交響曲第3番

交響曲第3番についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [交響曲第3番] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

交響曲第3番を含むブログ記事

岡林リョウさん
fm-woodstockさん
岡林リョウさん
  • ヴォーン・ウィリアムズ:南極交響曲(交響曲第7番)
  • す!にほんブログ村CommentTweet«ストラヴィンスキー:バレエ... |TOP |Popular Entriesストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ...H.マルテッリ:交響曲第3番ラヴェル:ラ・ヴァルスベルク:ヴァイオリン協奏曲オネゲル:交響曲第3番「典礼風」post a comment名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメントコメント利用規約に同意の上コメント投稿を行...
  • 20世紀ウラ・クラシック!岡林リョウさんのプロフィール
岡林リョウさん
  • ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」(1947年版)
  • ーの驚嘆した理由がわかる。スケスケではないが透明度の高い演奏。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村CommentTweet«H.マルテッリ:交響曲第3番 |TOP |Popular EntriesH.マルテッリ:交響曲第3番☆オネゲル交響曲第3番「典礼風」まとめ(~2018/10...オネゲル:交響曲第3番「典礼風」Disco Archiviaその後...
  • 20世紀ウラ・クラシック!岡林リョウさんのプロフィール
岡林リョウさん
  • H.マルテッリ:交響曲第3番
  • 事を書く検索ウェブこのブログ内で20世紀ウラ・クラシック!<最新版>このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。H.マルテッリ:交響曲第3番2018年10月18日 |Weblogブリュック指揮ORTF(ina)1960/3/8live放送1957年作品とは思えない戦前戦後的かつ非フランス的な交響曲で、重苦しさがあるが、人好きしそうな要素も...
  • 20世紀ウラ・クラシック!岡林リョウさんのプロフィール
ホルニストぼっちさん
  • これからしばらくベートーヴェンです!
  • 2018-10-18 19:00:55 |日記12月のサロンコンサートは全曲がベートーヴェンです。その前後にベートーヴェンの七重奏の練習が入っています。しばらくは相棒アレキサンダーの出番。特にメインは交響曲第3番「英雄」は楽しみです。15年ぶりくらいかもしれませんが、今回もトップです。そろそろ本腰を入れて練習をやりたい気分になってきました。実家にはないので、新しいスコアを買いました!ジャンル:ウェブログランキ...
  • ”気ままな…ホルン道楽”ホルニストぼっちさんのプロフィール
SACDラボさん
  • [CD]フルトヴェングラーとクナッパーツブッシュのTAHRA原盤がリマスターされて発売
  • 奏会で指揮したベートーヴェンの交響曲ライヴのすべてを収録。もちろんティタニア・パラストでの定期演奏会のライヴです。Disc1 交響曲第6番『田園』、第5番『運命』録音:1947年5月25日Disc2 交響曲第3番『英雄』、第1番録音:1950年6月20日(第3番)、1954年9月19日(第1番)Disc3 交響曲第3番『英雄』録音:1952年12月7日Disc4 交響曲第3番『英雄』録音:1952年12月8日...
  • SACD、高音質盤、音楽について語るブログSACDラボさんのプロフィール
auction_dataさん
岡林リョウさん
  • オネゲル:交響曲第3番「典礼風」
  • ク!記事を書く検索ウェブこのブログ内で20世紀ウラ・クラシック!<最新版>このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。オネゲル:交響曲第3番「典礼風」2018年10月17日 |Weblog作曲家指揮交響楽団(m&a他)1949・CD有名な自作自演録音だがSP起こしだとかなり耳触り悪く実態が聴こえてこない。新しい復刻をあたるに越したことはな...
  • 20世紀ウラ・クラシック!岡林リョウさんのプロフィール
岡林リョウさん
  • オネゲル:交響曲第3番「典礼風」
  • ク!記事を書く検索ウェブこのブログ内で20世紀ウラ・クラシック!<最新版>このページは、19世紀末から20世紀の末流ロマン派クラシック音楽に焦点を当て、同時代の録音評を中心に紹介しています。オネゲル:交響曲第3番「典礼風」2018年10月16日 |Weblogミュンシュ指揮ORTF(SLS)1946/11/14シャンゼリゼ劇場live(フランス初演)「怒りの日」が無茶苦茶怒っている。つんのめるテンポで怒涛の打...
  • 20世紀ウラ・クラシック!岡林リョウさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

交響曲第3番について