ローレンス・フィッシュバーン

ローレンス・フィッシュバーンについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ローレンス・フィッシュバーン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ローレンス・フィッシュバーンを含むブログ記事

ライトニングさん
シマさん
  • [映画]ジョン・ウィック:チャプター2
  • ィングゲームを観るだけの作品だ。キアヌがムキムキでもなく、影があるのが魅力の一つか。いや、今回やっと本作の面白味がわかった。プロの殺し屋同士のプライドとルールを持ったやり取りが実にカッコイイ。コモン、ローレンス・フィッシュバーン、ルビーローズとの会話は実にク−ルだ。 主人公はあり得ないほど実直に敵と正面きって対決していくけど、決して無敵の強さではない。あれだけ殺しまくっても周囲はまったく無関心のような独特の世界観。そしてある...
  • シマの遠吠えシマさんのプロフィール
D&Dさん
  • 映画 [ スタンドオフ ]
  • inch screenこの映画は、殆どが一軒の家の中で繰り広げられる、暗殺者、暗殺の証拠を握る少女、家の家主の男の 3人のサバイバル劇という体裁を取っていて、駆け引きと心理戦が終始展開される。暗殺者(ローレンス・フィッシュバーン演) は、墓地で、ある葬儀の参列者全員を殺害し、仕事を完遂するが、そこにたまたま居合わせた少女イザベルに撮影されてしまう。暗殺者は少女を追い、少女は逃走し、ある一軒家に逃げ込む。その一軒家には元軍人で...
  • D's audio & visual NOTED&Dさんのプロフィール
take51さん
  • 最近、見た映画「パッセンジャー」「LOGAN/ローガン」
  • 僕は満足な終わり方でした。二人はどんな最後だったんだろう?と想像しても想像しきれませんが、ラストメッセージを聞く限りではいい最後だったのだと思います。どんな映画に出演しても最後は死んでしまう印象が強いローレンス・フィッシュバーンも、今回はカッコイイ死に方でした!モルテン・ティルドゥムという監督さんですか・・。調べると彼の作品はこれが初めてのようです。ちょっと気になりますね・・・【点数】 内容:9 点 映像:9 点 音 :8 ...
  • サラウンドに嵌った男のブログtake51さんのプロフィール
mhometheatercomさん
  • アーマード 武装地帯/ARMORED
  • ずの廃工場で運悪くホームレスに目撃され、やむなく射殺する事態に。犠牲者が出たことに動揺したタイの思いがけない行動で、全員が一転して窮地に陥ってしまい・・・。【キャスト】マット・ディロン、ジャン・レノ、ローレンス・フィッシュバーン、アマウリー・ノラスコ、マイロ・ヴィンティミリア、スキート・ウーリッチ、エイマリー・ノラスコ 【映画を見る】【openload字幕】【vidoza字幕】【streamango字幕】【ランキング】【動...
  • 無料映画タイトルmhometheatercomさんのプロフィール
JUNさん
  • ヒュンダイ/キア韓国勢のゴリ押し感は異常。F1ドライバー、ミュージシャンを起用しスーパーボウル動画を公開
  • ぎ込むのは得策ではない、ということなのでしょうね。それでは動画を見てみようヒュンダイ/キアはこれまでにもハリウッドスターを起用したプロモーション動画を多く作成しており、ピアース・ブロスナン(007)、ローレンス・フィッシュバーン(マトリックス)、ライアン・レイノルズ(デッドプール)といった俳優を起用。今年はさらにお金をかけているようですね。こちらは話題のキア・スティンガー。なんと伝説のF1ドライバー、エマーソン・フィッティパ...
  • Life in the FAST LANE.JUNさんのプロフィール
しばいぬさん
  • 久々に海外ドラマ
  • れるかも」と思った服を着て出てきたことが一度たりともない。そんなジェシカ演じるジーナ・トーレスは何気に自分と同じ誕生日で無性に嬉しかったりしました。彼女は映画「マトリックス」のモーフィアス役等で有名なローレンス・フィッシュバーンの奥さんなんですね。何ならジーナ自身もマトリックス出てた。確かにマトリックス感ある!(マトリックス感とは)ハービーの有能な助手ドナも凄くスタイルが良い。カツカツとヒールの音を響かせてスタイリッシュなオ...
  • お茶の友しばいぬさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ローレンス・フィッシュバーンについて