横穴式石室

横穴式石室についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [横穴式石室] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

横穴式石室を含むブログ記事

ぺんさん
  • 皇子塚古墳-平井地区1号墳-2号墳-2号北古墳【群馬県藤岡市】
  • ??皇子塚古墳皇子塚古墳は鏑川と鮎川に挟まれた台地上、白石古墳群に属する古墳です。径31m、高さ6mの四段築成の円墳と判明しており、主体部として、全長8.33mの複室構造をした横穴式石室が検出しています。現在墳丘は後述する3基の古墳とともに整備されており、残念ながら石室は埋め戻されています。説明板。玄室は凝灰岩を用いた切石積みであるのに対し、羨道部は自然石の乱石積みとなっています。ビ...
  • ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
ぺんさん
  • 薬師塚古墳-宗永寺裏西塚古墳-美土里村11号墳-51号墳【群馬県藤岡市】
  • 市史では「昭和8年の発掘調査ののち、平夷されて跡形もない」と記されていますが、現在の墳形と藤岡市史の測量図とを照らし合わせてみると、この場所が薬師塚古墳の痕跡であると思われます。主体部は全長6.8mの横穴式石室ですが、現在は崩されているようです。〜??宗永寺裏西塚古墳(美土里村4号墳)こちらは七輿山古墳すぐ東側の、宗永寺境内に残された前方後円墳です。全長48m、後円部径30m、高さ4.8m、前方部幅29m、...
  • ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
ぺんさん
  • 七輿山古墳【群馬県藤岡市】
  • 影。前方部は発達しており、高さは後円部とほとんど変わりません。逆に後円部墳頂から前方部側を撮影。主体部は未調査でしたが、2018年2月から3月に行われた地中レーダー調査により、全長10mを超える巨大な横穴式石室の存在が推定されました。後円部の正面は大きく削り取られており、そこにはたくさんの首のない五百羅漢像や六地蔵が並んでいます。後円部にも首のない仏像が存在していましたが、廃仏毀釈運動の時のものでしょうか?...
  • ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
ぺんさん
  • 田篠塚原1号墳-6号墳-7号墳-22号墳【群馬県富岡市】
  • の西に隣接して存在するのが田篠塚原7号墳です。径12.5×12.5mの円墳。画像では分かりにくくなってしまいましたが、墳頂部には天井石と思わしき平たい石材が露出していました。群馬県古墳総覧でも主体部は横穴式石室と記されています。〜??田篠塚原22号墳田篠塚原7号墳のさらに西側に存在するのが、径10.5×7.6mの円墳である田篠塚原22号墳です。墳丘上には多数の礫が散乱しています。群馬県古墳総覧でも「奥壁露出...
  • ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
SERUNAさん
  • 史跡保渡田古墳群『八幡塚古墳』@群馬県(その3)
  • −−石棺はどのように埋められた? 石棺はまず頂上に掘った大きな穴に据えられた。続いて遺体を納めて蓋をし、まわりを河原石で覆い、さらに土を盛って内部に封じ込められた。こうした埋葬方法は、通路と部屋を造る横穴式石室と区別して竪穴式石室と呼ばれる。横穴式より古い埋葬方法である。※今あるような内部空間は本来なかったものである。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−(石棺説明文より)★その4に続くよ!→ 更新までし...
  • SERUNAさんちのあじふらいSERUNAさんのプロフィール
ぺんさん
  • 田篠塚原3号墳-4号墳-5号墳-11号墳-12号墳【群馬県富岡市】
  • ??田篠塚原12号墳こちらは径10×4mほどの円墳です。11号墳よりかは高さがあるのが分かります。主体部は未調査のため不明ですが、墳頂部には窪みが存在しており、大きな石材が散乱しているところを見ると、横穴式石室だと思われます。〜??田篠塚原5号墳田篠塚原11号墳と12号墳の道路を挟んだ西側には、田篠塚原3号墳、4号墳、5号墳の3基が保存されています。上の画像は径20×18mの円墳である田篠塚原5号墳を撮影し...
  • ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
ぺんさん
  • 田篠しの塚古墳-田篠塚原15号墳【群馬県富岡市】
  • の円墳です。当古墳は平成7〜8年の道路造成により調査が行われましたが、現在はすぐ東側に移築復元されています。墳丘自体は一回り小さい径14mほどで復元されていますが、石室は元の大きさのままです。両袖式の横穴式石室で、全長7.8m、幅2m、高さ2mほど。道路造成の際に7基の古墳が調査(田篠塚原遺跡)されており、このうちのどれが田篠しの塚古墳なのかは資料でも触れられていません。しかし説明板の「直径19m以上」に該...
  • ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
ぺんさん
  • 簗瀬首塚古墳-真下神社古墳-磯部9号墳-西裏古墳【群馬県安中市】
  • 墳は碓氷川左岸の台地上、簗瀬二子塚古墳のすぐ西側に存在している径24m、高さ3mの円墳です。供養堂が建てられているため現在は見学できませんが、全長2.45m以上、羨道部幅0.9m、高さ0.75m以上の横穴式石室が検出されています。当古墳の石室外側からは14世紀の頭蓋骨が約150体分も出土されており、以前から首塚として知られていました。出土した埴輪片から築造年代は6世紀後半と考えられます。〜??真下神社古墳こ...
  • ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
きーらくだまさん
  • 毎年8月20日、はにわの日
  • り、見学、散策には最適である。昭和63年5月、房総地方の古墳時代について研究、学習できる施設として開館した。機材の用意もあり、体験学習もできる。博物館の前には、姫塚古墳の二分の一の古墳が作られていて、横穴式石室も見られる。この館より北西1・5キロメートルのところに大小二基の前方後円墳があり、平行に並んでいるので、殿塚、姫塚古墳と呼ばれたのであろう。殿塚古墳は、この地域では最大で、長さ88メートル、高さ10メ...
  • でれすけ。きーらくだまさんのプロフィール
幾ちゃんさん
  • こうぜ1号墳(桜井市)(奈良県)(後期)■Kouze 1 Tumulus (Nara Pref,)
  • 前に進むことにしなりました。その様子は一部音声を残しましたので笑ってご覧ください。 この前方後円墳、墳長は約50mとのことですが今ではその姿を想像するしかありません。桜井市埋蔵文化財センターの「桜井の横穴式石室を訪ねて」(2010)によれば、1号墳には今回紹介する前方部に開口する東石室とは別に後円部に東石室よりやや大きな西石室があります。いずれ紹介しますが、規模に比例したのでしょうか土砂の堆積は東よりもひど...
  • 古墳を動画で見るサイト幾ちゃんさんのプロフィール

横穴式石室を含むトラコミュ

日本の古墳
  • 日本の古墳
  • 日本全国の古墳の話題なら、何でもOKです。円墳、方墳、前方後円墳、前方後方墳、帆立貝形古墳、双円墳、双方墳、上円下方墳、双方中円墳、横穴式石室墳、竪穴式石室、横穴...
  • トラックバック数:251 TB参加メンバー数:13人カテゴリー:歴史ブログ

横穴式石室を含むブログ村メンバー

  •  
物怪あな守屋さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

横穴式石室について