亀山天皇

亀山天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [亀山天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

亀山天皇を含むブログ記事

みやさん
  • 両統迭立ゆかりの地をめぐる〜『とはずがたり』を読んで〜?
  • ?の続きです。後宇多天皇・亀山天皇皇后佶子蓮華峯寺陵を後にしまして。また大覚寺前まで戻り。そして、少し南へ。円山陵墓参考地へ向かいます。円山陵墓参考地は、淳和天皇皇后・正子内親王の陵かも、ということで、陵墓参考地となっています。正子内...
  • 明鏡止水〜タビと私〜みやさんのプロフィール
みやさん
  • 両統迭立ゆかりの地をめぐる〜『とはずがたり』を読んで〜?
  • ?の続きになります。大覚寺を後にしまして。てくてくとひたすら歩いて、後宇多天皇・亀山天皇皇后佶子蓮華峯寺へ。宮内庁の公式HPによると、市バス大覚寺から北へ1.3キロだそうです。思っていたより遠かった。大学生のとき、行ったことありました。当時は、レンタサイクルで爆走し、嵯峨天皇陵と行った記...
  • 明鏡止水〜タビと私〜みやさんのプロフィール
みやさん
  • 両統迭立ゆかりの地をめぐる〜『とはずがたり』を読んで〜?
  • の記録などが綴られている。二条の告白として書かれているが、ある程度の物語的虚構性も含まれると見る研究者もいる。5巻5冊。1313年ごろまでに成立した模様である。持明院統(後深草天皇の系統)と大覚寺統(亀山天皇の系統)に皇統がわかれて争いはじめた時代です。そんな時代背景が、宮廷の雅な雰囲気にも表れているように、『後宮』を読んだら思うのです。『とはずがたり』を初めて読んだのは、確か中学生の時で、漫画でした。い...
  • 明鏡止水〜タビと私〜みやさんのプロフィール
maboさん
  • 那須国造碑
  • ひとりの女子は、常州小栗左衛門の妻となった次男の資長は醫王野の郷を賜り、醫王野次郎左衛門資長となりました。延慶元巳亥年には河原町に城を築き、佐保姫(春の女神)の霞城と命名、この領土を納めました。九十代亀山天皇が統治していた文永(1264年から1274年まで)の時代には、慥(たしか)に北条郡那須の庄醫王野の郷と言われていましたが、醫王山田道場邊徃生院専称寺に安置されている紫磨金色一光三尊の阿弥陀如来の后背(...
  • mabofarmの農場?maboさんのプロフィール
igpさん
  • 日蓮宗総本山・身延山久遠寺へ1。
  • れてしまいます。その上、禅宗を信じていた時頼からも「政治批判」と見なされて伊豆に流罪となったりしています。しかし時頼没後、国内では時頼の遺児である執権北条時宗が異母兄時輔を殺害し、朝廷では後深草上皇と亀山天皇が対立の様相を見せ始めるなど、内乱の兆しを思わせる事件が発生しました。そして日本史上初の外国からの侵略戦争である蒙古襲来が起こり、日蓮の予言は見事に的中することになりました。五重塔。その後、処刑をすん...
  • 記憶の中にigpさんのプロフィール
ハリさんさん
  • 燃ゆる都、今だから京都に行こう!嵐山・嵯峨野編の巻 其ノ壱
  • 山。今ではすっかり陰を潜めたけど、観光客を乗せたバスはひっきりなしにやってきます。特にこの季節、風情のある光景に皆さん感嘆の声を漏らしてはりますえぇ。◎渡月橋・嵐山公園鎌倉期(元寇があった頃)の天皇、亀山天皇が橋の上にかかる月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」とのお言葉を発せられたことにちなんでこの名が付いた。江戸時代後期の浮世絵師葛飾北斎が、諸国名橋奇覧(全国の珍しい橋を画題とした全11図の名所絵揃物)...
  • 第肆章「ホンマかいな、そうかいな、へぇ〜!」ハリさんさんのプロフィール
:大杉日香理@全国神社参拝ツアーさん
  • 【九州!来年の神旅®の事前準備始まってます】
  • G®?こんばんは大杉日香理です。先日より、日本三大八幡のひとつ、福岡に鎮座する筥崎宮にて、来年の神旅®の事前準備を。元寇の最前線となる場所で、鎌倉時代に想いを馳せます。当時の天皇である亀山天皇の『敵国降伏』の迫力は凄いですね。ということで、神旅®への後押しも【強運】を龍神からグググっと願います。そして!引き続き九州での結界RPG®中、今年、世界遺産に登録された宗像大社へ。青...
  • 大杉日香理の開運神社アテアメソッド:大杉日香理@全国神社参拝ツアーさんのプロフィール
凜さん
  • 歴史教科書読み比べ(25) 南北朝時代 〜 報国と私欲の戦い
  • なかった。 尊氏・義詮は新たに後光厳天皇を立てたが、今回は偽の神器すらない中での即位となった。さすがにこれでは権威もないと、足利氏三代目の義満が南朝と和平交渉をし、明徳3(1392)年、南朝第4代の後亀山天皇から、北朝第6代の後小松天皇に譲位される形で、神器も北朝に渡されることになった。 和平条件としては、今後、再び、両朝から天皇が交互にお立ちになるという事だったが、義満は神器さえ取り戻せば、と、この合意...
  • 凛として愛凜さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

亀山天皇について