日本古典

日本古典についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [日本古典] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

日本古典を含むブログ記事

美姫さん
  • 日本語は、極めて効率の悪い劣った言語である。
  • 。同じ内容を伝えるのに、日本語は中国語の3倍もの文字数が必要となる。中国語なら1冊で済む内容が、日本語なら3冊必要になる訳です。日本語は極めて効率の悪い、劣った言語と言える。実は、中国古典を前にすれば日本古典などゴミ屑にも等しい事は、日本政府自身が公式に認めている。なぜなら、「平成」という元号がそもそも、史記から名付けているからです。日本の古典には、「元号に使えるような価値のある文言が無い」と日本政府自身...
  • 在日コリアンの私が、ネトウヨを論破!美姫さんのプロフィール
ようじさん
  • 草壁サツキは大巻草子。一昔前のトトロの広東語訳はひどかった
  • 猫」。その他の人物キャラクターは、なぜか日本人の名前を、しかも全然違う名前をつけられています。上に書いた勘太の例も、そのひとつ。草壁サツキ >> 大巻草子草壁メイ >> 大巻次子なぜ草子?「草子」は、日本古典の「枕草子」や「御伽草子」にもあるように、「紙」という意味です。旧名が草壁だから?それとも、5月の春のイメージから?なぜ次子?安直に、次女、という意味もあるのでしょうが、「次子」を広東語読みすると、「...
  • 香港で主夫をやっているものですようじさんのプロフィール
井之亀さん
  • 傾国の美女 3:かぐや姫のモデル 〜竹取物語の謎をうら読みで解く#224
  • 願いします にほんブログ村☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆  次回☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆趙飛燕と竹取物語。参考文献:  片桐洋一、他(校注・訳)  『竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 日本古典文学全集8』小学館、1972年。 野口元大(校訂)『竹取物語 新潮日本古典集成 第26回』新潮社、1979年。 大野晋、他(編)『岩波古語辞典』岩波書店、1974年。 戸川芳郎(監修)佐藤進・濱口富士...
  • 竹取物語の謎を「うら」読みで解く井之亀さんのプロフィール
北 帰航さん
  • 231.巻三・296・297:田口益人大夫、上野の国司に任(ま)けらゆる時に、駿河の清美の崎に至りて作る歌二首
  • 浦 大君の 命畏(みことかしこ)み 夜見つるかも」上野の国への赴任を、限られた日程(延喜式によれば十四日)内にこなそうとして、景勝の地田子の浦を昼間見て通れない感慨を詠んだもの。引用した本は、上の新潮日本古典集成です。11月13日、14日と札幌へ。長野氏の本を読み終え、これで氏の本は三冊目です。もう時期に、下の本を読み終えます。万葉集の歌が多く出てきます。忘れていた柴犬のカレンダーを小樽駅前の紀伊國屋書店...
  • 万葉集の日記北 帰航さんのプロフィール
井之亀さん
  • 傾国の美女 褒姒 11:桃太郎の原型 〜竹取物語の謎をうら読みで解く#224
  • にほんブログ村   ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆  次回  ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* ☆ さて、かぐや姫に戻ると…参考文献: 片桐洋一、他(校注・訳) 『竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語 日本古典文学全集8』小学館、1972年。 野口元大(校訂)『竹取物語 新潮日本古典集成 第26回』新潮社、1979年。 大野晋、他(編)『岩波古語辞典』岩波書店、1974年。 戸川芳郎(監修)佐藤進・濱口富士...
  • 竹取物語の謎を「うら」読みで解く井之亀さんのプロフィール
葦原葭彦さん
  • 雨月こぼれ話
  • 類は如何に神々として滅びるか『自己が無視されることを無視するという彼等の英雄主義』トップ>雨月こぼれ話2017-11-09雨月こぼれ話どうでもいいちゃどうでもいいがブログはメモだから。 新潮社の「新潮日本古典集成 雨月物語 癇癖談」の雨月物語のなかに、『青頭巾』という題名で、人肉をくう鬼(のように)なってしまった僧侶の話が収録されている。 本文自体が問題ではなくて、上段にある注釈の末尾に、昔のTV番組につ...
  • 人類は如何に神々として滅びるか(仮)葦原葭彦さんのプロフィール
yukemuriのブログさん
  • 江戸を見れば73  芭蕉32歳 宗房より桃青と改める
  • 句(ほっく)のことで、単独の発句(=俳句)と区別するための呼び方。  この年に松倉嵐蘭(らんらん)29歳と服部嵐雪(25歳)が芭蕉(桃青)に入門する。芭蕉が俳諧師として頭角を現してきた証であろう。  日本古典文学...
  • yukemuriのブログyukemuriのブログさんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 枕草子 上
  • 枕草子 上清少納言 萩谷 朴新潮日本古典集成予約数: 0予想待ち時間: 1週程度図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】四季のころおい、宮仕え論、説教聴聞、初秋後朝の情…。自然や人間に対する清少納言の鋭い観察眼が冴...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 枕草子 下
  • 枕草子 下清少納言 萩谷 朴新潮日本古典集成予約数: 0予想待ち時間: 1週程度図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】見た目の清らかさ、昔日の俤、女のひとり住み…。中宮定子を賛仰する清少納言が自在に紡ぐ「雅」の世...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール

日本古典を含むブログ村メンバー

  •  
やなぎしきぶさん
霧夜ノラさん
千代紙庵さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

日本古典について