観応の擾乱

観応の擾乱についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [観応の擾乱] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

観応の擾乱を含むブログ記事

館長さん
  • 2018年12月14日のつぶやき
  • イン会を開催 https://t.co/NJArjFLuBL at 12/14 00:57fortune_ukyou / 占い師 右京RT @BOOK_asahi_com: 『 #応仁の乱 』や『 #観応の擾乱 』など、じわじわと来ている謎の室町本ブーム。先月刊行された『 #室町幕府全将軍・管領列伝 』もそんな室町本の一つです。いまなぜ室町時代なのか。ちょっと意外なことに、“サバイバル”という点で現代に通ず...
  • 占い館ルネッサンス姫路☆オフィシャルブログ館長さんのプロフィール
城新聞さん
  • 第668号岩切城
  • ×南北70mの広さで、その東南に二ノ丸が、さらにその東南に三ノ丸が位置した三段構えでこれらが中枢的として時を経て諸郭を順次拡大、整備していったとされます。 1351年、足利尊氏と弟の直義の対立による「観応の擾乱」が東北にも波及し、奥州管領の吉良貞家と畠山国氏が対立。尊氏方についた畠山氏、宮城氏、留守氏は岩切城に籠城して対抗したものの、これを直義方の吉良氏、和賀氏、結城氏に攻め落とされ、畠山国氏ら100名以上...
  • 城新聞城新聞さんのプロフィール
太守さん
  • 小夜の中山、中先代の乱の合戦場に行ってきたぞ
  • な。この後、今川頼国は北条時行軍を追って鎌倉へと進軍し、相模川の合戦で戦死している。2人の弟もこの乱で討死し、今川の家督は頼国の子・頼貞がついで丹後、但馬、因幡守護を拝命することになる。じゃが、頼貞は観応の擾乱で足利直義に味方して没落。今川の血は、駿河・遠江守護となった頼国の弟(五男)・範国がつなぎ、後の戦国大名今川氏へと続いていくというわけじゃ。なお、名越高邦には高範という弟がいたんじゃが、興味深いことに...
  • 鎌倉ではたらいていた太守のブログ太守さんのプロフィール
りせさん
  • 天龍寺と無窓疎石 2018秋
  • に安国寺を建立し利生塔を設置しました。(展望台の「望京の丘」から)1342年に天龍寺の建設資金調達のため疎石は天龍寺船の派遣を尊氏に献策し、尊氏は資金を得ることができました。 疎石は足利家の内紛である観応の擾乱(1349-1352)では双方の調停も行い、この間に北朝方の公家や武士が多数、疎石に帰依しました。無窓疎石は1351年に死去し臨川寺に葬られました、享年76歳。臨川寺は亀山上皇の離宮「亀山殿」の別殿「...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
タラちゃんさん
  • 石龕寺(せきがんじ) [兵庫県丹波市]
  • 紅葉がきれいだと聞いたので、紅葉狩りを兼ねて、行って参りました。587年、聖徳太子の開基と伝えられています。南北朝時代には、観応の擾乱にて足利尊氏が敗れ一時、京都から播磨に逃れる際には、息子の義詮と、この地に身を寄せていました。1579年(天正7年)には、織田信長による丹波攻略の任を受けた明智光秀によって、山門を除いて、ひと山ことご...
  • 兵庫県お出かけブログタラちゃんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

観応の擾乱について