権力者

権力者についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [権力者] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

権力者を含むブログ記事

韓ドラママさん
  • 韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-キャスト-相関図
  • ジュンサンマンプニの仲間パク・ジュンモクソンドルプニの仲間ナ・ジェウンチルボクプニの仲間メンスンプニの仲間ソ・ヒョンチョルチャン・サムボンイ・バンジの武術の師チェ・ジョンウォンイ・インギョム高麗最高の権力者パク・ヒョックォンキル・テミ高麗の権力者、高麗一の剣士チョン・ノミンホン・インバン高麗の権力者キム・ハギュンペク・ユン高麗の権力者パク・ソンフンキル・ユキル・テミの息子チョン・グクファンチェ・ヨン高麗...
  • 韓国ドラマ あらすじ ネタバレ.net韓ドラママさんのプロフィール
クッキングホイルさん
  • 荒れ野での誘惑
  • エスは彼に言われた、「サタンよ、退け。『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」。そこで、悪魔はイエスを離れ去り、そして、御使たちがみもとにきて仕えた。この「悪魔」というのは、実在の権力者であって、イエス様を懐柔するために誘惑したのだ、という解釈を聞いたことがありますが、山上の説教前、つまり、まだ認知度が不十分な状態では、だれも懐柔しようとは思わないでしょうね。キリスト教徒は「悪魔」が...
  • キリスト教大辞典クッキングホイルさんのプロフィール
頌作雑感(しゅうさく ざっかん)さん
  •  天秤の指標。P2
  • す。この様にA?の?レーニンの考え、?B?クーデターを起こしたリーダー達共に、左右の極端な?「?偏り?」は、国の体制が時間的に違えども、「?独裁的思想?」が?生まれて民は?常に苦境に追い込まれ?1部の権力者や独裁者とその側近だけの閉鎖された体制を生み出して、?裏切りを常用した体制が出来る。この様な思考の理念が、共に流れているようです。即ち、上の図で?緑の円の中に考え方も行動も?保つことが人を動かす基とし...
  • 頌作雑感(しゅうさく ざっかん)頌作雑感(しゅうさく ざっかん)さんのプロフィール
小説試作の下書きさん
  • 詩596 AERA.dot記事 北原みのり「民主主義なの? 呪いなの?」
  • 21400015.html?page=1時々思う、これは神の与える劫罰なのか、神は自分らを愛してはいないのか、むしろ我々を憎んでいるのでは、そうとしか思えない、と。何故、あんなのを我々の生殺与奪を司る権力者の位置にいつまでも据えておくのか、と。多分神の業(わざ)は真逆の現象しか我々に示さないのであろうが、それは芥川に言わせれば「憎むべき嘲弄」というに相応しいということだ。『政治』 ジャンルのランキング沖...
  • 小説試作の下書き小説試作の下書きさんのプロフィール
kimito39gooさん
栄久山妙善寺おしょうのつぶやきブログさん
  • 日蓮大聖人御降誕会
  • ました。何故 日蓮大聖人は命をかけて お題目を広めたのでしょうか?それは お釈迦様の教えの中に 南無妙法蓮華経が一番 有り難く大切なお経だと 書き示されていたからです。しかし 日蓮大聖人の時代は 国の権力者や国民の多くが 南無妙法蓮華経ではなくて 南無阿弥陀仏を 唱えて信仰していました。そのため お題目を広めるには 命をかけるほどの 大変な苦労がありました。南無妙法蓮華経と 唱えれば石を投げられ 命も狙...
  • 栄久山妙善寺おしょうのつぶやきブログ栄久山妙善寺おしょうのつぶやきブログさんのプロフィール
いじめから子供を守ろう!ネットワークさん
  • ◇ 代表メッセージ (2018年2月) ◇ 「校長の権限」 ◇
  • えても濫用はしないだろうという信頼があり、その信頼があるからこそ、その役職なりが与えられているのだと思います。権力を持つ側としては、自分にその力を委ねてくださっている方への責任を背負っているわけです。権力者の 「決断」 において、関係者のためにならないもの、つまり、関係者の喜びや幸福感、さらには関係者の成長につながらないものは、自己満足であり 「職権濫用」 でしょう。ちなみに、学校における管理職である...
  • いじめから子供を守ろう!ネットワークいじめから子供を守ろう!ネットワークさんのプロフィール
ロージーママさん
  • 新月の朝♪
  • あらゆるエネルギーにママの味方をして欲しいから新月の今日 気持ちを切り替えていくよ〜♪6月下旬 蓮の花が満開を迎え楽しませてくれる 蓮畑♪ここはね 地元の権力者所有の田んぼでねみなさんのために‥楽しんでくれるのを見るのが楽しみとのことなんともすごい人です今日 泥の田んぼに肥料をまいて 手入れをしていましたこうやって 見えないところで支えてくれている陰の力にこ...
  • 五つのフォーク&スプーンロージーママさんのプロフィール
mantisさん
  • イギリスの私立小学校留学の必要性
  • 人は永遠に眠り続けるだけだ。戦後GHQによって確立された現在の教育システムに安住する限り、日本人としての自覚は生まれない。日本の学校、大学、大学院はGHQの指示のとおりいまだに思想教育を行っている。「権力者が捏造した」歴史を暗記し受験し、社会で生きていく。その点で北朝鮮の教育、中国の教育と日本の教育は同じだ。学校教育、大学、大学院教育の改革は、憲法が変わらない限り不可能だ。それが実現するまでは、心ある日...
  • アメリカ名門大学留学mantisさんのプロフィール
遊爺雑記帳さん
  • 「改革・解放政策」導入から40年を迎える中国 習近平の向かう方向は?
  • の改革・開放がもたらした経済発展という「果実」を、最大限、自らへの求心力につなげようとしている。再建  毛沢東死去で文化大革命が終わった76年、中国は政治的、経済的に荒廃しきっていた。毛に代わって最高権力者の座に就いた鄧小平は、経済建設を最優先する「一つの中心」や、工業・農業・国防・科学技術を最重要課題とする「四つの近代化」などのスローガンを掲げ、国家再建に乗り出した。  鄧が取ったのは「川底の石を探り...
  • 遊爺雑記帳遊爺雑記帳さんのプロフィール

