家臣

家臣についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家臣] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家臣を含むブログ記事

田邊 誠さん
  • 自転車日本一周52日目 草薮行軍
  • つい峠。頂き近くで斜面にお茶の段々畑。愛媛や有田でもそうだったが斜面を山から畑に変えていた。登りきると降りるだけのはずが丘になっていた。島田市牧ヶ原台地。あっこれだな。徳川幕府が無血開城して禄を失った家臣たちは、静岡入りする。農家をしようにも肥沃な土地は、開発済み。そこで山岳地帯に活路を拓いた。その土地でも栽培できるお茶を植えて行った。バイパスの多い1号線を敬遠して違う道路を走る。そこまではいいけれど...
  • おやじの日記田邊 誠さんのプロフィール
くまじろうさん
  • ワンピース 919話920話最新ネタバレ情報 いざ”おでん城跡地”へワノ国に隠された時間軸の謎とは?
  • 深いです。ワノ国へ前乗りし情報を探っていたローやゾロ達が訪れた”おでん城の跡地”2人が驚いたのも無理はなく、そこに描かれたのはおでん、モモの助はじめ錦えもん、雷ぞう、カン十郎ら家臣の墓が、、おでん以外は本編の現代で登場、ルフィ達とも一緒に冒険してきました。果たしてこの墓が意味するものとは?ぶっ飛んで的外れなものもございますが少しずつアップしていきます。本当に死んでいる?なんとも...
  • 死ぬ前に知っておきたいランキングくまじろうさんのプロフィール
ぷちさん
  • ましたブックマークねこと舟うちの猫3兄弟と2兄弟と外猫、猫ファミリーのブログですふわふわ猫のゆきおばあちゃん子のトラ猫ゆきちゃんの日常。まるかじつ ぽちもん日記にゃんぽち&しなもん仲良し日記チャンプの家臣僕、チャンプ君。世界は僕を中心にまわっている(’・ω・‘)ゆめごこち世界で1番かわいい猫こと、ゆめと過ごすゆめごこちな日々。気まぐれnekoまんま!主役たらこ&通い野良ネコ達の日常を楽しく観察したリア...
  • にゃんこ日和ぷちさんのプロフィール
シロさん
  • *白壁の街並みとアフタヌーンティー*
  • かもよ) 仕方なく別の施設を探して。。。 商家博物館『むろやの園』 江戸時代に油問屋を営んでいた豪商の邸宅が公開されていると!面白そう〜♪ 『むろや』というのは屋号で、お家の名字は『小田』。織田信長の家臣として仕えていた武士が、本能寺の変の後に山口へ逃れて来た後に商売を始めたというルーツだそう。 江戸時代から伝わる甲冑や刀剣が展示されていました。息子のツボ♪ 代々の嫁が使ったかんざし♪江戸時代の豪商の...
  • *里山暮らしと縁側ランチ*シロさんのプロフィール
ビービーさん
  • ☆仁木神社(仁木町)☆
  • ちょうどお祭りでしたが御朱印頂けました。^^ 【由緒】本神社は明治12年旧徳島藩家臣仁木竹吉が先達となり、117戸の開拓移民を率いて本町に移住した折、郷土の守護神であった 八幡社・祇園社・地神社を地域毎に鎮斎したのが創祀である。天然染料の藍は江戸期から徳島の特産品であったが この年開...
  • ☆40代からの御朱印巡り☆ビービーさんのプロフィール
saikoroatさん
  • 鉢形城公園から五百羅漢の少林寺と円良田湖へ(埼玉・寄居)
  • ょう)公園の南西部で、諏訪神社は、武州日尾城主(小 鹿野町)の諏訪部遠江守が鉢形城の家老として出仕したとき、信州の諏訪神社を守護神と して分祀したとのこと。 天正18(1590)年の鉢形城落城で北条の家臣が去った後は、城下の立原の人たち が鎮守様として崇敬しており、本殿は宝暦年間(1751〜64)の造営という。 そばの空堀、御手洗池のほとりにアオサギが立っていた。 ちなみに、鉢形城は戦国期の平山城で関...
  • あるきメデスsaikoroatさんのプロフィール
猫八さん
  • 韓国ドラマ「トッケビ」〜死神編
  • ッケビこんな老けてた?ここに書かれた2人の名前。トッケビの妹であった王の妃と愛し合っていた2人の名前。もう1人は王様の名前でした。ある日、トッケビは死神の前世を悟ります。王様つまりあの時トッケビの妹や家臣を殺した死神は王様だったのです。そしてサニーの前世は王妃でした。という事は絶対に結ばれない2人の運命の人この2人のラストは長い歳月を考えると涙が止まらないものでした。そして、トッケビもどうなるのか?最...
  • 猫八のカッチコロヨ!・韓国にゃんこ日記猫八さんのプロフィール
列伝さん
  • ●1枚の写真を求めて、いざ姉川古戦場へ出陣
  • 「信州つわもの列伝」(仮称)出版の暁の際、「渡辺金太夫照(てらす)」伝の記事の中で姉川古戦場のいい写真が欲しいと思い立って、いざ!出陣。金太夫照は、徳川から武田の家臣となり、信州の伊那高遠城攻防戦で憤死したもののふ。 出版などというものの、筆がのろくて…いったいいつ出版出来るのか…暗澹。 ともかく出陣!だがどういうわけか、姉川の古戦場へ行くといつも雨模様・曇り模様...
  • きょうのもののふフォト列伝列伝さんのプロフィール
ひさぺーさん
  • 9/19水 塾は予定通りです &今日はトークの日
  • 因みに「綿引」という苗字。 非常に地域が偏っています。そのほとんどが茨城県。 古い神社の建物にその名が記されているのが綿引姓のいちばん古いと記録と言われています。 また、茨城を拠点としていた佐竹氏の家臣にも同じ名前が見られます。 変わった苗字のいいところ。 すぐにおぼえてもらえる。 反面、目立つのでいろいろなこと(学校時代の係りとか)に選ばれてしまう。 みなさんのお宅でも苗字にまつわる面白いお話...
  • 塾目線でお話しします!〜彰考館綿引塾の塾長ブログ〜ひさぺーさんのプロフィール
HNはk2さん
  • 09/18のツイートまとめ
  • 橋場さんの明智本は、結局は誤読や先行研究を鵜呑みにしたままの論考になっていて個人的には残念なものに。 09-18 21:25 明智氏の新刊のインタビュー を何回か見直している。光秀が細川藤孝の家臣だったのは、自分がはじめて発表したとあるけど、そんなことはないでしょう。後二日か。 09-18 21:21 RT @chukoshinsho: 『信長公記―戦国覇者の一級史料』の著者・和田裕弘さん...
  • 泰巖宗安記HNはk2さんのプロフィール

