視床下部

視床下部についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [視床下部] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

視床下部を含むブログ記事

pari88さん
  • 女性ホルモン美人になれる秘訣「ストレス解消」のススメ
  • を抱えながら生きる現代女性。でもこの辛いストレス、やっぱり女性ホルモンに悪い影響を及ぼしています。もう女性にみられてないかも?あなたの「おばさん度」チェック女性ホルモンの分泌をコントロールしている脳の視床下部は、ストレスによって多大な影響を受けてしまいます。そのため過度のストレスにさらされると、肌荒れや体の不調、更には月経不順などが引き起こされます。最近こんなこと、ありませんか?□高いものを衝動買い□用も...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
hlmawarl5さん
  • 体重減少は食欲不振の秘密。
  • 人間は活動をすると血液中の糖を消費して、血糖値が下がります、血糖値が下がると、身体は蓄えていた脂肪を分解しますの。脂肪を分解するときにできる(遊離脂肪酸)が血液中に増えるとね。摂食行動を促進する脳の(視床下部)の(摂食中枢)に、(エネルギーを摂らなければならない)という情報が送られるの。なので、摂食中枢がその情報を受け取ると、(空腹感)となって胃腸が活発になり、食欲が促されますね。そこでね、食べ物を食べる...
  • 体重の減らし方ダイエットhlmawarl5さんのプロフィール
pari88さん
  • 睡眠不足は全てが最悪だった!美容のために1秒でも早く寝よう!
  • 難しいです。睡眠はそれだけ美容に重要な役割をもたらしています。なかでも女性らしさや、お肌の美しさを保つのに欠かせない「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌への影響はとても大きいそうです。睡眠不足は、視床下部や下垂体が正しく機能せず、女性ホルモンの分泌が乱れると言われています。お肌の潤いや髪をツヤツヤにするのは、エストロゲンの働きがとても重要なのです。また、睡眠時に分泌される「メラトニン」というホルモンに...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
まひろさん
  • 涙活でストレス解消
  • 。1.目の乾燥防止2.目に混入した異物排出3.感情が動いた時このうち、3.に注目です。その仕組みは…悲しい、悔しい、うれしい、感動したなど感情が揺り動かされると、大脳が刺激を受けます。そして脳内にある視床下部というところに刺激が伝わります。視床下部は、「自律神経」をつかさどっている部位です。「自律神経」は寒いときに鳥肌が立ったり緊張すると鼓動が早くなったりするなど無意識のカラダの動きをコントロールする神経...
  • ぶり返す起立性調節障害から回復した息子の記録まひろさんのプロフィール
pariさん
  • 睡眠不足は全てが最悪だった!美容のために1秒でも早く寝よう!
  • 難しいです。睡眠はそれだけ美容に重要な役割をもたらしています。なかでも女性らしさや、お肌の美しさを保つのに欠かせない「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌への影響はとても大きいそうです。睡眠不足は、視床下部や下垂体が正しく機能せず、女性ホルモンの分泌が乱れると言われています。お肌の潤いや髪をツヤツヤにするのは、エストロゲンの働きがとても重要なのです。また、睡眠時に分泌される「メラトニン」というホルモンに...
  • 幸せ呼ぶ猫神の呟きpariさんのプロフィール
抗加齢実践家てるさん
  • 腸内細菌叢の乱れで、体内時計が狂う!?
  • ると、肥満、糖尿病、心血管疾患やがんなどのリスクが高まることが報告されています。脳にある「主時計」と、全身の細胞にある「末梢時計」ところで、私たちの体内のどこに時計があるのでしょうか?1972年、脳の視床下部の視交叉上核という部分に、哺乳類の体内時計(主時計)があることが見つかりました。視交叉上核にある神経細胞は、目から入った光の情報を受け取り、松果体という所へ信号を送ります。松果体からは、「メラトニン」...
  • 健康増進 病気予防 抗加齢 長寿 豊かさ 幸せ探求抗加齢実践家てるさんのプロフィール
Sakuraさん
  • 高所恐怖症のセッション
  • 恐怖の感情)など、いろんな恐れが出てきました。うん。こんなのを抱えていたら、高いところ、閉所は怖いでしょう。それとノリコさんのフォーマットでなるほどなぁ、と思ったのが、脳の情報。今回のケースでは脳幹、視床下部、視床、セロトニンというのが反応したのですが、「脳幹」というのは自律神経やホルモン、呼吸にまで影響を及ぼしているところで、人間の命そのものを維持しているところ。視床は全身の感覚、視覚、聴覚などの感覚入...
  • 虹色の翼にのってSakuraさんのプロフィール
T探偵さん
  • 肌荒れの為に玄米食べたら良かったけど個人差があるらしい。玄米の栄養と効能
  • リザノールγ-オリザノールは、玄米の脂質にあたります。更年期障害や過敏性腸症候群などの医薬品としても使用されている成分です。血液脳関門を通過できる成分で認知症などの改善や依存症の改善も期待できるほか、視床下部の代謝に作用して自律神経調節にかかわることが知られています・コレステロール低下作用 ・抗酸化作用 ・抗がん作用 ・脳機能改善作用 ・自律神経を調節 ・シミやシワの予防 ・メラニンの生成を抑制研究グルー...
  • 辛い手荒れ肌荒れ改善しませんか?T探偵さんのプロフィール
メオトクリニックさん
  • ストレスとは
  • 皮質が評価をし大脳辺緑系に伝達され様々な感情を引き起こすとともにストレス反応を軽減するための行動(ストレスコーピング)を引き起こします。?大脳辺縁系の神経細胞が刺激されると感情は生じますが、その刺激は視床下部に伝えられ自律神経系・内分泌系、免疫系の反応(ストレス反応)を引き起こします。自律神経系反応自律神経系には交感神経と副交感神経があり身体諸器官はこの両者の支配を受けています。生命の危機などの強いストレ...
  • 下ノ畑ニ居マスメオトクリニックさんのプロフィール
cocororoさん

視床下部を含むブログ村メンバー

  •  
冨塚七枝さん
黒蜜 ねここさん
  • 魚心水心黒蜜 ねここさんのプロフィール
  • 男性不妊で6回の人工授精撃沈。お休み期間に自己流タイミングで授かりました。脳静脈血管種の持病有。

にほんブログ村

>

キーワード

>

視床下部について