家臣

家臣についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家臣] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家臣を含むブログ記事

羽柴茶々さん
  • 備前&播磨を巡って赤松義村と浦上村宗の戦い〜三石城攻防戦
  • が急死・・・残念ながら洞松院との間には女の子しか生まれていなかったため、赤松の分家から娘の婿養子として入り、政則の後を継いだのが赤松義村(よしむら)でした。そんな赤松氏を、かの鎌倉末期の則村の時代から家臣として支えていたのが守護代(しゅごだい=副知事みたいな)の浦上(うらがみ)氏・・・先の政則の時代に、見事な復権を果たせたのも、山名の勢力を一掃できたのも、忠臣の浦上則宗(うらがみのりむね)おればこそ!...
  • 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール
カチハヤさん
  • 【映画の感想】 若山富三郎の子連れ狼 『 子連れ狼 冥府魔道 』
  • 主の黒田斉隆とお妙の方、そして松丸君に化けた浜千代姫を前にした一刀は、真の世継ぎである松丸君を幽閉したのは黒田武士道にあらずと言い放つ。怒りをあらわにする斉隆とお妙の方をよそに、わずか5歳の浜千代姫が家臣に平然と「斬れ」と命ずる。斬りかかってくる藩士を次々と血の海に沈めた一刀は、斉隆、お妙の方、浜千代姫の首を刎ねる。【カチハヤ】 大五郎と笑い合っていた浜千代姫が急に冷静なトーンで言う「斬れ」はなかなか...
  • カチハヤのシナリオ日記カチハヤさんのプロフィール
里さん
  • 【元禄繚乱】犬大支配役 側用人 喜多見重政の栄枯盛衰
  • 。近年は、かつての生類の憐みの令の悪法のイメージから、主に儒教に基づく天和の治を行った善政の部分からの評価の見直し・再検討がされている綱吉ですが、好き嫌いが激しく、自分の思い通りになるかどうかで大名や家臣を軽く処分していた将軍ということだけは事実であるように思います(あくまでわたしの私見です)。こちらは、上野寛永寺の重要文化財徳川綱吉霊廟勅額門です。果たして本当の綱吉はどんな人なのでしょうか…。徳川綱...
  • 歴史が好き.com里さんのプロフィール
ぷちさん
  • 秋晴れ
  • えんぼブックマークねこと舟うちの猫3兄弟と2兄弟と外猫、猫ファミリーのブログですふわふわ猫のゆきおばあちゃん子のトラ猫ゆきちゃんの日常。まるかじつ ぽちもん日記にゃんぽち&しなもん仲良し日記チャンプの家臣僕、チャンプ君。世界は僕を中心にまわっている(’・ω・‘)ゆめごこち世界で1番かわいい猫こと、ゆめと過ごすゆめごこちな日々。気まぐれnekoまんま!主役たらこ&通い野良ネコ達の日常を楽しく観察したリア...
  • にゃんこ日和ぷちさんのプロフィール
書見の邪魔だ。さん
  • 魔祭熊猫再訓練完了。
  • した(戦闘用としても使いますが)。お供経験値にボーナスがかかっているとは言え、レベル59まで上げるのには結構な苦労がありました・・・。さて、これからは、もっと大変な練度アップです(涙)。「安土郊外」で家臣が一匹の敵をしばきまくる・・・前に、せっかくのお供経験値ボーナスなので、魔祭人鳥もレベルを上限まで上げておきたいと考えています。まあ、「星野山千尋窟」の獲得上限が絡むので、来週にしようと思いますが。ま...
  • 書見の邪魔だ。書見の邪魔だ。さんのプロフィール
静磨さん
  • 駿府城址、天守台発掘現場見学2
  • も配下においた、所謂「五カ国領有時代」の家康の、本拠地としての築城であった。 しかしこの天正期の駿府城については、どのような、そしてどのくらいの城だったのか、ほとんどわかっていない。記録としては家康の家臣の日記のなかの数語の記述から、石垣と小天守の存在が推測されるのみであり、発掘された遺構としては、直径四十五センチの柱の一部とその礎板がみつかっているばかりである。 なにゆえに、この天正期の遺構が残され...
  • 乱読乱文多謝静磨さんのプロフィール
ミヤさん
  • 冒険時代活劇ゴエモン 概要・主題歌・サントラ・声優・クリア後情報
  • ケ、キラ・・・坂本千夏ヤエ・・・笠原留美おみっちゃん、ヤマビコ(かまいたち弟)、トンガリ・・・仲西環親方、天馬・・・遠近孝一おかみ・・・冨永みーなハクラン・・・長谷瞳オクニ、オロチ・・・石川静オクニの家臣、ドグジン・・・青野武箱根の役人・・・松本保典紅猿・・・柳沢栄治コダマ(かまいたち兄)、河太郎、瓦版屋の金蔵、瓦版屋の銀蔵・・・高木渉地の竜、イノブノタケル、玄牛・・・郷里大輔白虎、盗賊親分・・・島香...
  • はじめてのロードバイク!初心者入門塾ミヤさんのプロフィール
和辻鉄丈さん
  • 笠寺観音(名古屋市南区)
  • 門の向かいにあり玉照姫を祀るそれよりもここは8歳の松平竹千代(後の徳川家康)と織田信広(信長の異母兄)の人質交換が行われた場所。竹千代が捕まったのは6歳の時、耐えた竹千代も偉いですが我慢して取り戻した家臣も偉い。若き当主を取り戻した事で松平家中は離散を免れ、後の徳川幕府に繋がります。世の中の笠になった訳ですから玉照姫より御利益があったと言えますね。この地で松平竹千代(今川方)と織田信広の人質交換が行わ...
  • 和辻鉄丈の個人巡礼(御朱印・風景印)和辻鉄丈さんのプロフィール
ufitさん
fujikenさん
  • やまぐちを知ろう 【やまぐちの歴史】
  • 設立から財政改革・藩政改革までの経緯戦国時代に112万石(実高は200万石超)あった長州藩は、毛利輝元が関ヶ原の戦いで西軍の総大将として責任を取らされ36万9千石に減封され、4分の1に減った総石高では家臣たちを養うことさえ困難でした。土地を失い国を離れる者、農民へと転身するものが続出します。おまけに幕府の手伝い普請が追い打ちをかけます。伏見城の復旧、江戸城の普請・・・莫大な費用が必要でした。さらに天災...
  • 長州より発信fujikenさんのプロフィール

