マルクス

マルクスについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [マルクス] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

マルクスを含むブログ記事

kandk55さん
  • 子に対する親の責任
  • を信じて、「 死んで神となれ 」といって、特攻隊と称して民衆を殺したのです。戦後の思想家が愚かであるのは、「 神仏習合 」など思いもせずに、戦前の「 神 」を否定したいがために、 「 神 」を否定するマルクス主義の唯物論に走ったり、象徴天皇を認めなかったり、特攻隊を軽くみたり、「 君が代 」を、本来とは意味が違う天皇賛美の国歌としたり、戦争で死んでいった人の屍(しかばね)の上に立った平和を、戦後のように軍...
  • ココロちゃんとおじさんkandk55さんのプロフィール
プーちゃんさん
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」?
  • ハッブル(アメリカの天文学者)が発見した「宇宙が膨張を続けている」という厳然たる事実に基づいている。それにもかかわらず、ソ連の物理学者たちは、宇宙の「始まり」が「特異点」であることを否定しようとした。マルクス・レーニン主義の弁証法的唯物論に基づけば、物質は「無」から生まれることはない。ガモフの「ビッグバン理論」は、ソビエト連邦にとって受け入れがたいものだったのだ。前に述べたとおり、アレクサンドル・フリード...
  • いつか迎えに来てくれる日まで(番外編)プーちゃんさんのプロフィール
牛窪万里子さん
  • 新しいiPhoneと銀座にてミーティング
  • 今日は講座を終えて、午後は銀座で事務所のメンバー朴さんとミーティング銀座のビストロマルクスにて本日のデザートナシと青豆のブラマンジェ爽やかでヘルシーなデザートでした最近、ちょっと体重が増えてしまったので丁度良いデザートでした!さて…昨日iPhone XSが届きました!カメラ機能を楽しみにし...
  • 元NHKキャスター牛窪万里子のHappy Days牛窪万里子さんのプロフィール
しーすーさん
  • 台湾と日本は「本当の友人」多様な台湾文化を伝えるイベント開幕 上野公園に「台湾駅」出現 23日まで
  • ド正論w】麻生太郎副総理「どこが善戦なんだ」善戦と報じたメディアに皮肉【悲報】斎藤農水相、あれだけ騒いだ“圧力”発言を完全に封印「もう終わった話。コメントはない」古本屋「ウチは差別本もヘイト本も置く。マルクスも聖書も置く。排除しない」⇒野間易通さん「でも売れない本は置かないんだよね笑」【クソワロw】アホの朝日新聞 文科省の不祥事を「前事務次官も」と報道 聖人の名前は一切出さず【南北首脳会談】朝鮮中央テレビ...
  • えら呼吸速報しーすーさんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 1901(明治34)年 〈社会主義政党の結成〉★
  • (1898年)を組織し、労働組合期成会(1897年、機関誌『労働世界』)、社会民主党(1901)、日本社会党(1906年)の結成結党にも参加。1914年にアメリカに亡命し、1917年のロシア革命成功後マルクス主義に傾倒。アメリカ共産党、メキシコ共産党の結党に尽力するなど北米での共産主義運動に活躍。1921年、ソ連邦に渡り、コミンテルン(第3インター)の中央委員として日本共産党結党など各国の共産主義運動を指...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
後藤和弘のブログさん
  • 高齢者の方々は『戦艦ポチョムキン』という映画を憶えていますか?
  • 父を殴り倒し十字架を軍靴で踏みにじります。これもフィクションですが、キリスト教は間違いで共産主義が正しいという印象を与えます。このような内容なので資本主義の多くの国々で上映禁止になりました。共産主義はマルクスとエンゲルスが『共産党宣言』を書いた1847年に始まりました。セルゲイ・エイゼンシュテイン監督は、ロシア第一革命20周年記念委員会より、記念映画の製作を依頼されたのです。主要な役以外は艦隊の水兵やオデ...
  • 後藤和弘のブログ後藤和弘のブログさんのプロフィール
愚耕禿聖士さん
  • 横綱白鵬、13連勝唯一人
  • 9さんCalendarFree Spaceまほろば十三湊[本/雑誌] / 古川きょう/著価格:1296円(税込、送料別) (2018/8/26時点)なぜ世界は存在しないのか (講談社選書メチエ) [ マルクス・ガブリエル ]価格:1998円(税込、送料無料) (2018/7/22時点)Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.?...
  • 古聖の方丈記愚耕禿聖士さんのプロフィール
ラボくんさん
館長さん
  • 2018年09月20日のつぶやき
  • ://t.co/0Io9V3VkLF at 09/20 01:06fortune_ukyou / 占い師 右京RT @sakuhinsha: 10月6日開催、的場昭弘×白井聡トークイベント。『カール・マルクス入門』、『新装版 新版 共産党宣言』同時刊行記念。著者の的場昭弘氏と思想史家の白井聡氏が、ロシア革命100年、『資本論』150年、そしてマルクス生誕200年の今、改めてレーニンとマ… at 09/20...
  • 占い館ルネッサンス姫路☆オフィシャルブログ館長さんのプロフィール
PATEX HUNTERさん
  • 日々雑感。
  • ブログログインランダムgooアンバサダー募集中!!記事を書く検索ウェブこのブログ内でPATEX HUNTERマルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。日々雑感。2018-09-21 |日記私は一つだけよかったとつくづく思うことがある。それは、リ...
  • PATEX HUNTERPATEX HUNTERさんのプロフィール

