中東和平

中東和平についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [中東和平] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

中東和平を含むブログ記事

にじの家さん
  • 日本に絶大な信頼を寄せるパレスチナの人々
  • な信頼を寄せるパレスチナの人々河野太郎外務大臣は今月2日、パレスチナの国際関係を担当されている、ナビール・シャアス大統領顧問と夕食会を行いました(なお、シャアス大統領顧問の来日は21度目)。夕食会では中東和平問題についても意見交換を行い、その中で河野大臣は、・国家樹立に向けたパレスチナの努力を政治・経済面から支援していく。・日本はパレスチナとイスラエルの二国家による解決を支持しており、 将来の適切なタイミ...
  • にじの家にじの家さんのプロフィール
にじの家さん
  • 日本に絶大な信頼を寄せるパレスチナの人々
  • な信頼を寄せるパレスチナの人々河野太郎外務大臣は今月2日、パレスチナの国際関係を担当されている、ナビール・シャアス大統領顧問と夕食会を行いました(なお、シャアス大統領顧問の来日は21度目)。夕食会では中東和平問題についても意見交換を行い、その中で河野大臣は、・国家樹立に向けたパレスチナの努力を政治・経済面から支援していく。・日本はパレスチナとイスラエルの二国家による解決を支持しており、 将来の適切なタイミ...
  • にじの家にじの家さんのプロフィール
高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟さん
  • 世界は笑う!! 日本は敗戦によりいまだに、アメリカの占領下です!!
  • に賛成票を投じた。 シェール革命によって中東の石油に依存する必要がなくなったアメリカと、日本の立場は違う、という分析も可能であろう。綱渡りである。 日本が優先して果たすべき役割とは 日本の河野外相は、中東和平に向けて日本が調停役となるべく努力を払おうとしている。 その姿勢は評価すべきだが、残念ながら、必ずしも大きな見込みがあるようには見えない。 誰がやってもそうなのだから、日本の責任ではないが、日本なら何...
  • 高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟さんのプロフィール
怒りのオレンジさん
はやぶさトニーさん
  • 2月13日のツイート
  • して月額299円から使える通信サービスを展開。posted at 08:28:0115時間前はやぶさトニー@umibeni154日経新聞)ロシアのプーチン大統領は12日、トランプ米大統領と電話会談し、中東和平問題について協議した。ロシア大統領府が発表した。プーチン氏は同日にパレスチナ自治政府のアッバス議長とモスクワで会談。アッバス氏は米国への不信感を示し、米国による和平交渉仲介は認めない考えを改めて示した...
  • UMIBENI154はやぶさトニーさんのプロフィール
full3661さん
  • ドル下落、米国株反発でリスク選好の動き 《あさイチ02.13》
  • 話を望めば、話をするだろう」と述べた。 ペンス副大統領の発言は、北朝鮮が非核化の目標に最初に同意するまで同国とのいかなる対話にも関与しないとのトランプ政権の従来のスタンスからの転換となる。■米ロ首脳、中東和平で電話会談=プーチン氏、関与拡大狙うhttps://www.jiji.com/jc/article?k=2018021300220&g=int■米政府、北朝鮮めぐる韓国との溝を否定http://www...
  • トレンドおっちゃんfull3661さんのプロフィール
ニュースで動画さん
fujiwaraさん
  • 2018年2月時事解説・時局分析 藤原直哉理事長(第29回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会)
  • ・バブル時代は大量生産・大量販売、中央統制、システムによる管理・バブルが崩壊したら御用達、現場重視、人間性尊重世界秩序の本格的変動・トランプの戦争屋退治は佳境に・ドイツ大連立政権が反イスラエルに転向・中東和平は米国が外れ、ロシアが主導へ・朝鮮半島は南北統合へ・さらに孤立化する日本の安倍内閣と役所や大企業内部の権力闘争ご参加くださった皆さま、ありがとうございました! ◆認定NPO法人日本再生プログラム推進フ...
  • 藤原直哉のインターネット放送局fujiwaraさんのプロフィール
うさぎの耳さん
政治研究会さん
  • エルサレム首都問題で孤立化する米国 国際政治の舵取りは他国にシフトか
  • “リーダー”と名乗れるかあやしい。今後、世界の動きはアメリカに揺さぶりつづけられていくのか。リンク*** アメリカのトランプ大統領が今月6日にエルサレムをイスラエルの首都と認定してから3週間が過ぎた。中東和平の推進において中立性を重要視してきたアメリカの歴代政権の取り組みを真っ向から否定するような決断は、多くの国々でアメリカとイスラエルに対する不満を増大させる結果を引き起こした。「アメリカ・ファースト」を...
  • アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争政治研究会さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

中東和平について