辞世の句

辞世の句についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [辞世の句] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

辞世の句を含むブログ記事

しょーさん
よっちゃんのおててつないでさん
  • 東海道道草ウォーク№44「保土ヶ谷宿〜川崎宿」(横浜市保土ヶ谷区〜川崎市)
  • 、元禄7年(1694)五月、江戸深川の庵を発ち、郷里の伊賀(三重県)へ帰る途中、川崎宿に立ち寄り、同道してきた門弟たちと別れる際に詠んだ句です。同じ年の十月、旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる という辞世の句を残し51歳の生涯を閉じました。川崎市中心部に入ってきました。時間も5時を過ぎ、帰宅を急ぐ人々で混雑しています。小土呂橋の親柱・・・・・かつて、東海道と新川堀の交差地点にあった石橋が「小土呂橋」。現在...
  • よっちゃんのおててつないでよっちゃんのおててつないでさんのプロフィール
DXの好きなお爺さんさん
  • 散る桜・・・
  • *QSO局:YT3X(80CW)朝,80mで579とバッチリ入感、そろそろ80mの夜明けが近いのでは・・・・ R0ZA(40FT8)【散る桜・・・】 『散る桜、残る桜も、散る桜』良寛さんの辞世の句だそうですが、この年をして、最近その心境がわかるようになりました。100年たてば地球上の人間は、一部の長寿な人を除いて全て入れ替わるわけです。100年後の地球はどうなっているのか? 人間はどう変化して...
  • お爺さんのDXCC挑戦DXの好きなお爺さんさんのプロフィール
サヨリさん
  • 中山道(加納宿)界隈
  • させ住職として住まわせた家康が【厭離浄土・欣求浄土】の旗印で戦ったところから、浄土宗厭離山専求院欣浄寺と称する昭和の初め、岐阜駅南開発のため道路拡張で東西に2分され、空襲で境内は消失句碑群だけが残った辞世の句みたいですが・・当寺の檀信徒で俳句や和家の会を集い15代住職も同会に所属していたから・・と言う森桂園の句碑Last updated2018/10/12 12:27:40 AMコメント(10) |コメン...
  • サヨリのたわごとサヨリさんのプロフィール
のぼるさん
  • ご近所スナップ(秋を感じるこの頃)
  • 10月の別称が「時雨月」であることから「時雨忌」とも。 我が地元、大垣は『奥の細道』の結びの地。江戸を発つときは「行く春や鳥啼魚の目は泪」と詠み、旅を終えた大垣では「蛤のふたみに別れ行秋ぞ」と結んだ。辞世の句は「旅に病んで夢は枯れ野を駆けめぐる」。...
  • 父ちゃん坊やの普通の写真その3のぼるさんのプロフィール
兼好さん
  • 年金の資格期間、短縮された「10年」が再び延長されたら・・・
  • ( ◎) ≡3 ≡3 ≡3 ≡3 ≡3 打つ手がないまま餓死野垂れ死にです・・・インフレが来てもそうだけどね。。。病気や自然災害も怖いけど…長寿も怖いなんて。。。悲しい矛盾だな・・・・前の記事に沖田の辞世の句、引用したけど。。。動乱の頃、夭折した武士や天下国家のために正しいと信じたことを、生命をかけて貫いた志士は豊かであるはずの一方、長寿を心配しなければいけない今の日本をどう思うかなあ・・・...
  • ランティエの日々兼好さんのプロフィール
内海 亘博さん
  • なるほどなーと思った話。
  • し 大和魂」これは、吉田松陰が死ぬ時に読んだ句と言われています。つい先日、千葉の友達が遊びに来てくれたんですけど、その友達の母校は吉田松陰が作った学校だって言うんで、色々聞こうと思った矢先、吉田松陰の辞世の句すら知らなかったんで、さくっとその話は終わりました。世界を一周してる時に出会った、千葉の夫婦と名古屋の夫婦が、わざわざ福山の我が家に遊びに来てくれました。んで、各県の歴史の話で盛り上がってたんですが、...
  • 人生のフルコース内海 亘博さんのプロフィール
ごまめさん
  • 歌集・もうちょっと生きる〜三田三郎
  • えてくる・・・・・・。いつものごとく、気になった歌を、少し・・・・・。桜なんて散ればピンクのゴミだよと笑う僕らも死ねば生ゴミ夕暮れに「幸せなら手をたたこう」が聞こえて僕は両手に荷物安らかに眠れるほどの辞世の句作れないからまだ生きている食べ放題・飲み放題で3000円泣き放題はプラス1000円「難しい問題なので結論はすぐにでません」「とりあえず飲め」(第一条)寝るなら帰れ(第二条)飲むなら起きて背筋を伸ばせ帰...
  • ごまめ〜の〜いちょかみごまめさんのプロフィール
ジョニー山中さん
  • 君がため尽くす心は水の泡 高知市鏡川もみじ橋
  • どうだい、何の変哲もない普通の橋だろう?もみじ橋とジョニー岡田以蔵を知ってるかい?冒頭の歌の続きはこうだ君がため 尽くす心は水の泡 消えにしあとは澄みわたる空どうだい、いい歌だろう?この歌は岡田以蔵の辞世の句だ。岡田以蔵、人切り以蔵と京都でおそれられた、あの、岡田以蔵だ。幕末の混乱期、武市瑞山(半平太)の率いた土佐勤皇党で、反対勢力を切った男。この辞世の歌を見ると、ただの殺人鬼ではないことをわかってもらえ...
  • ジョニーの心の旅 高知県ダイエット編ジョニー山中さんのプロフィール
aoikaraさん

辞世の句を含むトラコミュ

明智光秀
  • 明智光秀
  • 戦国時代、安土桃山時代の武将。通称は十兵衛。正式な名のりは、源光秀。幼少時の名は桃丸。生年は不詳であるが、光秀死後かなりのちの江戸時代に書かれた軍記文学『明智軍...
  • トラックバック数:89 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
快川紹喜
  • 快川紹喜
  • 出自は美濃。臨済宗の僧。恵林寺にかくまった六角義弼の引渡し要求を拒否したことから焼討ちに遭う。僧侶もろとも焼死。武田信玄に「機山」の道号を与えた事でも知られる。...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

辞世の句を含むブログ村メンバー

  •  
minatojijiさん
  • 辞世minatojijiさんのプロフィール
  • 生きることに疲れたオヤジの辞世の句
norio373さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

辞世の句について