小津監督

小津監督についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [小津監督] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

小津監督を含むブログ記事

梨野礫さん
  • 映画「青春の夢いまいずこ」(監督・小津安二郎・1932年)
  • なると「金権主義」に変貌していく世の中を、子どもの目から捉えた佳品である。その子どもたちの成長した結果が、「青春の夢いまいずこ」だとすれば、斎木の卑屈な気持ちは払拭されなければならない。そこらあたりが小津監督の願いを込めた結論ではないだろうか。 (2017.6.3) フラワーギフト にほんブログ村...
  • 文芸茶話・《文学・映画・演芸・テレビ・「雑考」》梨野礫さんのプロフィール
くうこさん
  • 大人の見る繪本 生れてはみたけれど
  • の姿がたまらなく我慢ならなかった…。 (allcinema ONLINEさんより)【かんそう】おもしろかったですねー!!!サイレントで90分?!耐えられるのか?!と、思ったけれど、子供がメイン、しかも小津監督作品。やっぱり観たい!!と、劇場へ。観て良かった〜おもしろかった〜ほんとおもしろかったです。子どもたちみーんなかわいらしくて、みーんないい面構え!!特に主人公の兄弟二人はいい顔してます!子どもの世界も...
  • シネマド館くうこさんのプロフィール
くうこさん
  • 大人の見る繪本 生れてはみたけれど
  • の姿がたまらなく我慢ならなかった…。 (allcinema ONLINEさんより)【かんそう】おもしろかったですねー!!!サイレントで90分?!耐えられるのか?!と、思ったけれど、子供がメイン、しかも小津監督作品。やっぱり観たい!!と、劇場へ。観て良かった〜おもしろかった〜ほんとおもしろかったです。子どもたちみーんなかわいらしくて、みーんないい面構え!!特に主人公の兄弟二人はいい顔してます!子どもの世界も...
  • シネマド館くうこさんのプロフィール
kazさん
  • 悲しい風格
  • 親でなくても感じる。共通の感情なのだ。そのところが小津映画が世界で評価されるところでもあるような気がする。「役者に泣かせなくても、悲しみの風格は出せる」  小津安二郎この動画は「晩春」のラストシーン。小津監督は笠智衆にこのような指示を出したそうだ。「笠さん、リンゴの皮を?き終わったら慟哭してくれ」と。笠智衆は「オーバー嫌いの先生からそんな注文を受けたのは初めてだったので驚きました。あの場面で慟哭するのは、...
  • ピアノのある生活、ピアノと歩む人生kazさんのプロフィール
kazさん
  • 世界共通のもの
  • っていると思う)も、白い襟、白いソックス、無地のワンピース、当時としても古風すぎるのではないか?ほぼ小津映画の洋装女性は「無地の女」なのだ。たまに格子柄になったりはするが、現実にはありえない。そもそも小津監督は洋物(カーテンとか)にはチェック、和物(湯?み茶碗とか)には縦縞のような法則、美意識さえあるのではないか?もしかしたら、日本的な独自のものに異国の人は惹かれるのではなく、人種や文化に関係なく、共通し...
  • ピアノのある生活、ピアノと歩む人生kazさんのプロフィール
DOSさん
  • 「男はつらいよ」などの映画監督の「山田洋次ミュージアム」に行く!!
  • してとことん見入ったほどの小津好き!!…でありましてその代表作 「東京物語」を山田洋次監督がリメイクしたんですね…山田洋次監督らしさもちりばめてあってなんていうのかな…人物配置とストーリーは、ほとんど小津監督の「東京物語」と一緒だと言っていいくらいなぞってあるんだけど…小津監督の「東京物語」よりもウンと生活感があるというか 庶民的なんですよね…山田洋次の描く世界は限りなく現実に近くて…公開当時2つの映画を...
  • 新・日記どす(DOS)DOSさんのプロフィール
kazさん
  • こだわり
  • この動画は異国の方がアップしたもののようだ。3本の映画のシーンが集められている。「彼岸花」「お早う」「秋日和」の3本。こうして短いシーンを寄せ集めたものを見てみると、小津監督の「赤い色」へのこだわり、執着がより分かるような気がしてくる。赤い色に限らず、小津監督が執着した、格子柄、縦縞、浦野着物のオンパレード。色だけではなく「丸」とか「菱形」のような形にもこだわりがあったの...
  • ピアノのある生活、ピアノと歩む人生kazさんのプロフィール
kazさん
  • 赤いヤカン式譜読み
  • った。表面的に観ると、そこには何もないというか?「もしかしたらこれは・・・」と初めて感じたのが、「彼岸花」という映画。この映画は小津映画初の総天然色、つまりカラーの映画ということになる。ここで色、特に小津監督がこだわったとされる赤い色に気づいたのだ。赤いヤカンは無造作に畳の上に置かれている。ヤカンは台所のコンロの上にあるのが普通だ。でも赤いヤカンに物凄くインパクトを感じたのだ。洋室のカーテンは格子柄で統一...
  • ピアノのある生活、ピアノと歩む人生kazさんのプロフィール
HIROKIさん
  • [映画] 浮草
  • 、その3人が大好きな僕にとって、とても見応えのある映画でした。決してコメディでは無いけど、面白おかしく、心が軽くなるこの感じ、重く描こうと思えば描けるストーリーなのに、ほんわかしていて心が温まる感じ、小津監督ってやっぱりスゴイな。と実感できる作品です。音楽の使い方も絶妙だと思います。しかし中村鴈治郎、素晴らしいなあ。女系家族の番頭役がとても好きでしたが、この作品の中村鴈治郎も大好きです。...
  • ブルースと私の生活HIROKIさんのプロフィール
クプクプさん
  • 日本の夏には怪談を「ハロー張りネズミ」
  • 闇を抱えながらも慎ましやかで凛とした姿が美しい。また、やはり不吉で妖しい彼岸花が美しいのだけど、庭に彼岸花をほんとうに植える家があるのだろうかと思っていたら、山本富士子さんが「徹子の部屋」に出ていて、小津監督の義妹さんが自分の庭に咲く彼岸花の切り花を毎年贈ってくれるのだという。小津監督の「彼岸花」は山本富士子主演で、これはまだ見ていない。今年は夏に「ハロー張りネズミ」「おそろし〜三島屋変調百物語」と怪談も...
  • るらら科学の子クプクプさんのプロフィール

小津監督を含むブログ村メンバー

  •  
絶望30代 アラサーの映画日記さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

小津監督について