家臣

家臣についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家臣] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家臣を含むブログ記事

真宮寺八雲さん
  • 特化を目指して 参 「修行開始」
  • 痛な声を上げる彼女を見て、皆、楽しそうに笑った。五人の心の中は、少しだけ時間が遡る。かえで、もみじ、いずみが桜花に来る以前の、訓練所で過ごしていた頃に。そんな彼女たちを、遠くから見つめる者たちがいた。家臣団目付役が、隣の補佐役へと、にこやかに声をかける。「実に楽しそうですな」「まったく」頷いて補佐役が答えた。「しかし、先生というからどのような方々がいらっしゃるかと思ったら、想像より若い女性たちで驚き申...
  • 戦国の世は御伽草子の如く真宮寺八雲さんのプロフィール
JAPANなかたさん
  • 榎本 武揚 辞世の句 (明治の政治家)
  • て品川沖から安房国館山に退去する。 勝海舟の説得により4隻(富士・朝陽・翔鶴・観光)だけを新政府軍に引渡したが、開陽等主力艦の温存に成功した。 5月、徳川家は駿河、遠江70万石に減封になり、艦隊は徳川家臣団の駿府移封の作業に従事する。 徳川家が約8万人の幕臣を養うことは困難となり、多くの幕臣が路頭に迷うことを憂いた榎本は、蝦夷地に旧幕臣を移住させ、北方の防備と開拓にあたらせようと画策し、朝廷に対して「...
  • 言心録JAPANなかたさんのプロフィール
JAPANなかたさん
  • 西郷 頼母 辞世の句 (会津藩の家老)
  • 創期の講道館四天王の一人である西郷四郎は養子である。経歴西郷家は、室町時代に仁木氏の守護代を務めた三河国の名家であったが、やがて勢力を拡大させる松平家に臣従した。その後、徳川政権下で御三家や有力譜代の家臣として存続し続けた。そして会津藩における西郷家は その傍流の1つとして目され、初代の西郷近房以来200年余、会津藩松平家の家老を代々務める家柄であり、本稿の頼母近悳(以降、頼母と表記)で9代目となって...
  • 言心録JAPANなかたさんのプロフィール
末永能登守14611514さん
  • 第十一章9みあと遥かなり・吉良貞家の八面六臂と北朝天皇家の復活
  • んログインYahoo!ブログを始めるYahoo! JAPANすべての機能をご利用いただくためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。設定方法は、ヘルプをご覧ください。土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜東北に土着した葛西氏と末永氏の活躍を、地方由来の、また殊なる視点から考察していく第十一章!全体表示リスト第十一章8みあと遥かなり・軍忠状受信者が新田小野寺氏である可能性第十一章9みあと遥か...
  • 土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜末永能登守14611514さんのプロフィール
精神科医療は思想警察なのか?さん
k-formさん
  • こんな人がいたんだ。日本のヒーロー「上杉鷹山」
  • しています。 (重臣7人衆もしかるべき手順を取ったうえで「処断」されました)それでも改革を成功させたのは「改革を誰の為に行うのか」をはっきり提示したことにあります。?誰の為の改革か・藩の為?藩に仕える家臣の為?この時代、普通でしたら幕府の資金の為とか「お家」の為に、民に倹約させる。というのが改革でしたが、上杉治憲は「藩の民が豊になる」という目標を立てました。何て素晴らしい君主でしょう。?・強力なリーダ...
  • 日々是ゆるくk-formさんのプロフィール
戦国未来さん
  • 福田定一『三河一向一揆史』(法文堂)
  • 日月火水木金土12345678910111213141516171819202122232425262728ADブックマークWorks 2018-Works 2015-2017戦国出版武将ジャパン徳川家臣団一覧を見るRSS※著作権についてのご注意ADプロフィール戦国未来プロフィール|ピグの部屋自己紹介:三河・遠江・駿河三国の戦国武将の調査・研究をしています。あと古代史も。 続きを見るランキング全体ブロ...
  • 戦国未来の戦国紀行戦国未来さんのプロフィール
戦国未来さん
  • Wikiは便利ですが・・・
  • 日月火水木金土12345678910111213141516171819202122232425262728ADブックマークWorks 2018-Works 2015-2017戦国出版武将ジャパン徳川家臣団一覧を見るRSS※著作権についてのご注意ADプロフィール戦国未来プロフィール|ピグの部屋自己紹介:三河・遠江・駿河三国の戦国武将の調査・研究をしています。あと古代史も。 続きを見るランキング全体ブロ...
  • 戦国未来の戦国紀行戦国未来さんのプロフィール
戦国未来さん
  • ”豊橋市図書館資料展「ふるさと城めぐり 〜 見るもよし 歩くもよし 〜」(2018年2月17”
  • 日月火水木金土12345678910111213141516171819202122232425262728ADブックマークWorks 2018-Works 2015-2017戦国出版武将ジャパン徳川家臣団一覧を見るRSS※著作権についてのご注意ADプロフィール戦国未来プロフィール|ピグの部屋自己紹介:三河・遠江・駿河三国の戦国武将の調査・研究をしています。あと古代史も。 続きを見るランキング全体ブロ...
  • 戦国未来の戦国紀行戦国未来さんのプロフィール
ふらふら侍さん
  • 朝倉城
  • 【概要】長浜の戦いで勝利した長宗我部元親は、本山氏側の朝倉城攻めを行います。。戦では勝ちきれなかった元親ですが、本山茂辰を見限って元親に寝返る家臣が相次ぐようになったため、本山茂辰は朝倉城を放棄して本山城に籠もります。よってあっけなく朝倉城を手にすることができたのでした。永禄6年(1563年)1月のことです。 【住所】高知県高知市朝倉字城山...
  • 歴史の舞台に立つふらふら侍さんのプロフィール

