織田信長公

織田信長公についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

織田信長公を含むブログ記事

グレート・なごやんさん
  • 織田信長(まとめ京都滋賀他編)+ 信長公墓所ご朱印めぐり
  • 設定も変わることとなり、当初、確か「国内旅行」なんていうもので設定をしていたと思いますが、それが「アメブロ公式ジャンル」ではなくなったため、今は「コレクション」なるジャンルで設定しております。前回、「織田信長公像」を取り上げた時はアクセス数が伸びる旨の記載をしたかと思いますが、考えてみれば、信長さんや戦国武将自身に興味ある方は多くても、「戦国武将銅像」に興味がある方はおそらくごくごく稀れのこと。また、信長さ...
  • 武将銅像天国グレート・なごやんさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • お爺さんが語る郷土の歴史(191) 官兵衛が駆ける(7)・神吉評定(1)
  • を進めます。 神吉城の一室です。部屋には、はりつめた空氣が支配していました。 神吉城主・頼定が席に着きました。 ざわめきが収まるのを待って、頼定は言葉を継ぎました。<城主・神吉頼定> 「すでに我らは、織田信長公に味方すると決している。しかし、情勢は、日々刻々、変転極まりない。この播州を境にして、東国の織田、西国の毛利が覇を競い、両者の合戦は、すでに避けがたい。 さらには、別所氏の動きも考えねばならない。 謙...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
borderlineさん
  • 【岐阜】キュウリに健康を祈願する「岐阜善光寺」の御朱印
  • 平成30年4月27日岐阜県岐阜市の「岐阜善光寺」へ。「岐阜善光寺」は、戦国時代、甲斐の武田信玄公が信濃善光寺より善光寺如来を持ち出し、甲府に新善光寺を建立してお祀りしたのち、信玄公の没後に織田信長公により岐阜・伊奈波の地に迎えられたのが始まりとされます。また、本能寺の変の後、信長公の次男・織田信雄公により尾張の甚目寺に、豊臣秀吉公により京都の方広寺に、徳川家康公により遠江浜松の鴨江寺に移され、そ...
  • 御朱印ランナーの聖地巡礼borderlineさんのプロフィール
木曽Nowさん
  • 第5回 京都一周ぶらり旅
  • くなると言う。やってみたが2回目の叩いた時の方が重く感じた。参拝後あぶり餅をいただき大徳寺の境内を通りぬけ船岡山に向かう。船岡山は標高112mの小山で平安京の北の守り神玄武とされた山。豊臣秀吉の頃より織田信長公の霊地として自然がそのまま残され自然豊かな山でもある。その山頂近くにある建勲神社(たけいさお)は明治2年織田信長を祭神として創建された神社。信長公の愛刀名や天下布武の入った御朱印がいただけるので同行者...
  • 木曽Now木曽Nowさんのプロフィール
バンブー福田さん
  • 【京都探訪】西本願寺(京都市下京区) 3月25日?
  • ですね。室町幕府管領・細川晴元公や近江国守護・六角定頼公、そして日蓮宗門徒の法華一揆ら連合軍の攻撃により山科本願寺は全焼し、やがて石山本願寺に拠点を移したそうです。 時は戦国、天下布武を宣言した織田信長公の覇道の前に立ちはだかった石山本願寺。破竹の勢いで抵抗勢力を撃破し続けた織田軍団と激闘を繰り広げた本願寺は、当時の諸大名と比較しても間違いなく最強クラスの戦闘力だったと思います。顕如上人以下、坊官の下...
  • 笑門来福帳バンブー福田さんのプロフィール
らんぽうさん
  • 本能寺
  • 先日、雨の京都を鴨川、新京極界隈を歩いていたら、本能寺にたどり着きました。明智光秀の「敵は本能寺にあり」を思い出しつつ、「織田信長公御廟所」という石碑も見えたので、ここで信長が殺されたことと結びつきました・・・・小学生程度の知識(笑) 【敵は本能寺にあり】 本来の目的を隠し、人の目をあざむくことをいう。 明智光秀が、備中(現在の...
  • 時は歩数なりらんぽうさんのプロフィール
マッキンさん
  • 織田信長について性格や名言や波乱の人生総まとめ!
  • わせていました。荒れ狂う戦国の世を切りまとめるには、生易しいやり方では通用しないことも事実です。時代の申し子と言えるのではないでしょうか?そんな信長の人となりをご紹介する記事たちです!ビジネスで活用!織田信長公は「黒ひょう」タイプです!攻略方法を伝授します!織田信長名言ベスト5!人生50年の死生観から学ぶ物は?織田信長公について教育方法公開!戦国武将はお寺が学校、僧が先生!織田信長公の最高の舞は「幸若舞」の...
  • 戦国武将・戦国大名たちの日常マッキンさんのプロフィール
祭王子さん
  • 6月3日はあづち信長まつりへ!
  • はあづち信長まつりへ!! 政治・歴史研究会 竹林会第二回竹林会野外研修『吉岡とめぐる安土桃山』を開催 歴史タレント吉岡淳の安土での様々な活動経験を生かして参加される方に楽しんでもらえるように頑張ります織田信長公の人物像に迫る安土城に御所?織田軍の槍は長すぎる! どう使う?などなど吉岡淳の解説で安土を巡り お祭りも楽しむイベントです 懇親会は京都伏見 桃山にて予定 安土→桃山 吉岡淳と巡る安土桃山で続きをみる...
  • 吉岡淳・天下布武への道!祭王子さんのプロフィール
バンブー福田さん
  • 【福井県】称念寺・藤島神社 新田義貞公の偉業
  • やがて越前を支配した朝倉氏に仕官します。文武に秀でた名将もまだ無名の浪人だったんですよね。やがて足利義昭公に仕えて室町幕府の再興を目指して細川藤孝らと奔走します。その力量を買った人物こそ次の主君となる織田信長公だったんですね。天下布武の覇道に邁進する織田軍団にの中で、間違いなく光秀公は首位を争う功績だったと思います。誰と競っていたか?柴田勝家?丹羽長秀?滝川一益?それとも徳川家康?いえいえ、あの羽柴秀吉です...
  • 笑門来福帳バンブー福田さんのプロフィール
京都大神宮さん
  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • ものだそうです。世の中で成功者と云われている方々は、連戦連勝の兵のように思われている方が多いようですが、その方々の伝記等を読みますと、実際には多くの失敗をなさっている方が多いようです。戦国時代の覇者、織田信長公も、敵前逃亡をなさったり、酷い手傷を追われたりされており、勝率も決して高いとは言えません。しかし、そう言った苦境にあっても生き残られたので、今英雄と讃えられております。色々なことがあってもまずは生きて...
  • 京都大神宮のブログ京都大神宮さんのプロフィール

織田信長公を含むブログ村メンバー

  •  
yu-mamaさん
友&猫又さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

織田信長公について