権力者を含むトラコミュ

道徳や倫理
  • 道徳や倫理
  • 道徳(どうとく)や倫理(りんり) 、あるいはモラルとは、社会や共同体において習慣の中から生まれ、通用するようになった規範のことである。法律などの規則とは意味合い...
  • トラックバック数:207 TB参加メンバー数:56人カテゴリー:哲学・思想ブログ
スピン報道(マスコミの世論誘導)
  • スピン報道(マスコミの世論誘導)
  • 政治家の汚職とかを隠す為に何か別のニュースを大きく取り上げる・・・勧善懲悪で、少しでも目をそらせる事を=スピン報道と言います。権力者がマスコミと結託し行うある種...
  • トラックバック数:19 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:テレビブログ
朝来
  • 朝来
  • 古代の但馬国朝来郡の地である。朝来郡には近畿地方最大の円墳などの古墳が多く、発掘された副葬品などから、古代に巨大権力者がいたことが推測されている。生野銀山は、平...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:地域生活(街) 関西ブログ
絶対応援! *小沢一郎党首候補*
  • 絶対応援! *小沢一郎党首候補*
  • マスゴミが作り上げた虚像が暴かれた!小沢一郎先生の太陽のような笑顔に、具体的かつ明確な政策ビジョンに国民が耳を傾け始めた!権力者の陰謀には絶対に負けない!!ネッ...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:政治ブログ

権力者を含むブログ村メンバー

  •  
nogamiさん
クールCyrusIIさん
いけん!さん
kohaさん
錫米さん

権力者を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 韓国は日本の敵国ですか?レス: 0/70(458件)政治ブログ
  • 善良な国民を騙し嘘の歴史を教えている亡国の輩は敵国というより地域だね「地域」嘘を教え続ける権力者に支配されている地域の人は本当にかわいそうです。その政治の失敗を「反日」に転化させてきたけど、そろそ...
  • 小沢一郎についてレス: 0/189(991件)政治ブログ
  • ーダーシップだのと言われてますが、小沢さんの場合は時代錯誤の封建領主タイプ。人の上に君臨する権力者とリーダーって、意味、違いますよね。支持者の人には申し訳ないですが、近くにいたらかなり避けるタイ...
  • 小沢一郎についてレス: 0/189(991件)政治ブログ
  • ている。民主主義を装って実際はファシズムが牛耳っている国である事に気づいてほしい。小沢一郎が権力者だというが、小沢一郎は権力者でも何でもありません。小沢一郎は全知全能で政界を動き回っているに過ぎ...
  • 国歌・国旗を掲揚を・・・なぜ駄目???レス: 0/241(1396件)政治ブログ
  • ばトラブルも起こらない。問題は、国旗、国歌を強調する一部の人に意図を感じること。政治家・権力者たちの、見えない意図を感じる。戦時下の権力者が国民を扇動した時のような意図ですね。今回の...

にほんブログ村

>

キーワード

>

権力者について