家臣

家臣についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家臣] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家臣を含むブログ記事

とめのかくれがさん
  • お花がきれいな八王子城 北条氏照墓所
  • を拡げますがその前に立ちふさがったのは豊臣秀吉でした。豊臣秀吉の小田原攻めでは主戦派と見なされ、兄の氏政とともに小田原で切腹して果てました。お花がきれいです。誰かが今でもお花をお供えしているようです。家臣衆と思われるお墓も氏照のお墓の背後に並んでいました。小田原市にも兄、氏政と一緒にお墓があります。↓よろしければポチッとお願いします!にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...
  • とめの隠れ家へようこそ neoとめのかくれがさんのプロフィール
yukemuriのブログさん
  • 江戸を見れば 55  旗本奴が町奴を殺害 芭蕉14歳
  • 伊賀では城代をつとめた七千石の藤堂釆女家につぐ家柄であった。  新七郎家の当主は代々新七郎という通称を襲名した。芭蕉が仕えた当時の当主は名乗り(本名)藤堂良精(よしきよ)と称した。 武家奉公人は正規の家臣ではなく一時雇が原則であるが、終身雇用のケースもあった。  芭蕉は、幼弱な七郎家の跡取りに巡り合ったことが俳聖への道への第一歩であったと考えられる。幸運なめぐり逢い。2017/09/24 16:01c...
  • yukemuriのブログyukemuriのブログさんのプロフィール
こにるさん
  • 第262回:三崎城(北条氏による三浦半島の支配拠点)
  • あったお城です。元々,この地域を支配した三浦氏の城郭として機能していたと考えられますが,1516年 北条早雲の攻撃により三浦氏が滅亡すると三崎城は北条氏の三浦半島支配拠点として拡充整備され,旧三浦氏の家臣も取り込み大規模な水軍が編成さました。一大水軍基地となりった三崎城は対岸の房総半島で勢力を持っていた里見氏との争いで重要な役割を果たしました。16世紀後半 北条氏政の弟である北条氏規(ほうじょううじの...
  • こにるのお城訪問記こにるさんのプロフィール
秩父・仙台まほろばの道さん
  • 大崎神社の瀬織津姫とお彼岸
  • 創建以前に築かれた官衙遺跡ですが、奥州の大崎氏の城として有名だったそうです。たくさんの遺品が見つかったのですが、遡ると多賀城より古いとわかり、玉造柵の有力候補地となった場所です。主人の先祖は、大崎氏の家臣だったので、その場所を有効に利用しようとしていたようなんですね。大崎騒動の話。伊達政宗も登場する時代。先祖は、まじめにせっせと働いていたのだけど、人間関係に疲れたらしい…。巻き込まれたわけですな。それ...
  • 秩父・仙台まほろばの道秩父・仙台まほろばの道さんのプロフィール
ダース・インベスターさん
  • 米沢城
  • た米沢藩9代目藩主上杉鷹山公の像。 アメリカ第35代大統領ジョン・F・ケネディが最も尊敬する政治家は、上杉鷹山であると語ったことはあまりにも有名。 鷹山公が家臣に残した和歌。心に響く… なせば成る なせねば成らぬ何事も 成らぬは人のなさぬなりけり...
  • インベスター卿の投資日記ダース・インベスターさんのプロフィール
kawateraさん
  • 無責任
  • た  には、責任に関する下のような事柄が記されています。徳川5代将軍の治世、佐土原藩の御手船・日向丸は、江戸城西本丸の普請用として献上の栂 (つが) 材を積んで江戸に向かった。遠州灘で台風のため遭難、家臣の宰領達は自ら責を負って船と船員達を助けようと決意し、やむをえず御用材を海に投げ捨て、危うく船は転覆を免れ、下田港に漂着した。島津家の宰領河越太兵衛、河越久兵衛、成田小左衛は荷打ちの責を負い切腹する。...
  • 日本人の知的能力を増進する提案ブログkawateraさんのプロフィール
ろでぃさん
  • 信長の野望・創造 戦国立志伝、大河ドラマ「おんな城主 直虎」風のプレイ日記その2
  • !しかも、取ったばかりの鳥羽城に♪ この場所なら、仮に今川家から独立したとしても、何とかやっていけそうです! とりあえずは、三人トリオの連中を「提案」で引き抜こうとしたのですが、城主である朝比奈家の家臣扱いなため、引き抜けないことが判明… これは、ある意味、詰み状態です(((゜д゜;)))折角作った新規武将なのに、城主になってから、その新規武将達を使えないんじゃ意味ありませんもんね! そんな訳で、...
  • ゲーム三昧! 狩人と猫の冒険宿ろでぃさんのプロフィール
神島真生さん
  • 再・ 星野山千尋窟2階
  • れてしまいましたが、今週の私は一味違います。そう、今週はNPCの中に「攻守万能の僧」さんがいるのでアレができるんです。そう、困った時の回復三枚構成です。私は、勝てない敵に直面すると、とりあえずNPCや家臣を使って回復を沢山増やして地道に削っていく作戦を愛用しているのです。問題は、おおむねその作戦では勝てたことが無い、ということですが、今回に限っては有効な気がします。構成は、私(神典)、武芸さん、弓取り...
  • 神島日記〜帰参の段〜神島真生さんのプロフィール
みやさん
  • 大溝城跡〜織田信澄の居城
  • 。北近江を相続した佐々木氏の一族・京極氏は戦国時代、下剋上により北近江の土豪・浅井亮政に統治を奪われ、高島氏も亮政に追われて浅井氏の統治下となります。元亀元年(1570年)、姉川の戦いにおいて、浅井家家臣・磯野員昌は孤立無援ながら佐和山城を8か月死守。最後は織田信長に降伏したもののその手腕を信長に評価され、浅井氏滅亡後は信長の甥・信澄を養子とした上で高島の地を与えられ、新庄城を築城。天正6年(1578...
  • 古都の礎みやさんのプロフィール
日本都市伝説さん
  • 【歴史ミステリー】徳川家康には元信という弟がいた?
  • に引き取られます。そこでの厳しい修行や見聞を広めたことによって成長していきます。その彼が後に家康の影武者になったという説があります。桶狭間の合戦後、今川氏から自立した家康(当時は松平元康という名前)が家臣に暗殺され、代わりに元信が元康の影武者という形で当主になりました。元信と元康は母親が於大なので、父親が違っていても顔つきは似ていたかもしれません。赤の他人ではないので、家臣達の混乱もそれほどなかったと...
  • 日本都市伝説日本都市伝説さんのプロフィール

