悟り

悟りについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [悟り] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

悟りを含むブログ記事

higeoyajiさん
  • 菩提寺・裏山の五百羅漢
  • から見えるのがお気に入りで御座います。読めませんが、何かの功績を称えている石碑で御座います。墓の裏手を登って行くと、立派な五百羅漢が御座います。羅漢 = 人々から尊敬・布施をうける資格のある人の意で、悟りをひらいた高僧を指す。サンスクリットのアルハットarhatの主格アルハンarhanの音訳〈阿羅漢〉の略称。 ( by 日本大百科全書 ) ADいいね!コメントするリブログするいいね!した人|コメント(...
  • 髭親爺の日記higeoyajiさんのプロフィール
季戸あいらさん
  • 死を恐れるのは人間だけ
  • 精神を重んじるようになり、偶像崇拝、極楽浄土などの道が定着していった。歴史の教科書の簡略版に過ぎない。問題はどちらの視点に重きを置くかだ。感情がなければ死を恐れない。これは私にとっては圧倒的に魅力的な悟りの片鱗だ。魅力的、などと欲を表す時点で感情的であるというオチになるだろう。どことなく質素に見えて、その内は大層豊かな「無心」というものを操作できるようになりたいと、欲を持ち始めた。risetsu 20...
  • 理刹主義-躁鬱病と診断された女-季戸あいらさんのプロフィール
ホリスティックスタジオ・リケアさん
  • ?お金のために働かない!が幸せへの一歩
  • 1 )├マトリックス・リインプリティンティング ( 0 )◆バイロン・ケイティ ( 9 )◆ヒプノセラピー/催眠療法 ( 35 )◆エモーショナルリバースセラピー ( 8 )◆精神世界/神道/非二元/悟り ( 43 )◆セラピストさんご紹介 ( 7 )◆どうでもいい話(^_^;) ( 7 )ブログ画像一覧を見るこのブログの読者になる(チェック)記事一覧 |?なぜ人生がうまく・・・ »201...
  • 根津・足裏分析リフレ&メディカルアロマ&ヒプノホリスティックスタジオ・リケアさんのプロフィール
HOPE さん
  • 2007年5月「オモニがすべての失敗したこと繕って先生に捧げなければならないのです。2013年1月6日です」(
  • 観からして、お母様の勝利無くして基元節を迎えることは出来ませんでした。期限は2013年1月13日でした。お父様は最後の最後まで渾身の力を込めながらお母様の勝利のためにあらゆるみ言を語り、お母様ご自身が悟り勝利できるように働き続けておられました。しかし、その期限が迫るにつれて、お父様の心配は増幅されて行きました。時が迫って来ていたからです。お父様は、どうしても勝利できないことも想定しながらも、最後の最後...
  • HOPE HOPE さんのプロフィール
Z-Filesさん
  • 「物品移動現象が発生=誰かが死ぬ」←これに悩んでいる
  • りますが、なんだか科学では説明つかない不思議なことが起こりすぎて、そのうち本格的に覚醒するんじゃないかと思っているんです。もう始まっているのかもしれませんが。色々不思議なことを経験するうちに、いわゆる悟り体験というか、宇宙の真理?のようなものを知覚したりしましたし、生と死や魂、宇宙にまつわるようなことがやはりライフワークなのかしら、と思うことが頻繁にあるんです。(わたし自身は、スピ系オカルト系にそこそ...
  • Z-Files 怖い話&オカルトまとめZ-Filesさんのプロフィール
弥勒 仏心さん
  • 【仏心宗法話(558)】《般若(仏心)とは?(70)》
  • グインYahoo!ブログを始めるYahoo! JAPANすべての機能をご利用いただくためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。設定方法は、ヘルプをご覧ください。【仏心宗】法話◎【釈迦の悟り】を『言葉で説明して教えられる』、唯一の「仏教宗派」。お気に入りの人に登録/削除全体表示[ リスト ]健康と医学>病気、症状>メンタルヘルスコメント(0)コメント投稿名前パスワードブログ絵文字&tim...
  • 『仏心宗』法話弥勒 仏心さんのプロフィール
弥勒 仏心さん
  • 【仏心宗法話(558)】《般若(仏心)とは?(70)》
  • グインYahoo!ブログを始めるYahoo! JAPANすべての機能をご利用いただくためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。設定方法は、ヘルプをご覧ください。【仏心宗】法話◎【釈迦の悟り】を『言葉で説明して教えられる』、唯一の「仏教宗派」。お気に入りの人に登録/削除全体表示[ リスト ]【仏心宗法話(558)】《般若(仏心)とは?(70)》クリップ追加2017/12/16(土) 午後...
  • 『仏心宗』法話弥勒 仏心さんのプロフィール
gan1980さん
  • 川越蓮馨寺のおびんずる様に病気平癒祈願。【埼玉県の癌封じ寺】
  • なでぼとけ」とも言われ、全国各地で祀られています。サンスクリット語ではピンドーラ・バーラドヴァージャといいます。神通力を世の人々に自由自在に誇示して見せたので、お釈迦様がお怒りになって、「お前は究極の悟りを得ず、この世にとどまって仏法を守り、人間の病を癒し、多くの衆生を救いなさい」と命令され、その後はずっと人々を救い続けているそうです。川越蓮馨寺へのアクセス・住所・電話番号・地図の紹介 名称川越蓮馨寺...
  • 癌治療.jpgan1980さんのプロフィール
Maayaさん
  • 『私の天命』〜決めました今後の…〜2
  • かどっちが能力が高いかどっちが本物か・・・・ごっこ。これって意識次元が低い人々の意識次元が低い時代のお遊びなのでもう止めにしませんか?真に意識次元が高く能力が高く自分に余計な縛りがなく自由な意識を持ち悟りの境地に近づき高次元意識体へと近づいている人はあいつよりも強い、弱い高い、低いあいつの能力が羨ましい負けるもんか!などとはなりません。何事も微笑ましくあたたかく寛大な気持ちでまるで我が子を眺めるような...
  • [本物注意]ま〜やの宇宙的自立へのお誘い!Maayaさんのプロフィール
miccalusさん
  • 優しく眠りを誘うお花のお茶
  • 物理学や、形而上学(メタフィジックス)など古代からの学問を紐解きながら、多角的に物事を俯瞰してみれるようになるレッスンをしています。 『過去と未来を上書きする方法』の連載も始まっております。 『優しい悟りのレッスン』や『誰にも言えない恋愛ストーリー』なども、購読者様限定で連載しております。 また、シングルマザー時代に出会ったフランス男たちを優しくぶった切る、上から目線の『選ばなかった男たち』シリーズの...
  • ミカリュスのフランス語恋愛絵日記miccalusさんのプロフィール