マルクスを含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ
右翼&左翼 
  • 右翼&左翼 
  • 右翼団体(うよくだんたい)とは自民党など自由主義と呼ばれる日本を愛する建国の精神に基づいた政党や団体のことである。神仏を習合し神棚を主に事務所に祀っていることが...
  • トラックバック数:209 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:政治ブログ
マルクス主義
  • マルクス主義
  • マルクス主義(マルクスしゅぎ、独: Marxismus)とは、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスによって展開された思想をベースとして確立された思想体系の名称である...
  • トラックバック数:72 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:哲学・思想ブログ
婚活しようよ!
  • 婚活しようよ!
  • おめでとう! 今年3組目のご成婚今回のご成婚で、今年3組目。とってもうらやましく、明るいお二人です。82歳の男性と62歳の女性。お二人とも伴侶をなくし寂しかった...
  • トラックバック数:194 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:恋愛ブログ
新左翼
  • 新左翼
  • 新左翼(しんさよく)とは、1960年代の欧米や日本の先進国において、急進的な革命を志向し、発生当初は主に大学生から構成されていた左翼政治勢力のこと。旧来の共産党や社...
  • トラックバック数:64 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:哲学・思想ブログ

マルクスを含むブログ村メンバー

  •  
ebisuさん
PATEX HUNTERさん
マルクスさん
花と緑の店 ロビンガーデンさん
Craftさん

マルクスを含むアンケート&掲示板

  •  
  • 靖国神社参拝ってどうなんですか?レス: 0/235(1000件)政治ブログ
  • 狂気共産主義は成り立ちが病的でひどく陰鬱[いんうつ]なちんちくりん小男のマルクスだったことからしても、狂気共産主義国ではその病的でひどく陰鬱[いんうつ]なちんちくりん小男マルク...
  • 靖国神社参拝ってどうなんですか?レス: 0/235(1000件)政治ブログ
  • 狂気の共産主義は病的でひどく陰鬱[いんうつ]なちんちくりん小男ユダヤ人マルクスが狂気の果て思い付いたのだが、これが中国人を完全に狂わせた。病的でひどく陰鬱[いんうつ]なマルク...
  • 靖国神社参拝ってどうなんですか?レス: 0/235(1000件)政治ブログ
  • 万人に達したとされる。狂気の共産主義は病的でひどく陰鬱[いんうつ]なちんちくりん小男ユダヤ人マルクスが狂気の果て思い付いたのだが、これが中国人を完全に狂わせた。病的でひどく陰鬱[いんうつ]なマルク...
  • 靖国神社参拝ってどうなんですか?レス: 0/235(1000件)政治ブログ
  • 凶産[共産]地獄中国の闇陰険なちんちくりん小男ユダヤ人マルクスは、ドイツに生まれ育てられた。能力もないくせに、ドイツで大学行くまで育てて貰っておきながら、...

にほんブログ村

>

キーワード

>

マルクスについて