辞世の句

辞世の句についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [辞世の句] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

辞世の句を含むブログ記事

bytmさん
三十郎さん
  • 水辺の鳥の飛び姿
  • の詠む "俳句や短歌のようなもの”は、決まりごとを全く知らない得体の知れないものです。ときには感じ入った古い詩歌をそのまま引用したり(その場合は出典を明記します)、有名な俳人・歌人の作や、世に知られた辞世の句などのもじりもあります。思わずツッコミたくなるでしょうが、洒落としてご理解ください。- CafeNote -...
  • 黄嘴冗嘆 〜こうしじょうたん〜三十郎さんのプロフィール
よしさん
  • 夢のセミリタイア、現実の失業保険
  • ンにとって、なんと魅力的な言葉でしょう。 スティーブンキング「ショーンシャークの空に」を彷彿とさせる自由への解放! しかし現実は「露と落ち、露と消えにし我が身かな、浪速のことも夢のまた夢」(豊臣秀吉の辞世の句)に終わる儚い幻想。。 夢は夢として、現実的に考えるのは途中で会社を辞める場合の失業保険失業保険とは会社に勤めればいつの間にやら徴収されている強制保険です。(アルバイトの場合は要確認です)その支給日数...
  • 定年前にしておくべき節約術10選よしさんのプロフィール
マッキンさん
  • 松平慶永(春嶽)とは?日本初りんごを植え自転車に乗り明治と命名した人!
  • 革や洋学所を建てたり、と矢継ぎ早に取り組んでいきました。結果、日本国の中央の政治に深く関わり、表舞台に躍り出ることが出来ました。明治維新成立後、要職を務め、近代国家の幕開けに貢献した人物と言えます! 辞世の句63歳で肺水腫のため、東京小石川の自宅で亡くなります。その時読んだ句が、「なき数に よしや入るとも 天翔り 御代をまもらむ すめ國のため」國の事を最後まで想い亡くなっていきました。 最後に男、松平春嶽...
  • 戦国武将・戦国大名たちの日常マッキンさんのプロフィール
峰さんさん
  • バスで行く「奥の細道」(その8) ( 須賀川: 福島県 )
  • 奥の 田植うた”)(句意については、上記の「奥の細道の旅・ハンドブック」の等躬宅についての記述をご参照)十念寺の境内には、上の写真の「芭蕉の句碑」があり、その左手に下の写真の「市原多代女(たよめ)」の辞世の句碑がありました。”終に行く 道はいづくぞ 花の宴”多代女は、須賀川出身の江戸末期女流俳人で、芭蕉の句碑はこの多代女によって建立されたそうです。バスツアーは、十念寺を出て、「可伸庵」(かしんあん)跡へ向...
  • ウォーク更家の散歩峰さんさんのプロフィール
三十郎さん
  • しんとして川せみ飛ぶや山の池 <正岡子規>
  • の詠む "俳句や短歌のようなもの”は、決まりごとを全く知らない得体の知れないものです。ときには感じ入った古い詩歌をそのまま引用したり(その場合は出典を明記します)、有名な俳人・歌人の作や、世に知られた辞世の句などのもじりもあります。思わずツッコミたくなるでしょうが、洒落としてご理解ください。- CafeNote -...
  • 黄嘴冗嘆 〜こうしじょうたん〜三十郎さんのプロフィール
タナカさんさん
  • 泡沫の日々はまた儚きかな。
  • 泡沫と書いてうたかたって読み方あるんだな。儚きは人の夢と書く…人の一生なんて儚いもんなんだねーだってさ、天下人となった秀吉だって、なにわのことは夢のまた夢なんて辞世の句を詠むのだからさ。社会の底辺で一生ごちゃごちゃしてたオイラなんか、儚くて当たり前だし泡沫の日々だったに違いなく。 とわいえ、だからこそ何か自分の中にだけでも生きた証や落とし前をつけて死にたいなんて、ま...
  • 下流中年タナカさんのやさぐれ雑記帳タナカさんさんのプロフィール
文月さん
  • 天誅の名人と呼ばれた暗殺者、岡田以蔵
  • たことがきっかけで自白したとするもの等、様々です。史実での以蔵がどうだったのかは、史料が少なくはっきりしない部分も多くあります。それでも、意外と創作で主人公になっている作品があるのは、不思議ですよね。辞世の句を見ると、すごく尽くすタイプの人に見えるのですが、実際はどうだったのでしょうか。暗記しているので、最初にどこで見たのかはもう覚えていません。もしかしたら、司馬遼太郎の「人斬り以蔵」かもしれません。かな...
  • 月夜のひまつぶし文月さんのプロフィール
ひとはさん
  • 帰参キャンペーンだからあえて
  • 鳴かぬなら 晒してしまえ ホトトギス織田信長公の辞世の句である(嘘)こんばんわひとはだよ本日は鬱入ってるかもです。毒吐いたらごめんよまずご報告を祝!!新規の方が一門に入門してくれました。!!!この方は数回前のブログに登場してた断末魔の方です。その方のプライ...
  • 信ON 最期の一葉ひとはさんのプロフィール
いなかさん
  • 三木の干殺し
  • 「今はただ 恨みもあらじ 諸人の 命に代はる 我が身と思えば」これは、別所長治(べっしょながはる)の辞世の句である。三木城主・別所長治公と照子夫人の首塚。今から440年前、ここ三木城で過酷な兵糧攻めがあった。天正6年(1578年)、別所長治氏が織田信長氏に離反し毛利氏側につくと別所氏の影響下にあった東播磨の...
  • いなかさんのべログいなかさんのプロフィール

辞世の句を含むトラコミュ

明智光秀
  • 明智光秀
  • 戦国時代、安土桃山時代の武将。通称は十兵衛。正式な名のりは、源光秀。幼少時の名は桃丸。生年は不詳であるが、光秀死後かなりのちの江戸時代に書かれた軍記文学『明智軍...
  • トラックバック数:89 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
快川紹喜
  • 快川紹喜
  • 出自は美濃。臨済宗の僧。恵林寺にかくまった六角義弼の引渡し要求を拒否したことから焼討ちに遭う。僧侶もろとも焼死。武田信玄に「機山」の道号を与えた事でも知られる。...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

辞世の句を含むブログ村メンバー

  •  
ジェネラスさん
minatojijiさん
  • 辞世minatojijiさんのプロフィール
  • 生きることに疲れたオヤジの辞世の句
norio373さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

辞世の句について