古代中国

古代中国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [古代中国] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

古代中国を含むブログ記事

にじの家さん
  • 遣唐使時代の空海を描いた映画
  • 。 +53■ 2回観に行っちゃったよ。かなり完成度が高いし、オススメ。 +3■ 映像もCGもサントラもグッド。俳優の演技もまずまず。  でもストーリーがなんだか奇妙な感じ。  典型的な「外国人が書いた古代中国」という感じ。  まぁ染谷将太の笑顔のファンになりましたけどね。 +2■ 自分は小説を読む前に映画を観たんだけど、  あとで読んだら、映画はかなり原作に忠実だった事が分かった。  観て後悔することはな...
  • にじの家にじの家さんのプロフィール
hiroさん
  • 原拓を写す 18-7
  • 古代中国で 石碑や青銅器に刻まれた文字や文様に紙を押し当て、墨で写し取ったものを原拓という。文字の拓本は書道のお手本として使われることが多い。今日は 文様を写した。何の説明もないので その文様から感じるしかな...
  • hiroの気ままノートhiroさんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 甲骨文の話 (あじあブックス079)
  • 甲骨文の話 (あじあブックス)(写真はイメージです)古代中国王朝の殷では甲骨文字が使われていた。その出土品は後の史記の正当性を保証し、さらなる文字文化を問いかけている。甲骨文の話 (あじあブックス079)松丸道雄大修館書店私の感想甲骨文は表意文字であり、形声文...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
たkるさん
  • 唐の皇帝20人のうち6人が丹薬による中毒死!?『図解雑学毒の科学』
  • 死!?『図解雑学毒の科学』NEW!2018-01-16 17:08:38テーマ:読書ナツメ社の図解雑学シリーズの1冊『図解雑学 毒の科学』。その名の通り、古今東西あらゆる毒についての本です。本書では、古代中国で不老不死の妙薬と考えられていた丹薬が実は非常に毒性の強い物質であったこと、エジプトのクレオパトラが毒に精通していたことなど、毒に関する知識を深めることができます。ちなみに本書によると、唐の皇帝20人...
  • 新社会人たkるの読書から雑学を得るブログたkるさんのプロフィール
ずぼら女さん
  • 見事なトランプ外交
  • 跡と遺伝子から考える東アジアにおける人の移動命がけで戦い合った日米の絆は深い人種の違いで見る平和的な遺伝子と好戦的な遺伝子日本経済の危機を煽る偽経済学者たち複雑な人間社会で幸せに生きていくには。新説:古代中国の文明は日本人が作った?東日本で弥生文化への移行が遅れたのはなぜか。...
  • ズボラ女の芸能・おもしろ情報発信局!ずぼら女さんのプロフィール
風水師  保坂 昌利さん
  • 家にあると神様や先祖からの守護力が落ちてしまう御札や漫画!
  • ・お札など。もちろんその効果はケース・バイ・ケースですが、実際に風水鑑定をした経験では、その大半は必要なかったです。お好きなら良いですが、あまり効果を狙ってたくさんご購入されるのは気を付けてください。古代中国と現代日本では、家の造りが違うので風水吉方位も違う!古代中国の家の造りである「四合院」を見ると、確かに東南方位の玄関は吉方位です。ただし、同じことが、現代日本の建築事情に適しているわけではありません。...
  • 風水家相コンサルティング風水師  保坂 昌利さんのプロフィール
こはちゃんさん
  • WHO、「伝統医療」認定へ 西洋医学偏重から転換
  • 大の並木隆雄診療教授(和漢診療学)は、「WHOに公式に認められれば、日本の伝統医療の地位向上に役立つ。科学的な調査のもと、漢方の有効性も検討でき、成果は国民に大きく還元される」と話した。 日本の漢方は古代中国に起源があるものの、西洋医学と融合し、中国とは運用方法や処方の作り方も異なるなど独自の発展を遂げた。鍼灸も奈良時代に漢方とともに伝えられ、「日本の医療」として進化。特に中国はボールペンの芯ほどの太いは...
  • エミリンク 小原整骨院 笑顔を繋げる 院長ブログこはちゃんさんのプロフィール
やさしい漢方&漢方ティー教室・SACHIさん
  • 陰陽五行と漢方の共通点と共通しない点って?
  • 「こんな感じ↓陰陽五行と東洋医学の共通点はそれぞれの学問の3分の1前後の様なイメージです。「なんで水色とクリーム色を合わせた部分がオレンジ色になるの?」・・・・それは見やすさ重視という事で。陰陽五行は古代中国で生まれた自然観・自然哲学をベースにこの世の成り立ちを紐解く素晴らしい学問。ただ「陰陽五行とはこうゆうものなのだよ」という、「コレ一冊で陰陽五行丸わかり!」的な古典本・書物はなく、様々な文献に書かれて...
  • 少人数で漢方(中医学)の理論が必ず納得!1day教室やさしい漢方&漢方ティー教室・SACHIさんのプロフィール
おかだ外郎さん
  • 有職故実
  • が「即位儀礼」などにきちんと対応できないのだったら、「一般庶民」に格下げしても良いんじゃないかな。【ただいま読書中】『天皇の即位儀礼と神仏』松本郁代 著、 吉川弘文館、2017年、2800円(税別) 古代中国では「礼」は皇帝権力を正当化するもので「法」は皇帝が定め臣下に与える行政の準則、という二元構造だったのに対し、七世紀の日本では礼も律令に含まれていました。そのため八世紀初頭の天皇は、中国的な「礼」の主...
  • ただいま読書中おかだ外郎さんのプロフィール
ホウリュウさん
  • 安倍晴明占いのお水取りと方位の由来 2018年開運鑑定
  • 見たり、星空を眺めると、自分の存在意義をもう一度、問い直したくなるものです。この壮大な宇宙の中で自分という存在、そして一人ひとりの運命がどのように変化していくものなのか。自然の妙味を実感する一時です。古代中国では、天地創造をどのように解釈し、地球と太陽、月、惑星、星の動きをどのように見ていたのでしょうか。とても関心が高いことですよね。そこで、中国の有名な神話「女媧(ニューワ)補天」をご紹介します。この神話...
  • 日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリーホウリュウさんのプロフィール

