観応の擾乱

観応の擾乱についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [観応の擾乱] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

観応の擾乱を含むブログ記事

坂の上のヒゲおやじさん
  • 太平記を歩く。 その183 「高師直塚」 兵庫県伊丹市
  • 西宮市から国道171号線を北東に進んで伊丹市に入ったあたりに、「師直冢」と刻まれた石碑があります。師直とは言うまでもなく、足利尊氏の執事・高師直のことです。「観応の擾乱」における「打出浜の戦い」に破れた尊氏軍は、逃げ込んだ松岡城にて足利直義と和議を結びますが、その条件として、師直を出家させるということになり、師直らが京都に護送される途上、養父を師直に殺された上杉能賢...
  • 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
坂の上のヒゲおやじさん
  • 太平記を歩く。 その182 「松岡城跡(勝福寺)」 神戸市須磨区
  • 止めた尊氏は、2月25日に松岡城を出発、山陽道を京へと引き返すのですが、その帰路、「その181」で紹介した鷲林寺の前で高師直が殺され、また、その翌年には足利直義が尊氏に殺害(異説あり)されたことで、「観応の擾乱」は一応の決着をみます。勝福寺の石段の上り口の左手に証楽上人の墓所があるのですが、このあたりを「ハラキリ堂」と呼んでいるそうで、切腹しようとした尊氏に由来していると考えられています。ところでこの松岡城...
  • 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
谷藤 友彦さん
  • 【日本史B】センター試験(2018年)オリジナル解説
  • 。 足利直義=足利尊氏の弟。建武政府では成良親王を奉じて鎌倉将軍府を担っていたが、中先代の乱を機に兄とともに幕府創設に尽力。初期の室町幕府は尊氏と直義による二頭政治で運営された。兄弟の対立から始まった観応の擾乱では高師直と対立し、始め優勢であったものの、最終的に鎌倉で毒殺された。 三浦泰村=評定衆を務めた鎌倉幕府の有力御家人。前将軍藤原頼経、北条氏支族の名越光時らの謀反に弟が加担していたのを機に北条時頼と対...
  • free to write WHATEVER I like谷藤 友彦さんのプロフィール
坂の上のヒゲおやじさん
  • 太平記を歩く。 その181 「鷲林寺」 西宮市
  • 西宮市にある鷲林寺を訪れました。ここは、正平6年/観応2年(1351年)2月17日に起きた「観応の擾乱」における「打出浜の戦い」において、足利直義が陣を布いたとされる場所です。 「光明寺合戦」で勝負を決することができなかった足利尊氏軍は、軍勢を兵庫に移し、摂津の赤松範資と合流して大軍を形成します。 同...
  • 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
坂の上のヒゲおやじさん
坂の上のヒゲおやじさん
  • 太平記を歩く。 その178 「石龕寺」 兵庫県丹波市
  • 兵庫県丹波市にある石龕寺までやってきました。難しい漢字ですが、石龕寺(せきがんじ)と読みます。ここは、「観応の擾乱」にて敗れた足利尊氏とその嫡子・足利義詮が、一時この地に身を寄せたつ伝わる寺です。「観応の擾乱」とは、南朝、北朝の争いが続くなかで起きた、足利氏内部での内紛のことをいいます。征夷大将軍に任ぜられ幕府を...
  • 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
UTSUさん
  • 歴史的十代と妖怪水筒こぼし
  • ぐらいなら受けないという卑劣さです。ガラスの十代でした?(自分でフォローしたゾ。)まあ、頭もガラス製だったんですかね。見事に吸収しなかった。だけど、なんか書いてある断片が残っててたまにぶつかります。「観応の擾乱」「高向玄理」「管領」「健児」「中先代の乱」……ハタと。ハタと思って十数年。もはや、ハタハタハタハタハタハタハタハタぐらいに思ってるので、愛着も湧いてきました。何とかする時が来たと思います。教科書を読...
  • 卒業したいよ、慶応通信。UTSUさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

観応の擾乱について