三法師

三法師についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [三法師] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

三法師を含むブログ記事

祭王子さん
  • 織田信忠織田家当主に!!
  • 戦ったが 最後は自害本能寺の変で父と共に散ったのです政治力、戦力も優れていた信忠公本能寺の変で信忠公だけでも生き残っていれば織田幕府があったのかもしれません実はこの時逃げるチャンスはあったのです嫡男 三法師は逃がしてますからねでも父を見捨てて逃げていれば信忠公のメンツは潰れてます少ない家臣たちとだけで明智の大軍と戦ったのはカッコイイ信忠公の最強家臣団は地方で戦この時 最強の家臣団が京にいていたならば信長...
  • 吉岡淳・天下布武への道!祭王子さんのプロフィール
Poyonさん
  • 清須会議 ['13]
  • 滅亡させての天下取りも狙っている。 優柔不断の性格の所為で、柴田にも羽柴にも肩入れしてしまう池田恒興の存在が少し面白い。柴田が推す信長家三男の信孝と、羽柴が推す次男の信雄。でも実は長男の信忠には息子の三法師(後の秀忠)が居て、最終的に三法師が跡目になり、清須会議から一気に求心力がなくなっていく柴田。羽柴の説得力で、池田も丹羽も丸め込んでしまう。どちらが後継者かで引っ張った割に、最後の最後で第三者の跡目が...
  • Poyonの映画批評Poyonさんのプロフィール
太守さん
  • 岐阜の崇福寺に立ち寄り、織田信長父子廟と血天井で手を合わせてきたぞ
  • がある。粗末にされた古道具が恨みを晴らすため妖怪になり、成仏する絵巻「付喪神絵巻」もあったぞ。本堂の案内音声を聴きながら、最後はハイライトともいえる「血天井」へ。関ヶ原の戦い前夜、織田秀信(信忠の子、三法師)は西軍に与したため、岐阜城は東軍に攻められて落城。秀信は許されて高野山送りとなるが、将兵たちは自害して果て、そのときの血染めの床板を本堂の天井に張って菩提を弔ったという。鎖かたびらた鎧ひただれ、手の...
  • 鎌倉ではたらいていた太守のブログ太守さんのプロフィール
太守さん
  • 「織田信長岐阜入城・岐阜命名450年」なので、岐阜城で信長どて丼を食べてきたぞ。
  • んな景色をみておったら、だれでもそういう気分になるかもしれんがな。関ヶ原前夜、岐阜城の戦い慶長5年(1600)、関ヶ原の合戦が起こる。当時の岐阜城主は織田秀信。織田信忠の子で、清洲会議で秀吉に担がれた三法師じゃ。秀信は家臣の反対をよそに、石田三成の挙兵に呼応して西軍につく。秀信は木曽川を渡河する福島正則、池田輝政らに備えて、数箇所に陣を張っていた。じゃが、そのために兵力が分散してしまい、東軍に木曽川の防...
  • 鎌倉ではたらいていた太守のブログ太守さんのプロフィール

三法師を含むトラコミュ

織田秀信
  • 織田秀信
  • 織田信忠の嫡男。岐阜城主。本能寺の変後、織田家の重臣等による清洲会議において羽柴秀吉の支持を受け、織田家の家督を相続(当時、幼名・三法師)するが、実権は保護者であ...
  • トラックバック数:10 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ

三法師を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

三法師について