遺灰

遺灰についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [遺灰] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

遺灰を含むブログ記事

108円さん
タイナタウンさん
  • タイのニュース 「プミポン国王陛下崩御関係」 〜2017年?
  • 10月29日(日) 23時38分(タイ時間)▼newsclip.be▼【タイ】25日に始まったプミポン前タイ国王の葬儀は29日、納骨式が行われ、同日夜に終了した。30日は喪明けとなる。 前国王の遺骨、遺灰はバンコクの王宮に納められた…<続きを読む>プミポン前国王の遺骨と遺灰、グランドパレスに運ばれるOctober 30, 2017▼バンコク週報▼ プミポン前国王陛下の葬儀の最終日である10月29日、ワ...
  • マッサージ屋さんなりのタイのニュースです。タイナタウンさんのプロフィール
のぶヒろぐさん
  • 諦めないこと。続けること。
  • キング奥多摩) Shishikurayama Trek (Okutama) / jetalone半分は答えが出ていますが、正解は「舎利」を納める建造物であるということです。「舎利」とは御釈迦さんの骨や遺灰。仏教伝来や布教の際に中国から海を渡って伝えられたといわれていますね。さて、西暦754年の今日1月21日。天平勝宝5年12月20日。中国から10年越し6回目にして、ようやく日本にたどり着いたのが鑑真和...
  • のぶヒろぐ〜漆喰について日々考える〜のぶヒろぐさんのプロフィール
気まぐれオヤジさん
  • ワット・チャナソンクラーム Wat Chana Songkhram, Bangkok カオサン通り外れにある戦勝の寺
  • ナソンクラーム Wat Chana Songkhram Ratchaworamahawiharn と命名しました。王宮に近いこともあり王族との関わりも深く、ラーマ VI世の時代に改装されたあとは王族の遺灰を納めていました。カオサン通りがバックパッカーなどの旅行客で賑わい始めたのは 1980年代半ばからです。今ではカオサン通りは一大観光スポットになっていますが、この寺院のことを取り上げたガイドはほとんど...
  • マックな気まぐれメモ気まぐれオヤジさんのプロフィール
miffyさん
  • 2つの箱
  • クルでやって来ます。今日はTMSに行けました。眠れない日の方が逆に体は動きますが、でもそれも半日が限界です。まだまだ日々をサバイブするのに精一杯な感じです先週の今日、キキを天に返しましたが、今朝キキの遺灰が戻って来ました。先週だったらまだ生きていた時間に。遺灰を見ると、あーもう本当にあの子はいないんだと思いますが、すべて夢の中の出来事みたい。ピンと立った細い尻尾、プニプニの肉球、大きなクリクリの目、す...
  • ふり返ってみると案外笑えるかもしれないmiffyさんのプロフィール
tk450さん
  • 映画『あなたへ』を観て(ネタバレなし)
  • ートします。しかも手紙はもう一通あり、7日以内に彼女の故郷の郵便局まで取りに行かないといけない。そこで、生前からリタイア後に2人で色々なところへゆっくりと旅をしようとして改装していたワンボックスカーに遺灰をのせて旅をはじめる・・・。旅の途中で、ビートたけしが演じる車中泊の人、草なぎ剛と佐藤浩市演じるデパートの物産展でいかめしを実演販売する人たちなどと巡り合い、交流を深めながら旅を進めます。みんな良い感...
  • おっちゃんあんちゃんの覚書tk450さんのプロフィール
ミスタークヨウさん
  • 散骨の費用、気を付けること、注意点を専門家が解説
  • こと天涯孤独の身でない限りは、自身が亡くなったあと悲しむ人がいるはずです。思いのほか、遺骨が納められている場所がないことや、手を合わせる場所がないということが辛いという人はいるものです。「私が死んだら遺灰を海に撒いて」と言う人がいますが、供養というのは本人だけのことではなく、残された人のことも考えることが重要です。▼関連記事www.shuukatsu.blog?しっかりとした業者を見つけること以前、終...
  • きみと終活とわたしミスタークヨウさんのプロフィール
ハナママゴンさん
  • 忠犬ハチ公: ようやく3人一緒に!
  • 忠犬ハチ公は、その死後毛皮は剥製にされ国立科学博物館に秋田県のモデルとして陳列されたものの、そして臓器はホルマリン漬けの標本となって上野博士の勤務先だった東大の農学資料館に展示されたものの、それ以外は遺灰となって青山霊園にある上野博士のお墓の傍らに埋葬されたそうです。でもこれは上野博士の分骨されたお墓で、メインのお墓(?)は三重県津市の名家だった上野家代々の墓所にあるようです。(こちらに画像があります...
  • ハナママゴンの雑記帳ハナママゴンさんのプロフィール
ぱぴこさん
  • 取材・寄稿させていただきました!
  • 宅保管)した、という体験談です。手元供養を選択したキッカケや手順、費用、その後について取材させていただき、記事にまとめました。最近はデザイン性の優れた骨壷がいっぱいあり、私自身すごく興味がわきました。遺灰をアクセサリーにするのにも興味があります。お墓のことで悩んでいる方、墓じまい・手元供養に興味のある方は是非ご覧ください。リンク先に無言でもいいのでブックマークいただけると嬉しいです(^^)? ...
  • ミニマリストinアメリカぱぴこさんのプロフィール
SARAさん

遺灰を含むブログ村メンバー

  •  
鹿さん
  • 遺灰は五大湖へ・・・鹿さんのプロフィール
  • 日常をの出来事とともに写真を載せています。空、動物、キャラグッズ(笑)…いろいろ撮っています。