倭の五王

倭の五王についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [倭の五王] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

倭の五王を含むブログ記事

大垣設備社長さん
  • 漢倭奴国王から日本国天皇へ
  • 漢委奴国王」は、「かんのわのなのこくおう」と読むと学校で教わりました。しかし、著者はこれを否定します。そして、「かんのわどこく・おう」と読むことを提唱しています。魏志倭人伝の邪馬台国・卑弥呼について、倭の五王のこと、遣隋使、日出る国の天子の意味、白村江の戦いの位置付けなどを著者がつぎつぎと解明していきます。武澤秀一「伊勢神宮の謎を解く アマテラスと天皇の『発明』」(ちくま新書)などを読んで、「日本」も「天...
  • 大垣設備社長はこちらです大垣設備社長さんのプロフィール
太守さん
  • 蝦夷征討の拠点・多賀城跡を歩いてきたぞ
  • ある。歴ヲタならば一度は訪れておきたいスポットじゃろう。まずは蝦夷と陸奥国の歴史についてまず仙台までの道中、時間があったので、多賀城創建当時の東北地方についてお勉強。蝦夷については神武東征や日本武尊、倭の五王の時代から、すでにヤマトによる進出があったとされるが、本格的に乗り出したのは大化改新後のことらしい。中央集権を目指していた朝廷は、大化3年(647)の渟足柵(新潟市?)を皮切りに、磐舟柵(新潟県村上市...
  • 鎌倉ではたらいていた太守のブログ太守さんのプロフィール
古荘冬馬人さん
  • ワインと倭の五王
  • するはるか以前からワインとなる要素はすべて揃っており、ブドウの木の実が地面に落ちて潰れ、天然の酵母にて発酵し、ワインとなるものを人類が発見したのです。さて日本の古代に戻ります。南朝への9回の朝貢をした倭の五王のことです。遣隋使や遣唐使は有名ですが、実はたった100年で遣唐使300年と同じ回数の朝貢をしている倭の五王。遣唐使は朝鮮半島航路が使えないから遭難も多発しましたが倭の五王は半島伝いに行くからほぼ遭難...
  • 卑弥呼の都へ旅をする古荘冬馬人さんのプロフィール

倭の五王を含むブログ村メンバー

  •  
Ishiwatariさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

倭の五王について