日本古典

日本古典についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [日本古典] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

日本古典を含むブログ記事

libsaitamaさん
  • 源氏物語 2
  • 大朝 雄二 鈴木 日出男 藤井 貞和 今西 祐一郎岩波文庫予約数: 0予想待ち時間: なし図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】世界最古の長編小説「源氏物語」全54帖の、新日本古典文学大系版による精密な原文、最新の成果を盛り込んだ注解・補訳を掲載。2は、紅葉賀から葵、花散里、明石までの7帖を収録する。...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
若松若水さん
  • 大いなる助走 − 『紙風船』高2生へのメッセージ
  • 一つのこと」がどんなものか知りたかったら、実際に読んでみてください。 『古文研究法』 小西甚一 ちくま学芸文庫    初版は1955年。後年、超一流の古典研究者となった著者が自ら筆を執り、大学受験生に日本古典の真髄を伝えようとした本。その高い志は、今読んでも頭が下がる思いがする。 2015年、ちくま学芸文庫から復刻版が刊行。       『古文研究法』についての紹介ネット記事               ...
  • 若松若水の今風徒然草「紙風船」若松若水さんのプロフィール
井之亀さん
  • 傾国の美女 趙飛燕6 :燕の子安貝は〜竹取物語の謎をうら読みで解く#230
  • ゚*☆*゚ ゜゚*☆  次回☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆今年もよろしくお願いいたします。次回は、妹が登場します。参考文献:  片桐洋一、他(校注・訳)  『竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 日本古典文学全集8』小学館、1972年。 野口元大(校訂)『竹取物語 新潮日本古典集成 第26回』新潮社、1979年。 大野晋、他(編)『岩波古語辞典』岩波書店、1974年。 戸川芳郎(監修)佐藤進・濱口富士...
  • 竹取物語の謎を「うら」読みで解く井之亀さんのプロフィール
UTSUさん
  • 年末年始出奔譚
  • 馬鹿馬鹿しい話です。2017年大晦日。三十路(2018年後厄)は家出した!財布に28000のダメージ勉強時間に24のダメージ雅なお守りをゲットした一応、日本古典文学をやろうとしてるので京都へ。元旦朝5時10分着…お店は空いてないし、暗いし寒かった。なによりこの歳で家出(しかも正月)という事実。痛恨!旅の記念を。昨年末ちらりと読んだ、白居易作『長恨歌』のラスト...
  • 卒業したいよ、慶応通信。UTSUさんのプロフィール
SBR         さん
  • ★科学技術ニュース★NII、CODH、国文研、日本文化を楽しめる料理本や伊勢物語、「武鑑」、絵本を多数公開
  • 公開2018-01-04 07:47:04 |情報工学 国立情報学研究所(NII)と人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)は、国文学研究資料館(国文研)と協働し、2017年12月26日から「日本古典籍データセット」の規模を2倍以上に拡充して公開を始めた。さらに古典籍画像データを閲覧するための画像ビューアーの機能も向上した。 今回の公開規模拡充などにより、二次利用を歓迎するオープンデータとしての利...
  • “科学技術書”読書室?SBR?          SBR         さんのプロフィール
えんむさん
  • あいつと俺のそーゆう関係ー7 ぐーるぐるぐる
  •  だから呪いの人形も 世界各国で 試してみた。 残念無念全く 効かない。 それで豪は日本の 古くからの祈祷に 回帰してみた。 日本古典の藁人形と お百度巡り。 人形シリーズが 結構好きな豪は 人形作家になろうという 建設的な思考を 持たなかった。 効かない人形を 神社で燃やし、 今度は痩せた体で 走り回った。 真夜中の神社を 走る豪...
  • エンムブック2えんむさんのプロフィール
Toronto50さん
  • トロントの朝 12月25日 新聞が来ないクリスマスには、読書!?
  • 、日本人と生まれながら。日記文も歌文学も、戯作もみな駄目。では漢文、これがまるで駄目。それでは当世風に、横文字がいけるかといいますと、殆どできず、会話をさせれば、アメリカの幼稚園児にも劣る。それなら、日本古典、漢籍、洋書を読むに費やされる時間が助かるから、現代文が巧いか習熟しているかーこれが全く悪文の極みでありまして、要は今の文学家は、学問もなければ文章もへたくそという、どうにもならぬ人達が大半で、文明は...
  • カナダはいいぞ〜。トロントはもっといいぞ〜。Toronto50さんのプロフィール

日本古典を含むブログ村メンバー

  •  
やなぎしきぶさん
霧夜ノラさん
千代紙庵さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

日本古典について