麻酔科医

麻酔科医についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [麻酔科医] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

麻酔科医を含むブログ記事

ゆーきさん
  • 「心をひらいて欲しい」が負担になることもある。
  • 運命鑑定家の檜原有輝です。ギックリ腰はメンテナンス中。昨日は職場でドクターに湿布をちょうだいと!щ(゜▽゜щ)言うと「注射したる」とやたらめったら追いかけられて逃げまくってました。元は麻酔科医だから注射に腕がなるんでしょうね(笑)とりあえず、全力で遠慮しました。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ところで、あなたは「いい人」ですか?俗にいう「いい人」とは人を愛し、人を助け、人を守れる。常識的で、正統性で、...
  • 神秘運命学   運命カウンセラー檜原有輝ゆーきさんのプロフィール
根こそぎ竹田先生さん
  • 2年前から竹田先生の大ファンである患者様のおなかに対する硬膜外麻酔!【#epidural...
  • 模様です。動画のフルバージョンはYouTubeでsbctakedaと検索してください!硬膜外麻酔の動画だけではなく美容医療に関する動画を7000例ほど掲載しています!私は美容外科医であると同時に現役の麻酔科医でもあります。美容外科医としての休日は一般病院の手術室で麻酔技術の向上と知識のアップデートに励み、私のところにご来院される患者様に対しより一層安全で安心していただける麻酔を提供し続けています。 ?(?...
  • 脂肪吸引で激やせダイエットはおまかせ!根こそぎ竹田先生さんのプロフィール
llsstaffさん
  • "万引き家族"よりヤバい"年金タカり家族"は本当にいる
  • こちらの記事です。カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した映画『万引き家族』。貧困家庭が犯罪を繰り返しながら生きていく姿が描かれているが、フリーランス麻酔科医の筒井冨美氏は「映画の発端となった年金の不正受給問題よりも、もっと切実で深刻な事例がある」と語る。その実情とは――。で、ここで出てくるのが年金タカり家族真っ先に思ったのは「貧困」の深刻さだ。そして、「...
  • 介護徒然草llsstaffさんのプロフィール
らんらんさん
  • 手術当日(4/10)ー前半ー
  • 拶してくれた。?5〜6人に囲まれながらテレビでしか見たことのない手術室へ歩いている時は緊張しまくりだった。心臓がドキドキする。?到着すると、すぐに手術台に寝るよう指示があり、そこから先はされるがまま。麻酔科医の先生から、今から全身麻酔をしますねと言われ、口にマスクが装着された。吸って1回目で意識が「ガクンッ」となる感覚があり、2回目吸ってからの記憶はない。?目が冷めた時には手術が終わっていた。にほんブログ...
  • 30代派遣社員の卵巣嚢腫手術体験記(腹腔鏡)らんらんさんのプロフィール
とりこ&エコさん
  • また変わっている?googleのTOP画面「ヴァージニア・アプガー」生誕109周年でした♪
  • ージニア・アプガー(Virginia Apgar, 1909年6月7日 - 1974年8月7日)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ウェストフィールド出身の、小児科学および麻酔専攻の女医・女性医学者・麻酔科医である。また、新生児の出産の際にアプガー指数を導入したことによる乳幼児死亡率の低下で世界に貢献した。〜〜Wiki無料の百科事典より〜〜なるほど・・・近年の赤ちゃんの死亡率低下の裏には彼女の「貢献」があ...
  • 「エコ友」って何?編物ハンドetc_イラストもとりこ&エコさんのプロフィール
fullmoon-ponさん
  • 本日のGoogle(2018/6/7)
  • 。ロゴをクリックすると「ヴァージニア・アプガー」に関する検索ページに飛びます。ロゴ画像のタイトルは「ヴァージニア・アプガー 生誕 109周年」です。アメリカの小児科学および麻酔専攻の女医・女性医学者・麻酔科医です。出産直後の新生児の健康状態を表す指数「アプガー指数(Apgar score)」を考案したことで知られており、乳幼児死亡率低下に貢献しました。アプガー指数は自らの名前(APGAR)を指標に用いてお...
  • じブんログfullmoon-ponさんのプロフィール
Tさん
  • Googleロゴ ヴァージニア・アプガー 生誕109周年
  • ージニア・アプガー(Virginia Apgar, 1909年6月7日 - 1974年8月7日)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ウェストフィールド出身の、小児科学および麻酔専攻の女医・女性医学者・麻酔科医である。また、新生児の出産の際にアプガー指数を導入したことによる乳幼児死亡率の低下で世界に貢献した。 (wikipediaより)ジャンル:WEBデザイン撮影したいろんな写真のほか風景印のこと、プライベ...
  • bon appétitTさんのプロフィール
たひちさん
  • めいちゃん誕生
  • いただ、私はあえて言いたい。日本では出産は自然なものとされ、自然分娩が良しとされている。でも、これだけ大変なものを我慢せよというのかと。フランスやアメリカでは7、8割を超える無痛分娩。向こうは大病院で麻酔科医もいて十分な体制があるからできることだというのも分かるけど、体験してみて今この現代で技術があるのになぜすすまないのかと思う。帰省先では、経産婦の無痛分娩を受け入れる産院が1軒のみ。初産なのであきらめま...
  • ミャンマー嫁入り日記たひちさんのプロフィール
ヤスさん
  • 妻が入院しました
  • 科の病気で、今日から入院しました。朝の10時までに来てくださいと言われて、車で連れて行きました。道が空いていれば、車で20分ぐらいです。9時半に家を出て、10時少し前に着きました。明日の手術の説明を、麻酔科医の先生から聞きました。その後に病室に案内されて、血圧、血糖値他測りました。それから入院のための部屋着、タオル等の入院セットを借りて、テレビカード、イヤホンを買って、部屋に帰りました。もうすぐお昼の時間...
  • うつ病からの復職に向けてヤスさんのプロフィール
光線治療院さん
  • 病院:薬剤の量誤り…様々な事例
  • トで見て「ここなら安心」と東京女子医大病院へ。母は「お医者さんが治してくれるよ」と言い聞かせた。 2月18日。手術は7分で終わり、人工呼吸の管を通したまま集中治療室へ。体が動いて管が抜けないようにと、麻酔科医がプロポフォールの点滴注入を始めた。耳鼻咽喉(いんこう)科の主治医は「安全な薬なので心配しないでください」。翌日、母が体のむくみに気づく。主治医は薬剤の知識に乏しく無責任な説明をしていた。 3日目、心...
  • ひなたぼっこ光線治療院さんのプロフィール

麻酔科医を含むブログ村メンバー

  •  
anesthesiologistさん
大ふへん者さん
ぴいとさん
  • 年上女房の育児ブログぴいとさんのプロフィール
  • 12月11日 長男出産。子煩悩パパと脳天気ママの二人三脚子育て奮闘記です!
kanaさん
  • ずぼらかぁかの気まぐれブログkanaさんのプロフィール
  • 麻酔科医の旦那はん・元ナースの嫁・その間に生まれたやんちゃ坊主との日常を自由・気ままに書いています。
  • 節分
マサネストさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

麻酔科医について