家臣を含むトラコミュ

石田三成
  • 石田三成
  • 戦国武将永禄3年(1560年)に石田村生まれ秀吉に見出されて,家臣となる.佐和山城主,五奉行の一人.治部少輔秀吉のもとで出世し,有能な官僚として活躍するも加藤清正,...
  • トラックバック数:142 TB参加メンバー数:31人カテゴリー:歴史ブログ
片倉小十郎景綱
  • 片倉小十郎景綱
  • 伊達氏の家臣。片倉家が代々世襲する通称・小十郎により、片倉小十郎として有名。米沢の神職・片倉景長の子。はじめ伊達政宗の父・伊達輝宗に仕え、その後、遠藤基信の推挙...
  • トラックバック数:65 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:歴史ブログ
上杉景勝
  • 上杉景勝
  • 長尾政景の子、母は上杉謙信の姉・仙桃院。上杉謙信の養子。豊臣政権の五大老の一人。家康と対立し西軍の与した関ヶ原の合戦以降、米沢に減封されるも、上杉家臣団を減らさ...
  • トラックバック数:399 TB参加メンバー数:17人カテゴリー:歴史ブログ
前田利家
  • 前田利家
  • 加賀藩主前田氏の祖。前田利昌の4男、母は竹野氏の娘(長齢院)。正室は尾張守護 斯波氏の家臣高畠直吉の娘芳春院(まつ)、側室は千代保(寿福院)など多数 。兄弟に前田利...
  • トラックバック数:23 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
高遠
  • 高遠
  • 高遠町は、長野県中部の上伊那郡に属した町。サクラの名所として、全国的に有名。高遠藩の城下町であった。平成18年 伊那市、長谷村と合併し、新・伊那市として発足。現在...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

家臣を含むブログ村メンバー

  •  
佐近下野守さん
ももまるさん
  • 光秀と信長ももまるさんのプロフィール
  • 戦国を駆け抜け、やがて運命の本能寺に至る光秀と信長の史跡・事跡紹介、コラムなど。
尊さん
やすさん
末永能登守14611514さん

家臣を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「本能寺の変」の黒幕レス: 0/130(995件)歴史ブログ
  • くりと通り過ぎている。それに、信長が光秀と家康討ち取りの密談があったという話もあるという。それと明智家臣団の記録の中で本能寺突入まで家康を討ち取るものと思っていたという記録が残っているそうな。ここに光秀の...