家臣を含むトラコミュ

石田三成
  • 石田三成
  • 戦国武将永禄3年(1560年)に石田村生まれ秀吉に見出されて,家臣となる.佐和山城主,五奉行の一人.治部少輔秀吉のもとで出世し,有能な官僚として活躍するも加藤清正,...
  • トラックバック数:142 TB参加メンバー数:31人カテゴリー:歴史ブログ
片倉小十郎景綱
  • 片倉小十郎景綱
  • 伊達氏の家臣。片倉家が代々世襲する通称・小十郎により、片倉小十郎として有名。米沢の神職・片倉景長の子。はじめ伊達政宗の父・伊達輝宗に仕え、その後、遠藤基信の推挙...
  • トラックバック数:65 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:歴史ブログ
上杉景勝
  • 上杉景勝
  • 長尾政景の子、母は上杉謙信の姉・仙桃院。上杉謙信の養子。豊臣政権の五大老の一人。家康と対立し西軍の与した関ヶ原の合戦以降、米沢に減封されるも、上杉家臣団を減らさ...
  • トラックバック数:399 TB参加メンバー数:17人カテゴリー:歴史ブログ
前田利家
  • 前田利家
  • 加賀藩主前田氏の祖。前田利昌の4男、母は竹野氏の娘(長齢院)。正室は尾張守護 斯波氏の家臣高畠直吉の娘芳春院(まつ)、側室は千代保(寿福院)など多数 。兄弟に前田利...
  • トラックバック数:23 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
高遠
  • 高遠
  • 高遠町は、長野県中部の上伊那郡に属した町。サクラの名所として、全国的に有名。高遠藩の城下町であった。平成18年 伊那市、長谷村と合併し、新・伊那市として発足。現在...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

家臣を含むブログ村メンバー

  •  
末永能登守14611514さん
佐近下野守さん
池田勝正さん
やすさん
尊さん

家臣を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「本能寺の変」の黒幕レス: 0/130(995件)歴史ブログ
  • くりと通り過ぎている。それに、信長が光秀と家康討ち取りの密談があったという話もあるという。それと明智家臣団の記録の中で本能寺突入まで家康を討ち取るものと思っていたという記録が残っているそうな。ここに光秀の...