倭の五王

倭の五王についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [倭の五王] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

倭の五王を含むブログ記事

J.W.Mccallister,jrさん
  • 南朝仏教の伝搬と「生まれ変わり説話」
  • により南下してくると、「百済」はその圧力に耐えかねて「首都」である「漢城」を奪われ、「王」を殺されるなど辛酸をなめることとなります。これ以降「百済」は「南朝」への傾倒を深めることとなった模様です。 「倭の五王」時代には「倭国」とともに「南朝」から「将軍号」を授与されるなどしているのがその現れですが、特に「梁」の「武帝」が深く仏教に傾倒するようになると「百済」もそれに対応するように「梁」から仏教に関する諸々...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
M・ITOさん
  • 原日本紀の復元033 倭の五王〈6〉新しき「讃」候補、菟道稚郎子 登場!
  • いうのも、『日本書紀』の無事績年を除いた年表(以下、「原日本紀年表」)では、仁徳天皇の治世は422年〜450年となり、讃、珍、済すべての遣使年をカバーしているからです(図1)。 ■図1 原日本紀年表と倭の五王の対比表  『日本書紀』では、仁徳天皇の治世は87年という長期間に設定されていますが、無事績年を除いても29年にわたっています。この治世をそのまま認めてしまうと、中国の史書との整合性がとれません。必ず...
  • 邪馬台国と日本書紀の界隈M・ITOさんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「軍王」の歌と「万葉仮名」の成立
  • その持つ「意味」とが浸透することが必要です。 漢字そのものはそれ以前からの中国や半島との交渉において多く流入していたものであり、「漢文」について読み書きが出来る層は一定数あったものと推量されますが、「倭の五王」時代の南朝との交渉や、その勢威を借りた形での国内征服行動などにおいて「漢字」「漢文」に対する理解や、理解に対する欲求も広がっていったものと思われます。 このような中で「仏教」が「百済」から流入したわ...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「神籠石(神護石)」遺跡について
  • いるように見えます。この「神籠石」というものが「筑紫」を防衛するためのものであるとすると、「神籠石」が構築されたのは「筑紫」に「王権」があり「倭国」の本拠があった時期を想定するべきですが、「筑紫」は「倭の五王」以前の中心地であり、その後は「肥後」に移ったと考えられます。つまり、「前方後円墳」の分布及びその石室の形式の変遷などを見ると、中心地は「筑紫」から「肥後」へ移っていたものと考えられます。中国で「四世...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール

倭の五王を含むブログ村メンバー

  •  
Ishiwatariさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

倭の五王について