家臣

家臣についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家臣] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家臣を含むブログ記事

隊長さん
  • 157.黒沼神社探検記(福島県福島市御山堂殿)
  • 修工事を行い、鎮座一千百年を記念し平成十三年九月には拝殿・幣殿を改築し、歴史の重みを感じさせる荘厳な社殿となりました。当社の位置は、古代の小倉郷の小さな丘上にあって、駅路に沿っており、中世には伊達家の家臣(十四代稙宗の重臣)の牧野家(後、社家丹治の祖)の住居する小倉館があり、別名「小倉鹿島神社」とも云われています。 あちゃー!光圀さんの時代に吉田神道の洗礼を受けてしまっていましたね。もう全国的に唯一宗...
  • 常陸国ふしぎ探険隊ーそれは天津甕星から始まった隊長さんのプロフィール
ヒロブーさん
  • 伊東博文の暗殺を予知して満州行きを止めようとした、高島嘉右衛門
  • 。中五日の間に全ての墓石がきちんと据え直され、そればかりか、欠けた部分はきれいに継ぎなおされ、苔を落として磨きをかけ、まるで新しい墓と見違えるほどに完全修復を終えた。 七日目にそれを検分に来た南部藩の家臣は、自分の目を信じられない思いだった。もちろん、墓石が倒れたのは南部藩だけではない。しかし、墓石の修復を済ませたのは南部藩が最初だったのだ。屋敷の修復が手付かずなのに、墓の修復が先に行われたことで、屋...
  • ビロビロブーのブログヒロブーさんのプロフィール
ソウルマンさん
  • ペリー来航とジョン万次郎の帰国とグラバー来日は、「同じ目的」を持っていたのである
  • 。以下、一部引用する。*うち、薩摩藩主の島津斉彬は、すでに土佐藩に先んじて、日本帰国上陸後の万次郎を薩摩藩が取り調べた折、この帰国者が日本最高の至宝であることをただちに見抜いて、薩摩に滞留させながら、家臣に万次郎から新技術を吸収するように命じていた。そこから得た知識を活用し、斉彬が全土に先がけて切り拓いた画期的な技術は、わが国で嚆矢(こうし)となる紡績工場の建設をはじめとして、鹿児島集成館の宝庫に山ほ...
  • 嘘八百のこの世界ソウルマンさんのプロフィール
佐近下野守さん
  • 毛利元就家宝一覧?
  • 、横42.7センチ。御座備は儀式などでの席順を表す物。本図では元就以下隆元、宍戸隆家、隆景、元春等総勢12名が描かれている。 「毛利十八将」毛利十八将は、戦国時代において、安芸の戦国大名毛利元就の一族家臣と被官からなる毛利家を支えた代表的な武将を顕彰した呼称。?小早川隆景?吉川元春?宍戸隆家?天野隆重?吉見正頼?児玉就忠?桂元澄?福原貞俊?口羽通良?志道広良?赤川元保?粟屋元秀?渡辺長?熊谷信直?国司...
  • 毛利元就家臣団列伝佐近下野守さんのプロフィール
佐近下野守さん
  • 毛利元就家宝一覧?
  • 【城下古図一覧】 「吉田郡山城下古図」 81.9×51.6センチ。着色。江戸時代に作成された絵図。当時すでに廃城となっていた郡山城や城下を描いた物。屋敷記載は輝元時代の家臣の配置を反映したものと考えられる。 「猿掛城古図」(個人蔵) 90.0×57.0センチ。着色。猿掛城は元就が青少年期を過ごした城で、この図は芸藩通志編纂の際作られた図の写しといわれる。...
  • 毛利元就家臣団列伝佐近下野守さんのプロフィール
ちゃーちゃんさん
  • 八重の桜 総集編 ?
  • まれ幼い少年兵の命まで奪われ、弟の装束に身を包み戦いを決意するも、”女だてらに”と会津兵からも拒否られ、それでも戦うという八重。西郷頼母家の女たちの自決、弟子たちを守っての老師範・黒河内伝五郎の戦い、家臣たちの覚悟の自決・・・それでもお城を守ると・・・諦めない八重!!ほんとね、もう、号泣よ、号泣!!もちろん総集編ということで、いいところばっかり詰め込んであるんだとは理解しているんだけど、小さい頃から女...
  • 日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜ちゃーちゃんさんのプロフィール
みこりんさん
  • 近水園
  • おはようございます 11月10日龍泉寺を後にして近水園へ 水面に映った木々が綺麗ですススキ 吟風閣。 木下利玄生家。北政所、ねねとゆかりのある木下家。足守藩主木下家は、織田信長の家臣であり、妹のねねは、豊臣秀吉に嫁ぎ、北の政所となりました。利玄生家庭になっていた柿。 木下利玄宅前の小川。今年は紅葉が綺麗ような気がします京都にも行きたくなったな にほんブログ村 にほんブログ村...
  • Always Smile!みこりんさんのプロフィール
えいたろうさん
  • 白の執権 〜第103話 雪降る鎌倉〜
  • りませぬね。」実朝「雪の中の拝賀…何やら良い歌が詠めそうだ。」2人は仲睦まじくしておりました。一方、拝賀式で鎌倉殿の太刀持ち役を行なう北条義時(ほうじょうよしとき)は自邸にいました。そこで義時は自らの家臣からの知らせを受けていました。義時「そうか…公暁(くぎょう)はそんなことを思っていたのか…」公暁さんは実朝さんのお兄さんの二代将軍・頼家(よりいえ)さんの遺児で今は僧だね。鎌倉は様々な人が様々な思いを...
  • 歴史を感じようえいたろうさんのプロフィール
オレンジさん
  • 金沢市立玉川図書館
  • るということで、こちらにも一度行ってみたいです 図書館の前に広がる玉川公園、桜の葉がすっかり落葉していました 「加賀八家(はっか)「長家」屋敷跡と書かれた説明版 加賀藩では、創成期に多大な貢献のあった家臣を藩の要職に起用5代藩主・前田綱紀は1万石以上の8つの家系を年寄(大老)に任命し、明治維新まで加賀藩の運営を担った年寄職に任命された8つの家系が「加賀八家(はっか)」 こちらは、そのうちの長家(33,...
  • 転妻オレンジの普通でハッピーライフ(金沢転勤中)オレンジさんのプロフィール
なつきさん