古代中国を含むトラコミュ

中国史
  • 中国史
  • 中国史全般に関するトラコミュです。「古代中国史(殷〜秦漢)」「三国志」は専用のトラコミュがありますので、それ以外ということで。
  • トラックバック数:61 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:歴史ブログ
古代中国史
  • 古代中国史
  • 古代中国史に関する、書籍、話題、創作等の記事がありましたらどうぞ。殷(商)〜秦、楚漢までの範囲でお願いします。
  • トラックバック数:64 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:歴史ブログ
こんなに魅力的!古代中国の漢字
  • こんなに魅力的!古代中国の漢字
  • 漢字に触れない日々はないけれど、ちょっと、立ち止まって、見てください。象形文字だったころの面影を持った漢字、ありませんか。漢字の元の姿を眺めると、漢字がなぜこの...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

古代中国を含むブログ村メンバー

  •  
あんちょさん
sanagiさん
ショコランタンさん
pikuminさん
  • 本と漫画の部屋pikuminさんのプロフィール
  • 本、漫画の感想(三国志、古代中国史多め)趣味ジャンルのバトン
鈴元仁さん

古代中国を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 韓国は日本の敵国ですか?レス: 0/70(458件)政治ブログ
  • により、存亡の機器に貧した高句麗と朝鮮半島における利権を拡大したい古代日本は同盟関係となり、また古代中国国家の国家の末裔たる新羅は唐の臣下にくだり対向しました。その結果、高句麗・百済・日本側がまけまし...

にほんブログ村

>

キーワード

>

古代中国について