溶岩ドーム

溶岩ドームについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [溶岩ドーム] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

溶岩ドームを含むブログ記事

たかたかのトレッキングさん
  • (続)思い出に残る山(31) 浅間山(2568m )
  • 景観と天下一品と言っても良い程の展望との対比はさながら天国と地獄の絵図その物であり登山禁止を無視してもなお登りたいと思う登山者の気持ちが此処に来て頷けたJバンド昼食後セーターと防寒着を着こみ黒々とした溶岩ドームの荒々しい壁を見ながら火口の回りを半周 今まで見えなかった前掛山の旧火口壁も凄い形相だ前掛山を登山者が数名、頂点を目指している直ぐ目の前に有りながらその姿はまるで蟻が蠢いている様だった尚も進むと?斑山...
  • たかたかのトレッキングたかたかのトレッキングさんのプロフィール
エバ夫婦の山紀行ログさん
  • 風不死岳(1102m)
  • ティーが知り合いとは、世の中狭いなぁ〜とこの偶然に驚いた。北尾根頂上部に出て一気に視界が広がり樽前山の雄姿が目に飛び込んでくるそして、早々に頂上到着・・・風も無く快適な頂上だった頂上から望む「樽前山の溶岩ドーム」ズーム頂上からの眺望を楽しむチーヤン眼下に広がる支笏湖ブルーとその先に望む恵庭岳が懐かしい・・遠望が利かなかった白老岳方面の景色・・・★ 4年ぶりの登頂・・・貸切の頂上に立つと樽前山の溶岩ドームが印...
  • エバ夫婦の山紀行ログエバ夫婦の山紀行ログさんのプロフィール
アッピアさん
  • 今週は息子の「音楽ウィーク」でした〜音楽がメインとなりつつある日常
  • 発覚時のこと【1】・・・しこりの自覚...病歴 エピソード編アッピアを応援し続けてくださった皆様へ病歴UPします。高山・白川郷一人旅・・・白川郷&飛騨牛編急展開、今日から入院はじめまして!皮膚転移は、溶岩ドームからクレーターに最近の画像[もっと見る]2013夏2日目:千畳敷カール5年前2013夏2日目:千畳敷カール5年前2013夏2日目:千畳敷カール5年前2013夏2日目:千畳敷カール5年前2013夏2日目...
  • 波乱万丈 乳がん転移ライフ!アッピアさんのプロフィール
sealionさん
  • 有珠山登山 2007年9月 6
  • 西に位置する外輪山展望台から撮影した写真です。1600年代以降、多くの噴火を繰り返している有珠山。噴火のたびに新しい火山が隆起しています。噴煙を上げているのは1977年の噴火で出来た有珠新山と呼ばれる溶岩ドームの山麓ではないかと思います。噴煙を上げる活火山を間近で見るたびに、地球は生きているということを感じます。噴火口東方の様子。中央上に見えるのは1853年の噴火で出来た大有珠と呼ばれる溶岩ドームです。18...
  • 北海道のいいとこ撮りsealionさんのプロフィール
svetlaさん
  • もしかして、古代のピラミッド?の噂もあった松代・皆神山に登ってみた
  • の皆神山はちょっと特殊。周りの山と、明らかに山容が異なるのです。少し人工的にも見えることから、もしや古代のピラミッドでは?と疑われたこともあるそうですが、そんなことはなくて、どうやら軽井沢の離山と同じ溶岩ドームだそうです。それでも、半世紀ほど前に起きた松代群発地震の震源はこの皆神山の直下だとか。さらにその昔は、戦局悪化に伴う大本営の移転先として、あちこちに壕が掘られた、いろいろいわれのある山なのですが、山頂...
  • 軽井沢ドリームハウス生活日誌svetlaさんのプロフィール
kenjiさん
  • ワイ島フォト日記 PUNA地区の制限がもうすぐ。。。。。
  • しまったが近づくと異様な雰囲気の飲まれてしまった立ち枯れの樹木が異様な光景誰が植えたのかヤシの木が淋しそうに朝露を吸っていた軽石状態の蓄積は歩くと7,8cmほど体が沈む住宅地に突如現れた 高さ70mの溶岩ドーム京都の大文字焼を思い浮かんだよ不幸中の幸いだったのは地熱発電研究所その向こうにはきのこ雲の様に噴煙が上空を焦がしていたおどろおどろしい この地にも太陽は平等に美しい景色を運んでくれる...
  • もう一つのHAWAII | フラ、ハワイオリジナルツアーkenjiさんのプロフィール
日本画MOTORCYCLEさん
  • 熊本、長崎
  • とても分かりづらい熊本城のマスコット(たぶん)。でもしっかり飛んでいます。いろんな思いが伝わってきました。熊本からその日のうちにフェリーで島原に渡り1泊。二日目は島原に渡って雲仙普賢岳、平成新山です。溶岩ドームを間近で見学。そして長崎へ。三年越し、念願の大波止・桃華園の皿うどん(太麺)。三年前長崎に住む友人にここへ連れてきてもらった時、ちゃんぽんをたのんだので今回は必ずここで皿うどんを食べる!と決めておりま...
  • 日本画MOTORCYCLE日本画MOTORCYCLEさんのプロフィール
紳士さん
  • 11月17日は、国際学生、将棋、肺がん撲滅デー、蓮根の日、雲仙普賢岳噴火
  • のときは2つの噴火孔から雲煙を認めるだけにとどまったが、以後約半年間で少なくとも5回の大きな噴火を記録し、噴火口を拡大していった。当時の被害状況噴火活動は、特に島原市と深江町に大きな被害をもたらした。溶岩ドーム状から土石流に変わった後も、粘性が高いまま堆積しながらゆっくりと広範囲に流れ落ち、火山灰も豪雨によって流出したことから、水無川および島原市の千本木地区が大きな被害を受けた。風向きによっては九州地方の広...
  • 紳士のブログ紳士さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

溶岩ドームについて