悟りを含むトラコミュ

仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 
  • 仏教 無我 禅 公案 臨済 道元 
  • 仏教「佛教」(ぶっきょう)とは、仏陀(ブッダ)の説いた教え、仏(仏陀、覚者、真理に目覚めた人)の宗教、また、仏に成るための教え。近世では広く釈尊(しゃくそん)を...
  • トラックバック数:1992 TB参加メンバー数:125人カテゴリー:哲学・思想ブログ
解脱 悟り 覚醒 道 真理に目覚める
  • 解脱 悟り 覚醒 道 真理に目覚める
  • 悟り(さとり)は、菩提・開悟・阿耨多羅三藐三菩提・無上正等正覚(むじょうしょうとうしょうがく)ともいう。また、悟りを開いた者を仏陀・仏・覚者などという。悟りは段...
  • トラックバック数:1165 TB参加メンバー数:48人カテゴリー:哲学・思想ブログ
究極のスピリチュアルの情報発信トラコミュ
  • 究極のスピリチュアルの情報発信トラコミュ
  • メンタル・魂・心(こころ,ココロ,ハート)生きる・スピリチュアル・カウンセリング・癒し・悩み解消・夢・希望・人間関係・職場問題・自己啓発・人生体験談・成功哲学・心...
  • トラックバック数:227 TB参加メンバー数:25人カテゴリー:メンタルヘルスブログ
釈尊(シャカムニ〜ブッダ、buddha)仏陀
  • 釈尊(シャカムニ〜ブッダ、buddha)仏陀
  • 仏陀(ブッダ、buddha)は、仏ともいい、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指す。buddha はサンスクリット語で「目覚めた人」「体解した人」「悟った者」などの意味...
  • トラックバック数:89 TB参加メンバー数:11人カテゴリー:哲学・思想ブログ
外道
  • 外道
  • 外道(げどう)とは、仏教用語で、悟りを得る内道(ないどう)、つまり仏の教えに対する言葉である。転じて道に外れた人をさして言うようになった。外道という訳語は、他の...
  • トラックバック数:93 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:哲学・思想ブログ

悟りを含むブログ村メンバー

  •  
F(エフ)さん
ワンギーサさん
リマさん
naitoukonanさん
しゅくらむさん

悟りを含むアンケート&掲示板

  •  
  • 神様は実在すると思いますか?レス: 0/160(545件)哲学・思想ブログ
  • 神様のようになろうとした人(自分が神だと言っている人)はたくさんいるし、悟りや死後の世界観を教えようとした人はたくさんいるが、「神」そのものであるのはたった一人しかいない。...