家臣を含むトラコミュ

石田三成
  • 石田三成
  • 戦国武将永禄3年(1560年)に石田村生まれ秀吉に見出されて,家臣となる.佐和山城主,五奉行の一人.治部少輔秀吉のもとで出世し,有能な官僚として活躍するも加藤清正,...
  • トラックバック数:142 TB参加メンバー数:31人カテゴリー:歴史ブログ
片倉小十郎景綱
  • 片倉小十郎景綱
  • 伊達氏の家臣。片倉家が代々世襲する通称・小十郎により、片倉小十郎として有名。米沢の神職・片倉景長の子。はじめ伊達政宗の父・伊達輝宗に仕え、その後、遠藤基信の推挙...
  • トラックバック数:65 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:歴史ブログ
上杉景勝
  • 上杉景勝
  • 長尾政景の子、母は上杉謙信の姉・仙桃院。上杉謙信の養子。豊臣政権の五大老の一人。家康と対立し西軍の与した関ヶ原の合戦以降、米沢に減封されるも、上杉家臣団を減らさ...
  • トラックバック数:399 TB参加メンバー数:17人カテゴリー:歴史ブログ
前田利家
  • 前田利家
  • 加賀藩主前田氏の祖。前田利昌の4男、母は竹野氏の娘(長齢院)。正室は尾張守護 斯波氏の家臣高畠直吉の娘芳春院(まつ)、側室は千代保(寿福院)など多数 。兄弟に前田利...
  • トラックバック数:23 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
高遠
  • 高遠
  • 高遠町は、長野県中部の上伊那郡に属した町。サクラの名所として、全国的に有名。高遠藩の城下町であった。平成18年 伊那市、長谷村と合併し、新・伊那市として発足。現在...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

家臣を含むブログ村メンバー

  •  
末永能登守14611514さん
佐近下野守さん
ももまるさん
  • 光秀と信長ももまるさんのプロフィール
  • 戦国を駆け抜け、やがて運命の本能寺に至る光秀と信長の史跡・事跡紹介、コラムなど。
池田勝正さん
やすさん

家臣を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「本能寺の変」の黒幕レス: 0/130(995件)歴史ブログ
  • くりと通り過ぎている。それに、信長が光秀と家康討ち取りの密談があったという話もあるという。それと明智家臣団の記録の中で本能寺突入まで家康を討ち取るものと思っていたという記録が残っているそうな。ここに光秀の...