クープラン

クープランについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [クープラン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

クープランを含むブログ記事

MUUSANさん
  • ワンカップじゃ足りないかもしれないが♪ラヴェル/クープランの墓
  • ったのが1本。オクラはスーパーで買うべきものだということを知った。  すがすがしさが残る“墓” 今日は久々にラヴェル(Maurice Ravel 1875-1937 フランス)を。 曲は時節柄、組曲「クープランの墓(Le tombeau de Couperin)」(1914-17)の管弦楽版(1919)。 ここに書いたように、もともとは6曲からなるピアノ曲だが、1919年にラヴェルは1,3,5,4曲を管弦楽...
  • 新・読後充実度 84ppm のお話MUUSANさんのプロフィール
NAEKO  SANGUさん
  • 石川国際ピアノコンクール 
  • 、県外の方達の演奏を聴くことがあまりないので、皆さんの完成度の高さに本当に驚きました。選曲の難易度の高さにも圧倒されましたが、それを楽に弾いているテクニックにも本当に驚きです。私の大好きなラヴェルの「クープランの墓」のプレリュードとトッカータを弾いている参加者が2名いて、感激しました!あのトッカータは本当に難しい曲なのですが、2人とも素晴らしい演奏でした。私の教室からは連弾A部門に一組参加しました。無事に予...
  • ドルチェの庭NAEKO  SANGUさんのプロフィール
jimklavierさん
  • コンクールで出会ったすばらしいピアニスト
  • ホールでG級2次に出場し全国決勝進出を果たしたときも聴いており、彼と親御さんに「すばらしかったです」と声をかけた記憶があります。亀井くんの演奏曲目は:バッハ: 平均律第2巻第1番ハ長調ラベル: 組曲「クープランの墓」より「トッカータ」ブラームス: パガニーニの主題による変奏曲第2巻いずれも難曲中の難曲です。G級の2次では20分以内のプログラムが求められています。バッハは極めて高い完成度で安定した演奏がコンク...
  • コンサルティングと医療とピアノのことjimklavierさんのプロフィール
鍵盤うさぎさん
  • 練習日誌- ベートーヴェンの3楽章、少しずつテンポアップ
  • ヘ長調 op.25-...記事を読む練習日誌- アプリStudyplusに1週間の目標時間を設定金子勝子/瞬発力のメトード(使用楽譜) ハノン/スケールとアルペジオ 変ロ長調(使用楽譜) フランソワ・クープラン/クラヴサン曲集 第1...記事を読む練習日誌- 赤鉛筆片手に危ない箇所をつぶすショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6(使用楽譜) ショパン/練習曲 へ長調 op.25-3(使用楽譜) 今週日曜に...
  • 鍵盤うさぎのピアノ練習ブログ鍵盤うさぎさんのプロフィール
鍵盤うさぎさん
  • 練習日誌- 古典派ソナタは基本のスケール練習が大切
  • 究読んだらクリックね →スポンサーリンク鍵盤うさぎのTwitterも面白いよん!シェアするLINE!練習 @kenbanusagi関連記事練習日誌- 1週間後にピティナステップが迫ってきたフランソワ・クープラン/クラヴサン曲集 第12組曲より「双生児」(使用楽譜) ベートーヴェン/ピアノソナタ 第10番 ト長調 op.14-...記事を読む練習日誌- ショパンエチュードの会、仕上げは2夜連続スタジオでショパ...
  • 鍵盤うさぎのピアノ練習ブログ鍵盤うさぎさんのプロフィール
駄目男/快道メーカーさん
  • 犬町・猫町情報
  • となりましたが、1961年頃の録音が今一パンチに乏しく物足りなさを感じていました。そんな時、「ロココ・ジャズ」を紹介され聞いてビックリ!・・・・・・。このアルバムはバッハの曲を中心に、スカルラッティ、クープランやモーツアルトなど、ロココ時代(?)に活躍した作曲家の作品をオイゲン・キケロが取りあげたものです。アルバム全体には軽快で張りのある小気味よいタッチの演奏ですが、最後の「神よあわれみたまえ」は涙が出る程...
  • 快道ウオーキング駄目男/快道メーカーさんのプロフィール

クープランを含むブログ村メンバー

  •  
さかなやさん
joyofpianoさん
  • joyofpianojoyofpianoさんのプロフィール
  • フランス音楽の名曲について解説していきます。隠れた名作もご紹介しています。

にほんブログ村

>

キーワード

>

クープランについて