バート・ランカスター

バート・ランカスターについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [バート・ランカスター] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

バート・ランカスターを含むブログ記事

ターナーさん
  • 『私は殺される』
  • る』2019-01-15 10:54:57 |1950年代小型パンフレット『私は殺される』(49)(1986.7.6) 心臓病でベッドから離れられないレオナ(バーバラ・スタンウィック)。夫のヘンリー(バート・ランカスター)が出勤すると、家には彼女一人となり、外部との接触は一台の電話だけになる。ある日、レオナは交換手のミスによる電話の混線で、図らずも女性殺害の打ち合わせを耳にするが、やがてそれは自分を狙ったものだと知る...
  • 田中雄二の「映画の王様」ターナーさんのプロフィール
bunsho-sanさん
  • No.0088 デヴィッド・ホックニーが描いたサバービアと、そこに潜む退屈と憂鬱と狂気と。
  • は翳り始めていく。僕にとっては、そんな「サバービア」のイメージは、「サバービア」の作家ジョン・チーバーのイメージが強く、彼の原作をフランク・ペリーという人が映画化した1969年の作品『泳ぐ人』(主演はバート・ランカスターだ)のイメージであり、1958年にジャック・タチが撮った傑作『ぼくの伯父さん』(これはフランス映画だけれど)に登場するモダンな建物や、その雰囲気のイメージであり、1970年に入った頃、大ヒットした(今...
  • アデュー・ロマンティークbunsho-sanさんのプロフィール
河童の歌声さん
  • 嗚呼、ミスキャスト!
  • いう無念感が残ります。アメリカ映画全盛の日本に於いて、「モンテクリスト伯」を映画化するとなれば、演じるのはアメリカ人。日本人から見れば、アメリカ人でもフランス人でも、どっちでもいいやなんで。例えば・・バート・ランカスターグレゴリー・ペックショーン・コネリージェームス・コバーンリック・ジェーソンクルスチャン・マルカンそして、これは2002年に映画化された時の俳優。ジム・カヴィーゼルという俳優だそうです。(私は知りません...
  • 河童の歌声河童の歌声さんのプロフィール
ターナーさん
  • 『OK牧場の決斗』
  • 空の色が良かった。浪曲的西部劇『OK牧場の決斗』(2015.2.3.)https://blog.goo.ne.jp/tanar61/e/fb4bb74eb78af8c52099110db42c20ecバート・ランカスターのプロフィール↓カーク・ダグラスのプロフィール↓『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村コメントTweet«尾道...
  • 田中雄二の「映画の王様」ターナーさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

バート・ランカスターについて