家臣を含むトラコミュ

石田三成
  • 石田三成
  • 戦国武将永禄3年(1560年)に石田村生まれ秀吉に見出されて,家臣となる.佐和山城主,五奉行の一人.治部少輔秀吉のもとで出世し,有能な官僚として活躍するも加藤清正,...
  • トラックバック数:142 TB参加メンバー数:31人カテゴリー:歴史ブログ
片倉小十郎景綱
  • 片倉小十郎景綱
  • 伊達氏の家臣。片倉家が代々世襲する通称・小十郎により、片倉小十郎として有名。米沢の神職・片倉景長の子。はじめ伊達政宗の父・伊達輝宗に仕え、その後、遠藤基信の推挙...
  • トラックバック数:65 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:歴史ブログ
上杉景勝
  • 上杉景勝
  • 長尾政景の子、母は上杉謙信の姉・仙桃院。上杉謙信の養子。豊臣政権の五大老の一人。家康と対立し西軍の与した関ヶ原の合戦以降、米沢に減封されるも、上杉家臣団を減らさ...
  • トラックバック数:399 TB参加メンバー数:17人カテゴリー:歴史ブログ
前田利家
  • 前田利家
  • 加賀藩主前田氏の祖。前田利昌の4男、母は竹野氏の娘(長齢院)。正室は尾張守護 斯波氏の家臣高畠直吉の娘芳春院(まつ)、側室は千代保(寿福院)など多数 。兄弟に前田利...
  • トラックバック数:23 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
高遠
  • 高遠
  • 高遠町は、長野県中部の上伊那郡に属した町。サクラの名所として、全国的に有名。高遠藩の城下町であった。平成18年 伊那市、長谷村と合併し、新・伊那市として発足。現在...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

家臣を含むブログ村メンバー

  •  
末永能登守14611514さん
佐近下野守さん
ももまるさん
  • 光秀と信長ももまるさんのプロフィール
  • 戦国を駆け抜け、やがて運命の本能寺に至る光秀と信長の史跡・事跡紹介、コラムなど。
まりはるさん
武田家旧温会さん

家臣を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「本能寺の変」の黒幕レス: 0/130(995件)歴史ブログ
  • くりと通り過ぎている。それに、信長が光秀と家康討ち取りの密談があったという話もあるという。それと明智家臣団の記録の中で本能寺突入まで家康を討ち取るものと思っていたという記録が残っているそうな。ここに光秀の...