水森英夫

水森英夫についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [水森英夫] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

水森英夫を含むブログ記事

きよひとさん
  • 若山かずさ「冬燕」(作詞・城岡れい、作曲・水森英夫
  • 若山かずさ「冬燕」(作詞・城岡れい、作曲・水森英夫)       「紅型みれん」(作詞・一城えり、作曲・みちあゆむ)〜カップリング曲〜           (2018年5月23日発売) 歌手生活35周年は”かずさ節”王道演歌で勝負します!「蛍火の恋」...
  • 演歌、歌謡曲徒然歌日記きよひとさんのプロフィール
演歌好きさん
kyonta1357さん
  • 夕張川&メロンパン ”STVラジオ”
  • 沈んだ三弦橋を懐かしんで。3番の歌詞から今はメロンの産地として全国に知れ渡って。 移り行く時代を雄大な夕張川とともに生きる男のロマンを歌いあげる惠ちゃん。「夕張川から」歌:山内惠介作詩:奥山英明作曲:水森英夫 動画はお借りしました。 メロン魂 永久に輝けシューパロ シューパロ我が出発(たびだち)あぁ 面影優しい 夕張川よ(3番の歌詞より)     今日は歌一本勝負の収録でしたか。放送を楽しみにしています...
  • kyonta1357のブログkyonta1357さんのプロフィール
kyonta1357さん
  • ”熱唱ライブ in 旭川”
  • んの小説「塩狩峠」の舞台になりました。 旭川駅を出た列車は塩狩、名寄を経て日本国内の最北端・稚内へ。 惠介さんの歌にもあります。「宗谷本線」(恋してもええじゃないか)歌:山内惠介作詞:鈴木紀代 作曲:水森英夫小雪が窓を たたきつけ宗谷本線 ただひた走る倖せやれず 夢さえやれず君と別れた稚内 (イメージです) 旭川市にある旭山動物園は惠ちゃんにはおなじみの場所。北海道ぶらり旅で何度か訪ねていますね。アシカ...
  • kyonta1357のブログkyonta1357さんのプロフィール
演歌好きさん
kyonta1357さん
  • 山内惠介の歌の道標&イチゴのムースケーキ”熱唱ライブ in釧路 2日目”
  • 開の話題から 「長良川艶歌」がかかりました。歌:五木ひろし作詩:石本美由起作曲:岡千秋 「情緒がありますね〜夏を感じます」と惠ちゃん。 「さらせ冬の嵐」がかかりました。歌:山内惠介作詩:松井五郎作曲:水森英夫 「自分と向かい合っているな。自分と勝負しているなと感じます。強く勇ましく、生きていけるんですよね」 応援歌になっていますね。 〜惠ちゃんからのプレゼント曲〜「すきま風」がかかりました。歌:杉良太郎作...
  • kyonta1357のブログkyonta1357さんのプロフィール
輝きサロンさん
kyonta1357さん
  • 釧路のご当地ソングといえば〜”熱唱ライブ in釧路 1日目”
  • 夢の扉へ〜北海道ツアー【釧路】釧路市民文化会館 今日は熱唱ライブ?釧路2日目数々のご当地ソングがある釧路山内惠介さんの歌なら「風蓮湖」「釧路空港」「残雪根室本線」いずれも作詩は鈴木紀代先生作曲は恩師・水森英夫先生。 惠ちゃんのおかげで一度も足を踏み入れたことのない北海道、釧路が近いところに感じます。 「風蓮湖」原田康子さんの小説「挽歌」に登場する風蓮湖。一か所だけなので気を付けて読まないと飛ばしてしまいそ...
  • kyonta1357のブログkyonta1357さんのプロフィール
kyonta1357さん
  • 山内惠介の歌一本勝負
  • 目覚ましかったですね。ハラハラしながら母心で応援。キュンキュンしながら楽しい時間を過ごさせてもらいました〜 惠ちゃんも大ヒットを確信!チャートも好調「さらせ冬の嵐」がかかりました。作詩:松井五郎作曲:水森英夫 歌ふれあいにコーナー〜あの人に贈る曲〜リクエストは「流氷鳴き」カップリング曲「はまなす母情」作詩:木下龍太郎作曲:水森英夫旅の途中で目にした赤いはまなすに母の面影を重ねて…若い頃の惠ちゃんいつも傷心...
  • kyonta1357のブログkyonta1357さんのプロフィール
まほろば俳句日記さん
  • 【型を学ぶ】新世紀カラオケで魂の浄化・・新しい《型》=ゼロ表出でプロを超える!/J−POP論・POP詩の宇宙
  • のAKANEは創作きもので身を固めた演歌ニューウェイブ【三重奏】の一員で、大リーグの始球式で米国歌を唄うなど、海外でも注目されたグループのメイン・ボーカルである。氷川きよしなどを育てた演歌の大物作曲家水森英夫の門下生で歌唱の基本は出来ているが、鼻にかかったキュートな声質の特徴を生かし切れていなかった。カラオケマシンに対する《押し》とスケール感がいまひとつ出し切れていなかった。しかし、これまで99点台を出し...
  • まほろば俳句日記まほろば俳句日記さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

水森英夫について