小沢氏

小沢氏についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 自民党の過去のエネルギー政策、原発政策が問われている!河野太郎のような議員が何故もっと出て来ない?
  • [小沢氏] ブログ村キーワード 菅首相の下記の国会での発言には、日頃は菅首相の言動は同意できるところは一つもないが今回だけは同意する。しかし、菅首相は政敵小沢氏を徹底的に攻撃し排除したが、その攻撃力で自民党、公明党をもっと攻めたらいいのではないでしょうか。闘う相手を間違っていたのではないかと今ごろ気づいたのかな?時既に遅しの感があるが。それにしても、自民党の中から過去の原発政策についてどれだけ反省と・・・続きを読む
  • サイゴンの風に吹かれて nihonngoyarooさんnihonngoyarooさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

小沢氏を含むブログ記事

明月さん
  • 小沢一郎さんの講演会を終えて
  • 先週の土曜日、小沢一郎氏講演会@大阪が無事終了。小沢氏をはじめ関係各位、そして約450名の来場者の皆さんにも感謝したい。集会の内容については IWJが配信してくれているので、そちらをご確認願いたい。 Broadcast live streaming...
  • 反戦な家づくり明月さんのプロフィール
吉野の宮司さん
  • この人物をぶった斬り!「小沢一郎」
  • [http://politics.blogmura.com/conservative/ranking_out.html]↑↑↑この人物をぶった斬る!「小沢一郎」自分の罪を秘書に責任をなすりつけた豪腕小沢氏を誰が信頼するだろうか????この男も狡さでは政界NO1である。政党助成金で焼け太りして金儲けをして銀座や沖縄の土地を買いあさっている悪徳不動産屋のような真似もする。最近全く「小沢一郎」の名前も顔も出...
  • 世界遺産の吉水神社から「ニコニコ顔で命がけ!」吉野の宮司さんのプロフィール
ぐう、ちゃんさん
  • 朝日新聞「誤報」事件 秘密保護法の生贄
  • 格的な政権交代を成し遂げた小沢一郎は、事実無根の金銭スキャンダルによる人格破壊によって政治生命を絶たれた(ように見える)。 朝日新聞「誤報」事件も、人格破壊の域に達した。 そして、朝日新聞は、西山氏や小沢氏と異なり、人格破壊に屈して、頭を垂れた。朝日新聞「誤報」事件は、確実に後世の歴史に残る。 「誤報」としてではなく、「暗黒の言論統制」の時代の幕開けとして、だ。とりあえず何が対象にされたのかを確認してお...
  • ぐう、ちゃんの一言ぐう、ちゃんさんのプロフィール
長田ドームさん
  • 生活の党小沢代表、野党候補一本化を
  • 、みんなと力を合わせる方向になればいいと思う。」と述べ、民主党が指導力を発揮するよう求めました。民主党を中心とした野党勢力が、各選挙区の候補者の一本化に成功すれば、勝ち目はあると思います。民主党内には小沢氏と敵対している勢力もあり、野党候補の一本化を難しくさせている側面もありますが、この難点を突破して、真の国民のための政党、そして政権を誕生させてほしいと思います。野党候補の一本化が、実現することを希望し...
  • 長田ドーム長田ドームさんのプロフィール
日だまりの老犬さん
  • 政権交代へ、希望を紡ぐ人々
  • 昨日13日、大阪市北区民センターで「小沢一郎氏講演会」があった。この講演会は、6月に関西の数人の市民が小沢氏に会うため、上京したところから始まった。この人たちは小沢氏に会って直接懇願した。「関西の地に「国民の生活が第一」の旗を打ち立て、市民と右や左というくくりを越えた政治家とが結集できる軸のような組織を作り...
  • 神戸の路地から日だまりの老犬さんのプロフィール
透明政治さん
  • 民主党が唯一の生き延びる道
  • 民主党が生き残る道は、政権を取ってから、辞めさせたり、嫌気をさしてやめた人達に対して、謝罪して、呼び戻し、完全な自民党のとの対立軸を持って再挑戦することしかありません、勿論、完全無罪の小沢氏も呼び戻し、前原、枝野、仙谷、野田、岡田、渡部恒三、玄葉、蓮舫等の主流派は追いやったり、辞めさせた人達に謝罪して一から出直すしか、国会議員として、生き延びる道はありません。このままなら、次に選挙では間...
  • 素人から見た政治と世の中の疑問透明政治さんのプロフィール
風の人さん
  • 朝日新聞「誤報」事件  秘密保護法の生け贄――「秘密」について、十分な裏付け取材を行うのは不可能だ
  • 本格的な政権交代を成し遂げた小沢一郎は、事実無根の金銭スキャンダルによる人格破壊によって政治生命を絶たれた(ように見える)。 朝日新聞「誤報」事件も、人格破壊の域に達した。そして、朝日新聞は、西山氏や小沢氏と異なり、人格破壊に屈して、頭を垂れた。 朝日新聞「誤報」事件は、確実に後世の歴史に残る。「誤報」としてではなく、「暗黒の言論統制」の時代の幕開けとして、だ。 とりあえず何が対象にされたのかを確認して...
  • 平和への結集第2ブログ風の人さんのプロフィール
暴走する悪徳エリートを監視する会さん
チューさん
  • 解散総選挙は今年の11/16説に賛成
  • 選挙モードの可能生が高い。結いの党と維新もゴタゴタしながら「維新の党」という名にした。この党は大ピンチ。そろそろ橋下市長のパフォーマンスがなければ選挙は大敗確実。民主党がその票を拾う形になる。民主党は小沢氏、管氏、鳩山氏の影響力が無くなり、力の無い政治家は選挙で落選したので少数精鋭。他の野党とは顔がちがう。ある意味民主党のチャンス。国民は1強他弱がどれほど恐ろしい事になるか経験した。そして、公明党の節操...
  • 認知症患者の家族介護者応援ルームチューさんのプロフィール
猫の手倶楽部さん
  • いまさら? それでも? 熱気に包まれた小沢一郎講演会
  • 小沢一郎生活の党代表の講演会が大阪で・・・尊敬する先輩の熱い情熱に背中を押され会場へ。北区にある区民ホールの入口では、小沢氏の巨大な看板がお出迎え。続々と人々が詰め掛ける様子を見ると、衰えぬ人気に改めて感心する・・・暴走する安倍政権を前に野党の無気力に強い危機感を感じてのことだろう。万雷の拍手を受けて小沢一郎代表が登壇・・...
  • 猫のひとりごと猫の手倶楽部さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

小沢氏について