を含むブログ記事

hiroleadさん
  • 幕間その拾漆
  • したものに限定だけど)1995−2017の足掛け23年で歌ったものを振り返ってみる。父「あら、なんか違和感が?」娘「首を捻りすぎて痛めたってワケやね。」妻「はやく話を進めんか!」伊藤 整『雪明りの路』草野心平草野心平の詩から』北原白秋『東京景物詩』北原白秋『三崎のうた・第二』尾崎喜八『尾崎喜八の詩から』草野心平『富士山』中 勘助『中勘助の詩から』立原道造『ソネット集』三好達治『鳥の歌』津村信夫『父のゐる...
  • 古今東西歴史音楽文学そぞろ歩きhiroleadさんのプロフィール
チューヤさん
  • 新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/秋谷豊?ロマンチシズム
  • 能性について(唐川富夫) 後記(秋谷豊) 9月、「抽象の城」(村野四郎)10月、「地球詩集」および1954年度同人詩集出版記念会を駿河台山の上ホテルにて開催。木原孝一の「地球」グループの紹介に始まり、草野心平、服部嘉吉、安西均、大岡信、関根弘ら94名が参加、盛会。11月、「星の肖像」(木原孝一) 1955年 4月、「現代詩作法」(鮎川信夫)4月、「蒼い馬」(滝口雅子)6月、「現代詩試論」(大岡信)9月、...
  • 中原中也インナープラネットチューヤさんのプロフィール
tanesashiさん
  • お月見しませんか?in鮫角灯台
  • こんにちは、うみ☆ゆきです♪一夜限りの限定開放☆in鮫角灯台のお知らせです♪八戸ゆかりの詩人 草野心平の詩「種差海岸」で紹介された海岸線から昇る「ザボンのような満月」。太平洋に浮かぶ月の道。夜の闇を照らす灯台の光線。特別解放された鮫角灯台から鑑賞してみませんか?日 時平成29年10月6日(金) 午後6...
  • たねブロtanesashiさんのプロフィール
ロージーさん
  • 詩集『春と修羅』の著者で、自身の詩を「心象スケッチ」と称していたのは誰?
  • 詩集『春と修羅』の著者で、自身の詩を「心象スケッチ」と称していたのは誰?問題 詩集『春と修羅』の著者で、自身の詩を「心象スケッチ」と称していたのは誰?寺山修司草野心平宮沢賢治石川啄木モッピーデイリークイズに出題された4択問題です。モッピークイズの答え:宮沢賢治おすすめのポイントサイトモッピー(moppy)で、スキマ時間がお小遣いになる!◆モッピー(moppy)とは...
  • ポイントサイトお小遣い稼ぎ〜ネットでお金が貯まる方法ロージーさんのプロフィール
rh1さん
  • #1811 方十里 稗貫のみかも 稲熟れて ・・・他一首
  • 【旧 八月二日 先負】白露・玄鳥去(つばめさる) 宮沢賢治は詩人、童話作家として知られていますが、そんな彼の名も、生前はほとんど一般に知られぬ無名の存在でした。彼が国民的作家となったのは没後、草野心平らの尽力によって彼の作品が世に広められてからのことでした。宮沢賢治が文学を志した出発点は盛岡中学時代から始めた短歌にさかのぼります。現在残されている歌稿も800首以上。歌人という肩書が入らないのはむし...
  • 万葉歳時記 一日一葉rh1さんのプロフィール
ケジボンさん
  • 土門拳記念館☆☆
  • した品の展示室。主にスナップショットに使われたニコンSP。レンジファインダーの名機で、現在でも超高値です。落款印と万年筆。書や絵画を嗜み、文筆家でもあった土門らしい所持品です。館の前景には拳湖。湖畔に草野心平氏の銘石が埋まってます。ちなみに庄内弁で貝のことを「けんこ」と言うんですわ。酒田市美術館☆がそうでしたが、ココも空間の使い方が贅沢。※酒田市美術館はミシュラン☆ひとつ外に出たら、サギが建物の影で休憩し...
  • 徳床公太郎の夢日記ケジボンさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

草野心平について