視床下部

視床下部についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [視床下部] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

視床下部を含むブログ記事

ritsukoさん
  • クロミッドを飲むと体温が上がる?
  • ッドにも同じような作用があるのかな?と思い、クロミッドについて少し掘り下げて調べてみました。クロミッドの作用とはクロミッドは排卵誘発剤ですが、どのようなプロセスを経て排卵を誘発するのかというと・・・?視床下部にある【エストロゲン受容体】にはりついて、【エストロゲン(卵胞ホルモン)】が作用するのを阻害?視床下部は「エストロゲンが足りない!」と勘違いし、【性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)】を放出?性腺...
  • かぞくのくらしritsukoさんのプロフィール
pari88さん
  • 積極的にやってみて!ストレスに強い体質になるコツ
  • ことは、ストレスを自分に合ったレベルに保つということになります。では、ストレスの正体は何でしょうか? 簡単に言うと、困難な状況に直面した時に起きる脳の反応です。脳が危険や困難を感じると、脳の一部である視床下部、下垂体、また、副腎が連鎖的に活性化され、ストレス・ホルモンと呼ばれる物質が血液中に分泌されます。ストレス・ホルモンにはカテコラミン(アドレナリン、ノルアドレナリン)とステロイドホルモン(コルチゾール...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
runさん
  • 16:平成16年度本態性多種化学物質過敏状態の調査研究
  • 海馬から内側部 にある乳頭体・視床その他へと投射される。FA 曝露マウスでは、嗅覚情報が嗅内野でさまざ まな感覚情報と集約・統合され、その集約・統合された情報(興奮性入力)が海馬内に入っ て増幅され、視床下部の神経活動をストレス反応へと変異させたのかもしれない。一方、市 川らが形態変化を検討した扁桃体も、嗅球から直接入力を受け情動発現には重要な役割をす ると考えられている。このように海馬を主とした中枢神経...
  • 化学物質過敏症runのブログrunさんのプロフィール
カズさんさん
  • 失語症の分類2
  • 入ってないか。問題下の図でCが障害された失語症はいずれか。1つ選べ。a Brocca失語b Wernicke失語c 超皮質性運動失語d 超皮質性感覚失語e 伝導性失語関連問題:失語症の分類神経生理学:視床下部、高次脳機能など(歯科国試)解答:MOREへ...
  • 医療関係資格試験マニアカズさんさんのプロフィール
ウォーターマンさん
  • 子供が熱を出したら・・・
  • なぜ熱が出るのか?体温は普通朝は低くて、夕方は高くなります。脳底部にある視床下部がサーモスタットのような働きをして、体温調節しています。免疫系が細菌やウイルスの侵入で反応を起こして、血液中にパイジェロンと呼ばれる物質を分泌します。この物質が作用すると視床下部は体温を上げるように設...
  • 水は大切 自然の貴重な恵みウォーターマンさんのプロフィール
Floral Essenceさん
  • ストレスの話?飯能 エステ輝く美肌へ Floral Essence
  • ストのエステのお客様、すいません ) 今日はストレスのお話です アロマ環境協会の機関誌から〜 ストレスと生活習慣の特集がありました多くの方にとって興味深いテーマですよね ストレスが与える影響内分泌系視床下部を経て下垂体からホルモンが分泌し、ステロイドホルモンが増加など。 自律神経系交感神経が優位な状態が続き血圧が上がったり、内臓の働きが弱まるなど。 免疫系神経細胞からサイトカインという物質が分泌され免疫...
  • 飯能の隠れ家的エステサロン Floral EssenceFloral Essenceさんのプロフィール
Inedo アロマ&オーラソーマ 愛知・名古屋さん
  • 統合失調症?とアロマテラピー
  • ト様にセラピストが関わることは、薬と精油との相互作用や疾患名から慎重にならなければいけないでしょう。黒質緻密部や腹側被蓋野に集まるドパミン作動性神経の投射部位から運動制御や情動行動に関わることや嗅球や視床下部の弓状核にもドパミン作動性神経が分布し、アロマトリートメントで快刺激を与えて情動行動を快反応にもっていくことを考察できますが、使用されているお薬の把握や医師の監督下で抗精神薬を使用しておられるようでし...
  • 香りと色がもたらす癒しの生活 心と身体に安らぎをInedo アロマ&オーラソーマ 愛知・名古屋さんのプロフィール
更年期障害さん
  • 更年期のつらい冷えは要注意!隠れた病気と更年期障害の悪化要因に!
  • のバランスが大きく崩れることが起因しています。更年期の冷えの原因を詳しくみていきましょう。エストロゲン減少による自律神経の乱れ更年期になり女性ホルモンの分泌が減少することで、ホルモン分泌の司令塔である視床下部が混乱をおこします。それが近くにある自律神経に飛び火してバランスを崩してしまいます。エストロゲン減少による代謝の低下エストロゲンが減少することで代謝も落ちていきます。代謝が低下することによって基礎体温...
  • 更年期障害に悩む40代女性のためのサイト更年期障害さんのプロフィール
YOCOCOさん
  • 心地よいマッサージやタッチングでオキシトシンがでる神経経路
  • 、普通に触られるという神経経路とは別の経路をたどるんです。写真の赤い部分。心地よいと感じるタッチは触覚C線維から感覚を受け↓内側脊髄視床路↓視床↓島皮質↓扁桃体※心地よい場合に限り次の過程へ進める。↓視床下部の室傍核にあるオキシトシン神経が刺激されオキシトシンが放出される。という流れ。オキシトシンは授乳中のママに出ているホルモンですがここでいうオキシトシンは脳内の神経伝達物質で、老若男女だれでももっている...
  • バンコクでNo1のウォーキング講師になる!YOCOCOさんのプロフィール
更年期障害さん
  • 低用量ピルが更年期障害を軽くする?HTRとの違いと使う時期の目安
  • 量ピル、中用量ピル、低用量に分かれますが、現在主流は副作用のほとんどない低用量ピルです。低用量ピルの効果低用量ピルを飲むと血中の女性ホルモンが増えます。プロゲステロンが増えるのは通常排卵後なので、脳の視床下部がすでに排卵後だと判断して排卵が起こらないというしくみです。また、周期的に月経を起こすので月経不順の治療にも用いられています。このように、低用量ピルは避妊以外の目的で処方されることも多いのです。月経困...
  • 更年期障害に悩む40代女性のためのサイト更年期障害さんのプロフィール

視床下部を含むブログ村メンバー

  •  
冨塚七枝さん
黒蜜 ねここさん
  • 魚心水心黒蜜 ねここさんのプロフィール
  • 男性不妊で6回の人工授精撃沈。お休み期間に自己流タイミングで授かりました。脳静脈血管種の持病有。

にほんブログ村

>

キーワード

>

視床下部について