五社神社

五社神社についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [五社神社] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

五社神社を含むブログ記事

kazu1000のブログさん
  • 【都島神社】(みやこじまじんじゃ)大阪市都島区
  • 舞われた。後白河法皇が当地へ行幸した際にこれを哀れみ、当地の守護神として神社を置くよう命じた。当社の歴史は、これを受けた毛馬村・滓上江村(沢上江村)・友渕村など8村が協力し、永暦元年(1160年)に十五社神社を建立したことに始まる。当初の社名は天照大神を初めとする15神(廣田大神、住吉大神、熊野大神、三十川大神、白山大神、生野大神、小守大神、石上大神、春日大神、加茂大神、大原野大神、松尾大神、石清水八幡大...
  • kazu1000のブログkazu1000のブログさんのプロフィール
tyakoさん
  • 忘れがたい東海道は雨の中・・・
  • 方ヶ原の合戦」では、戦に敗れた家康が、命からがら逃げ込んだ浜松城の大手門です。この門を開け放ち、かがり火をたき、大太鼓を鳴らしていたために、武田軍が攻めてこなかったという逸話のある大手門です。 ホテル五社神社・諏訪神社家康が秀忠の誕生を喜んで現在地に社殿を建立したといわれ、国の重文に指定されておりましたが、空襲ですべてが焼き尽くされて現在の社殿になっております。若林一里塚江戸から66番目の一里塚です。藩境...
  • tyakoの茶の湯往来tyakoさんのプロフィール
吉祥天さん
  • 2018年高野山旅行記その5
  • は、赤いですが、こちらは、茶色。渋いね。振り返ってみますと、こんな感じ。また、霧が出てきました。傍らはこんな感じ。途中、休憩地点があり、見下ろすとこんな感じ。?信貴山の空鉢修行?を思い出します。途中に五社神社がございました。さらに登ります。。。すでに30分、かかっています。到着いたしました。思ったより、小さな空間で飛び降り防止か、鉄の柵が至る所に配置され、景色もあまり見えません。霊験あらたか、魔除け、成就...
  • 愛と感謝の心で本気で願うことは必ず叶う。吉祥天さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

五社神社について