放蕩三昧

放蕩三昧についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [放蕩三昧] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

放蕩三昧を含むブログ記事

山口ジジイさん
  • 講談祭り 神無き月に義士の伝〜元禄雪のあけぼの〜 国立演芸場20171016夜
  • 手な演者ですな、自分の兄弟を枕にしたのも導入として絶妙落語協会にも所属してるようだ昔は一龍斎貞丈さんが出てた、ちょいと童顔の貞丈さんも亡くなったのだろう7.貞山 二度目の清書12月14日を前に、花街で放蕩三昧の大石内蔵助は、妻に三行半の離縁状を出すが・・・一龍斎一門の、大切にしてる演目のひとつだそうである硬派な演目を硬派に講談8.最後の口上 全員登場貞山師の口上挨拶、貞心師の音頭で三本締め各師匠連の手ぬぐ...
  • 山口ジジイの どっこい生きてる山口ジジイさんのプロフィール
めぐみさん
  • 韓流時代小説 国王の契約花嫁〜私は必ず生きて王様の元に戻る―久々の夫との再会に心は震えて
  • お宝?の山だ。清国渡りの名品から見事な真珠の工芸品、宝飾品、本来なら王室に献上する品を横領しているのは丸判りだ。―あの噂は本当だったというわけね。 確かに、そのような噂がないわけではなかった。承誠君が放蕩三昧をできるのも実は、自邸の蔵に不正な手段で入手した財宝を貯め込んでいるからだ。そういう噂が流れていたのも事実だった。 しかし、カンは実の叔父であること、またカンの母朴大妃が承誠君とその母淑嬪に対して行っ...
  • FLOWERS〜めぐみのブログ〜めぐみさんのプロフィール
座間コミニティーさん
  • 「・・父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、
  • 「・・父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、2017年10月12日 18時48分27秒 |聖書走り寄って彼を抱き、口づけした」(ルカ15:20)放蕩三昧で帰宅した弟息子を、父親は喜び迎えて宴会を開いた。兄が帰って来るが、この事態を耳にし、怒りで震えた。自分は今まで遊びもせず、我慢して、懸命に父のもとで働いて来た。それを好き放題して、財産持ち崩して、遊...
  • 座間コミニティー座間コミニティーさんのプロフィール
梨野さん
  • 芝居「武士道くずれ」《「鹿島順一劇団」(座長・鹿島順一)〈平成23年11月公演・苫田温泉〉》
  • )、姉の早苗(春夏悠生)が店を手伝っている。店客(梅の枝健)が気持ちよく酒を飲んでいるところに、ぶらりと入ってきたのが、今は、ざん切り頭で着流し姿になった真壁孝平、どうやら時代の流れに乗ることもなく、放蕩三昧、無頼の生活を重ねているらしい。許嫁だった早苗からも敬遠され、孤独な様子が窺われる。件の店客を一睨みして追い出すと、浴びるように酒を飲む。変われば変わるもの、直参旗本時代の「武士道魂」はどこへやら、街...
  • 大衆演劇の名舞台梨野さんのプロフィール

放蕩三昧を含むブログ村メンバー

  •  
ぽこすけさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

放蕩三昧について