家臣を含むトラコミュ

石田三成
  • 石田三成
  • 戦国武将永禄3年(1560年)に石田村生まれ秀吉に見出されて,家臣となる.佐和山城主,五奉行の一人.治部少輔秀吉のもとで出世し,有能な官僚として活躍するも加藤清正,...
  • トラックバック数:142 TB参加メンバー数:31人カテゴリー:歴史ブログ
片倉小十郎景綱
  • 片倉小十郎景綱
  • 伊達氏の家臣。片倉家が代々世襲する通称・小十郎により、片倉小十郎として有名。米沢の神職・片倉景長の子。はじめ伊達政宗の父・伊達輝宗に仕え、その後、遠藤基信の推挙...
  • トラックバック数:65 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:歴史ブログ
上杉景勝
  • 上杉景勝
  • 長尾政景の子、母は上杉謙信の姉・仙桃院。上杉謙信の養子。豊臣政権の五大老の一人。家康と対立し西軍の与した関ヶ原の合戦以降、米沢に減封されるも、上杉家臣団を減らさ...
  • トラックバック数:399 TB参加メンバー数:17人カテゴリー:歴史ブログ
前田利家
  • 前田利家
  • 加賀藩主前田氏の祖。前田利昌の4男、母は竹野氏の娘(長齢院)。正室は尾張守護 斯波氏の家臣高畠直吉の娘芳春院(まつ)、側室は千代保(寿福院)など多数 。兄弟に前田利...
  • トラックバック数:23 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
高遠
  • 高遠
  • 高遠町は、長野県中部の上伊那郡に属した町。サクラの名所として、全国的に有名。高遠藩の城下町であった。平成18年 伊那市、長谷村と合併し、新・伊那市として発足。現在...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

家臣を含むブログ村メンバー

  •  
佐近下野守さん
ももまるさん
  • 光秀と信長ももまるさんのプロフィール
  • 戦国を駆け抜け、やがて運命の本能寺に至る光秀と信長の史跡・事跡紹介、コラムなど。
尊さん
やすさん
末永能登守14611514さん

家臣を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「本能寺の変」の黒幕レス: 0/130(995件)歴史ブログ
  • くりと通り過ぎている。それに、信長が光秀と家康討ち取りの密談があったという話もあるという。それと明智家臣団の記録の中で本能寺突入まで家康を討ち取るものと思っていたという記録が残っているそうな。ここに光秀の...